« ハスラー参上! | トップページ | 笑ってネコとも! »

2008年12月22日 (月)

『ガリナオ』 ♯8~姿無る(きえる)~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は妄想連続ドラマ「ガリナオ」の第eight話をお送りいたと思いますscissors皆さんどうぞしばしのお付き合いを宜しくお願いしますhappy01

『ガリナオ』 第eight話 「姿無る」(きえる)

<CAST>

湯川遊:猫男爵

松岡さつき:常盤貴子

藤本翼:小栗旬

大林光司:竹野内豊

二宮哲哉:佐藤浩市

『ガリナオ』#8〜姿無る〜

城北署の捜査一課のデスクには松岡さつきが座っていた。上司である捜査一課長の大林光司から、25年前の父の死に関する新事実を聞かされたさつきは、デスクに座りながら考え込んでいた。

松岡:二宮哲哉の時効がまだ成立していないということは、父の無念を晴らすこともできるということ・・・でもあの時の幼児が遊だなんて・・・どうして今まで気がつかなかったのかしら。

そこへ大林がやってきた。

大林:松岡、ちょっといいか?

松岡:は、はい。

大林:お前に事実を話した以上は、お前にも協力してもらわなければならない。実は、数日前に都内で二宮の目撃情報が入ってきた。確かな情報かどうかは定かではないが、数少ない情報だけに見逃すわけにもいかない。今、若い刑事たちでその情報を追っている。お前さえ良ければ、応援してやってくれないか・・・

松岡:二宮が都内に・・・わかりました!私はこの25年間、ずっと父の無念さを胸に秘めて生きてきました。そしてどこかで、この事件は時効になったのだからどうする事もできないというもどかしさもありました。でもまだ二宮を私の手で逮捕するチャンスがあるんですから、私はどんな事でもします!行かせてください!

大林:そうか、わかった頼むぞ。ただひとつだけ俺の言う事を聞いてくれ!絶対に無茶はするな!いいか、一人で解決しようなんていうバカな考えだけはするな。残念だが、この国では「復讐」という行為は認められていないからな、わかったか。

松岡:はい、わかってます。じゃ、行ってきます!

そう言うと、さつきは一目散に現場へと向かっていった。

その頃、聖愛大学の研究室では准教授の湯川遊と助手の藤本翼がいた。

藤本:あっ!雪snowが降ってきましたよ遊さん!もう少しでクリスマスxmasですし、これはいい感じでムード出ますね!今日は合コンでも行きますか!

湯川:・・・う、ううん。

藤本:あれ、どうしたんっすか遊さん?今日は元気ないですね。

湯川:いや、そんなことはないさ。外は雪か・・・これは今日は少し積もりそうだな。

藤本:あっ、そうだ!せっかくだから何かクリスマスの音楽聞きましょうよ!今、かけますね。

そう言うと翼が音楽を流した。

湯川:さつきが言っていた25年前の事件って何なんだ・・・

その時、遊の耳に聞こえてきたクリスマスソングnoteが微かに遊の記憶を蘇らせた。

湯川:そうか!25年前のクリスマス・・・あの時、僕は誘拐事件に巻き込まれて・・・ということは、僕を助けてくれたあの刑事が!

藤本:遊さん、どうしたんですか急に大きな声出して?

湯川:悪い、翼くん!ちょっと急用を思い出した!今日はもう閉めて帰っていいから。

そう言い残すと遊は走って研究室をあとにした。

その頃、さつきは二宮の消息を追っていた。

松岡:ねえ、昨日の深夜1時にあそこのバーにいたっていう情報は確かなのね?

刑事:はい、写真を見せて確認もしましたし、間違いありません。

松岡:で、その後の足取りは?

刑事:それは掴めていないんですが、バーのマスターによると店に出入りするようになったのはここ1~2週間の事で、いつも何も喋らずただ店のカウンターで一人で飲んでいるそうです。

松岡:他に何か情報は無いの?どんな小さな事でもいいわ、何かあったらすぐに私に教えて!

刑事:はい、わかりました。もう一度、この周辺の聞き込みに行ってきます。

松岡:頼むわよ。

その時、さつきの携帯が鳴った。

松岡:はい、もしもし。あっ、その声は遊ね!この前はごめんなさい。変な事を言って・・・

湯川:いや、いいんだ。それより実は君のお父さんの事で、君に話したいことがあ・・・

松岡:うん?あれはもしかして!

その時、電話しているさつきの目に入ったのは交差点の向こう側を歩く二宮らしき男の姿だったsign03

松岡:あっ、ゴメン!後でまた話しはするから、城北署で待ってて。それじゃ!

湯川:ちょ、ちょっと待てさつき!おい!・・・

電話は切られていた。

『ガリナオ』#8〜姿無る〜

その電話の切れた向こう側で今、何が起きているのかも遊には想像をもつかなかったが、なぜだかさつきの悲しそうな表情が遊の脳裏をかすめ、何とも言えない嫌な予感だけが遊の心を通り抜けていった。

さつきは小走りに二宮らしき男の後を尾行した。

松岡:きっと、あれは二宮よ!間違いないわ!

そして数分間、二宮を尾行したさつきは曲がり角を曲がったところでその姿を見失った。そして少し細い路地に迷い込んだ、その次の瞬間sign03

ドンッsign03

さつきは背後から何者shadowかに殴られその場に倒れ込んで気を失った。

遊はさつきの言った通り、城北署で待っていた。そこには大林の姿があり、遊は大林から全てを聞いた。

湯川:なるほど、そういう事だったんですか・・・だから、あなたはさつきに『僕に近づくな!』と、言ったんですね。僕はてっきりあなたが僕の事を煙たがっていたのかと思いました。でも、僕とさつきが25年前のあの事件でつながっていたなんて・・・

大林:今、あいつは必死にこの25年間の溝を埋めようとしている。あいつの心の傷を癒す事ができるのはきっとあいつ自身なのかもしれない・・・

湯川:僕はきっと自分の中であの25年前の事件の事を封印してたんでしょう・・・大人になってからあの日の事を一度も思い出す事などなかったんです。それがさっき、あの日と同じのように流れていたクリスマスソングを耳にして、その封印が解かれたみたいです。記憶が蘇りました。

大林:何か犯人、いや二宮哲哉の事で思い出した事は?

湯川:当時9歳だった僕にあの人はとても優しかった・・・犯人というよりは優しい人というイメージしかないんです。だから恐怖感も湧いてこないし、ましてや刑事を撃ったというイメージも残っていないんです・・・

大林:そうか・・・

湯川:ただ、彼が言った一言だけはよく憶えています。『今度は俺が間違えたな・・・』と彼は言ってました。

大林:「今度は俺が間違えた?」どういう意味だ・・・

そこへ刑事の一人が走ってやってきた。

刑事:課長!松岡さんが姿を消しました・・・さっきまで一緒に捜査していたんですが、気がつくとどこにもいないし、連絡も取れないんです・・・

大林:何っ!

湯川:さつき・・・

遊はすぐに城北署を出て走った!さつきの無事を祈りながらも、どうしても拭いきれない嫌な予感・・・それは二宮哲哉の存在でもあった。気がつくとどこかもわからない場所を必死で走っていた。今までさつきと行った場所を転々と走りまわったが、どこにもさつきの姿はない・・・

そんな遊の姿を見つけたは翼だった。

藤本:遊さん!どうしたんですか?

湯川:翼くん・・・さつきがいなくなった・・・もしかしたら事件に巻き込まれている可能性もある。

藤本:えっ、さつきさんが・・・

湯川:翼くん、一緒に探してくれ、お願いだ!

藤本:もちろんですよ!行きましょう遊さん!

遊は切れ掛かっている息を整え、再び翼とともにさつきの姿を探しに走りだした。

どれだけの時間走りまわっただろう・・・二人の息は荒くなり、走る余力も残ってなかった。

藤本:さつきさん、大丈夫かな・・・

湯川:大丈夫だ、さつきなら絶対に大丈夫だ!

藤本:そうですよね・・・

湯川:うん?これは?

その時、降り積もった雪の中で遊の足下に見えたのは携帯ストラップだった。

湯川:このストラップは、さつきの・・・

藤本:間違いないです!これはさつきさんの携帯ストラップですよ!いつも自慢して見せてくれてましたよね。

湯川:さつきはこの近くにいるぞ、きっと・・・

そして遊は目の前に見えた少し古ぼけた建物houseに目をやった。

湯川:ここだ!

『ガリナオ』#8〜姿無る〜

藤本:遊さん・・・

湯川:翼くん、この足跡が見えるか?

藤本:はい、はっきりと見えます。

湯川:翼くん、今日雪が降り止んだの何時だ?

藤本:確か、午後2時頃です。

湯川:さつきが姿を消したのは午後3時過ぎ、そしてこの足跡の上には雪が降り積もっていないから、午後2時以降の足跡だ。

『ガリナオ』#8〜姿無る〜

そう言うと遊は雪の上に計算式を書き始めたpencil

『ガリナオ』#8〜姿無る〜

湯川:なるほど、実におもしろい!そういう事か。

藤本:遊さん・・・

湯川:翼くん、この中にさつきは間違いなくいる。ここを出た足跡がないことから、おそらく犯人もまだ中にいるはずだ。ただ、それだけではない。この足跡には実に興味深いメッセージが込められている・・・そしてこの中には25年前の真実が隠されているsign03

藤本:25年前?何のことだ?

湯川:さつき、今助けてやるからな!待ってろよ!

そう言うと、遊は犯人がいる家の扉の前に立って、その扉に手をかけようとしたdoor

さあ、いかがでしたか「ガリナオ」の第eight話は?さつきが姿を消し、そのさつきを必死で追った遊は25年前の真相の手がかりをつかんだのか・・・そしてさつきの命は無事なのか?いよいよ次回は最終話を90分拡大版でお送りします!どうぞ乞うご期待!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:12月22日>birthday 村上弘明(52歳)、江原啓之(44歳)、高知東生(44歳)、中野英雄(44歳)、国生さゆり(42歳)、安めぐみ(27歳)

|

« ハスラー参上! | トップページ | 笑ってネコとも! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/26354811

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガリナオ』 ♯8~姿無る(きえる)~:

« ハスラー参上! | トップページ | 笑ってネコとも! »