« 痛いくらいがちょうどいい! | トップページ | 絶対に応援しなければならない戦いがそこにはある! »

2008年10月15日 (水)

『ガリナオ』ドラマ化決定!

『ガリナオ』ドラマ化決定!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

さて、昨年好評でした連続ブログ小説『夜明けの流星たち』に続く、猫男爵原作の第two弾の小説『アフタースタイル』を今夏から連載を開始する予定でしたが、思いのほか出筆活動pencilが進まず、年内の連載が難しい状況ですcrying

そこで、その代わりといっては何ですが、先日このブログでもご紹介した妄想映画シリーズの『ガリナオ』shine大好評shine(自分の中で)につき、“ドラマ化”してこのブログ内で連載する事に決定しましたsign03(笑)

ただ、前もって言っておきますが、このドラマはあくまでもフィクションであり妄想ドラマです。決して『ガリレオ』と一緒だと考えないようにだけ注意してくださいcoldsweats01

近日中に第one話がスタートすると思うので期待して待っていてください。まあ、中身が『実におもしろい』かどうかは皆さんの感覚にお任せしますので、よろしくお願いしますhappy01

今日は『ガリナオ』の登場人物第1話の内容を少しだけご紹介することとしますpaper

<登場人物>

湯川遊(猫男爵):本編の主人公。聖愛大学で物理学准教授を務める。兄の学とは違い、「遊び」にしか興味がない。ただ、秘かに想いを寄せている女刑事・松岡(常盤貴子)の頼みだけは断れず、捜査に協力し難解な事件を解決していく。(34歳)

松岡さつき(常盤貴子):城北署に勤務する女刑事。ひょんなことから、母校である聖愛大学で遊と出会い、その後捜査の依頼をするようになる。恋愛には特に興味がなく、仕事一筋に生きる刑事の鏡。(35歳)

藤本翼(小栗旬):聖愛大学の大学院生。遊の研究を手伝う優秀な助手。遊の良き遊び仲間でもある。その甘いマスクで女子学生に声をかけては遊と飲みに繰り出している。(25歳)

城ノ内桜子(真矢ミキ):自他共に認める美人監察医。兄の学の時にも活躍した監察医だが、部署の異動に伴い今度は遊が彼女を頼りにすることになる。(38歳)

大林光司(竹野内豊):城北署の捜査課長。松岡の直属の上司でもある。冷静かつ沈着なその仕事ぶりで数々の事件を解決してきたが、その裏には謎めいた部分もある。何かと遊の存在をおもしろく思わない。(38歳)

湯川学(福山雅治):帝都大学で准教授を務める。遊の兄である。知る人ぞ知る「ガリレオ」とは彼のことである。本編では特別出演として、たまに登場する。(36歳)

以上が、本編の登場人物です。

<第1話のストーリー>

いつもと同じように遊は、大学で研究をしながら遊びにも明け暮れていた。そんなある日聖愛大学で、ある怪事件が起きる。事件解決のために捜査にきた刑事・さつきは、そこで遊の変わった推理に興味を持ち、捜査協力を求める。そして、事件の真相は思いもよらない展開に・・・

さあ、この続きは本編をお楽しみにsign03

今年も年末に向け、ブログ小説でお楽しみいただければ幸いかと思います。

どうぞ、『ガリナオ』を宜しくお願い致します!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:10月15日>birthday 山川豊(50歳)、キムラ緑子(47歳)、真木よう子(26歳)

|

« 痛いくらいがちょうどいい! | トップページ | 絶対に応援しなければならない戦いがそこにはある! »

コメント

猫男爵くん
あれ〜、今回のドラマでは、僕は降板ですか?thinksweat02

投稿: Hき | 2008年10月15日 (水) 23時28分

Hきさん
降板もなにも、もともとキャスティングされてませんよ。
これは僕の妄想の世界ですから。

投稿: 猫男爵 | 2008年10月16日 (木) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/24524862

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガリナオ』ドラマ化決定!:

« 痛いくらいがちょうどいい! | トップページ | 絶対に応援しなければならない戦いがそこにはある! »