« 雪の華が心を彩る。 | トップページ | 晴れのち大雨・・・ »

2008年11月21日 (金)

フィンランドの乗り物事情。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

皆さんは海外旅行airplaneにはよく行きますか?僕は海外旅行に行きたい気持ちはもの凄くあるのですが、人生で海外に行ったのはたったの1度きりですcoldsweats01。時間clockとお金dollarさえあれば、年に数回は海外に旅行してみたいと常には思っていますhappy02

海外旅行に行って大変なのは言葉の壁だと思いますが、それに関連して移動手段というのも重要なポイントですよねflair。電車trainやバスbusなどは路線図を把握しないといけないでしょうし、切符ticketを購入するにもいくら払えばいいのかshock・・・と頭を悩ませることもきっとあるのではないでしょうか?

そんな海外の交通機関に関する気になる記事を先日、目eyeにしたので今日はその話題についてお話しようと思いますpaper

北欧の国「フィンランド」では、この交通機関の乗り方が非常にアバウトなんだそうですsign03どのくらいアバウトかと申しますと、地下鉄subwayには改札がないそうですsign02改札がないということはどうやって乗るの?っていうことになりますよね(笑)

でも、本当に改札は無いんですってcoldsweats01。切符売り場や券売機はあるので、当然みんなそこで切符ticketを購入するのですが、駅員さんが切符をチェックするわけでもなく、みんなそのままホームに入れるというわけですscissors。これは不思議な光景です・・・eye

それでは地上ではどうかと申しますと、地上では路面電車trainが走っています。この電車は主要スポットのほとんどを回るので、観光客が最も利用する乗り物だそうですpaper。では、その乗り方はどうなってるのでしょう?実はこの電車も地下鉄同様に実にアバウトなんですsign02前後に乗り降り口があるんですが、お客さんはどこからでも乗ってokなんです。もちろん運転士に切符を見せる必要もなしですgood

これはいったい・・・フィンランド人はどれだけ信用されているのでしょうsign03凄すぎますsign03これを日本でもしやったら無賃乗車する人で溢れ帰るでしょうねcoldsweats01

ではでは、フィンランドでは無賃乗車をする人がいないのか?というと当然、無賃乗車で捕まる人もいるそうです。罰金は80ユーロdollarで、一応切符をチェックする移動検札員という人がいるそうです。「移動」というくらいだから、いつどこで検札しているかは解らないみたいです(笑)それも実にアバウトですよねcoldsweats01

年間の無賃乗車率は2005年は全体の約6%だったのが、2007年には4%まで減少downしたそうです。何とも素晴らしい国ですねフィンランドっていう国はshineきっとこういう慣わしは人の良心だけで成り立っているんでしょうねconfident

「切符を検札するから切符を買う」、「バレないなら切符なんて買わなくてもいい。」そんな気持ちがこれっぽっちでもある人には、とうてい不可能な話ですよね。「自分の行きたい目的地に行くためには、当然お金を払って乗らせてもらう。それをチェックされるか、されないかなんて問題ではない。」それがフインランド人の生活スタイルなんでしょうねshine

いつの日か、日本もこんな素敵な国になればいいのですが、今の現状ではちょっと無理かな・・・sad

皆さんももしフィンランドに行った際には、そのフィンランド人の良心に従って素敵な観光をしてくださいねhappy01。僕もいつの日か、ぜひ行ってみたいと思いますgood

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:11月21日>birthday ヒクソン・グレイシー(49歳)、ビョーク(43歳)、古賀稔彦(41歳)、池脇千鶴(27歳)

|

« 雪の華が心を彩る。 | トップページ | 晴れのち大雨・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/25545825

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドの乗り物事情。:

« 雪の華が心を彩る。 | トップページ | 晴れのち大雨・・・ »