« 大好きなDJ。 | トップページ | フィンランドの乗り物事情。 »

2008年11月20日 (木)

雪の華が心を彩る。

雪の華が街を彩る。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日のブログで「全国的な寒波であちこちで初雪が観測されました」という話しをしましたら、僕の街でも今朝起きると一面真っ白な世界になってました。そんな天気予報ではなかったのに・・・

気温も低いために道路状況は最悪です。ツルツルのテカテカです。車による人身事故や物損事故もあちこちで起きたようですし、高速道路では多重玉突き事故も起きたようです本当に雪国の道路は常に危険と隣り合わせですよね。皆さんも車を運転する機会は多いとは思いますが、これからはいつも以上に慎重な運転に心がけてくださいね

さて僕は今日、仕事の会議で札幌に行ってきました(日帰り)。ニュースで札幌は大荒れだと聞いていたので、フル装備で行ったのですが、雪は降り止んでいましたし、思った以上にそんなに積雪もありませんでした。でも、都会のビル群の中に白い雪の華たちが見事に彩りを見せており、その雪の中を一歩ずつ慎重にふみしめて歩いているうちに、冬の到来を改めて実感しました

僕は19歳から22歳までの大学生活4年間をこの札幌という土地で過ごしたので、札幌の冬というものをよく知っています。札幌は僕が今住んでいる十勝地方とは違い、一度にドカっと雪が降るいわゆる“ドカ雪”というのは少ないんですが、雪が降る時はほぼ毎日といっていいほど降るところです。気温も暖かい分、十勝地方のように“しばれる”ということもそんなにありません。僕は冬はあまり好きではないんですが、札幌の冬だけは好きでした

イルミネーションで飾られた街並みに降る粉雪が、凄いロマンチックな雰囲気を装いますし、朝起きると外が真っ白になった中をいそいそと仕事や学校へと急ぐ群衆が絶妙のアクセントになってました

札幌の冬といえば「雪まつり」が有名ですが、「カップルで雪祭りに行きアーチをくぐると別れる(アーチだったか、ただ雪祭りに行っただけでもダメだったか、ちょっと自信がありません。間違ってたらゴメンなさい)という噂があったので、僕は4年間付き合っていた彼女とも1回も一緒に「雪祭り」には行かずに終わったという経験がありました・・・まあ、行かなくても結局は別れてしまったのですが(泣)人間って、そういう迷信とか噂とかに弱いっすからね。今思えば、行っとけば良かったな~って思ってます。

冬って、「雪」が良い演出をしてくれるのもありますが、何か寒いからか心も体も温かさを求めますよね。例えば、彼女が彼氏の上着のポッケに手を入れてきたり、滑って転びそうだから腕にしがみついてきたり。そういうのって、お互いにすごく心が温かくなります。僕はそんな冬が結構好きでした

終電に乗り遅れるからって、滑る道を手をつないで息を切らせて走ったり、冬が近づくと彼女の部屋の片隅で網掛けのマフラーを見つけたり・・・と、やっぱ冬ってロマンが溢れていますね。そう思うのは僕だけか?(笑) 夏が情熱的なのに対し、冬は感傷的になりやすい季節なのかもしれませんね

さて、今年の冬は“雪の華”たちがいったいどんな心を彩ってくれるのでしょう・・・

さあ!いよいよ今年も冬のスタートです!

皆さんにとって、この冬が素敵な冬になりますように。

今日はそんな気分の猫男爵です。これも「雪」の影響かな?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:11月20日> 猪瀬直樹(62歳)、YOSHIKI(43歳)、小池栄子(28歳)

|

« 大好きなDJ。 | トップページ | フィンランドの乗り物事情。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の華が心を彩る。:

« 大好きなDJ。 | トップページ | フィンランドの乗り物事情。 »