« 国技の危機・・・ | トップページ | 陸上大会替玉事件! »

2008年9月15日 (月)

人生は上々だ!

人生は上々だ!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は以前から友人達と約束していた登山に挑んできた猫男爵ですhappy02

今回挑戦する山は北海道最高峰の山fuji、大雪山系「旭岳」ですsign03。標高は2291mの成層火山です。

快晴sunの中を午前7時に家を出発し、友人Fいさんの運転する車cardashで約2時間半の道のりをわき合い合いと過ごしましたhappy01。今回、一緒に登山に挑むのは、FいさんHこAっけ、そして僕猫男爵のメンバーです。

旭岳に到着するまでの車内の会話は、もっぱらAっけのお遍路談義です。とてもこのブログ内ではご紹介できないほどに、遍談(お遍路談義)に花が咲きtulip、笑いぱなっしの2時間半でしたhappy02

人生は上々だ!

ここでまずは今回我々が挑む「旭岳」を図で説明しましょうflair

旭岳を登頂するにはまずロープウェイに乗り、標高1600mの姿見駅まで行きます。そして、やや平坦な遊歩道を少し歩き1670m(5合目)の姿見の池へ行きます。そこからが本格的な登山の開始ですgood

人生は上々だ!

今回も登山に挑む前に僕らの前に現れたのはかなりの強敵でした。通称“油ウェイ”と呼ばれるロープウェイです。ただでさえ高所恐怖症の僕なのに途中で微妙な揺れを見せるこいつには少々手こずりましたcoldsweats01。まあ、赤岳の時の“油バス”に比べれば足下にも及びませんがcoldsweats01

それでも定員101人の乗客がすし詰め状態になれば、油と汗が融合したその空気は一種異様な感覚ですsad。Hこも少し、油にやられてました・・・

人生は上々だ!

ロープウェイを降りると遊歩道でまずは足慣らしを。ここでは登頂を目指す人とは別に、単純に遊歩道で観光を目当てにくる観光客もいて結構混み合っています。

この遊歩道では「旭岳」を下から眺めるいくつかの展望台の他に、「鏡池」と「すり鉢池」からなる「夫婦池」や、天気が良ければ逆さの旭岳が水面に映る「姿見の池」などがあり、楽しく時間を過ごすことができます。登頂を目指さなくても、ここで観光するのもいいかもしれませんpaper

人生は上々だ!

遊歩道を終え、午前10時過ぎに登山道へ入り、ここからが本当の登山の始まりですsign03。写真cameraの山脈の右側の山になっている部分が山頂ですfuji

この山の特徴は砂礫が多く、非常に歩きにくいところにあります。足場が悪いので気をつけないとすぐに足を取られます。また成層火山なので、ところどころで噴気孔があり、白い煙をモクモクdashとあげ、硫黄の匂いがするのも特徴ですconfident

ここから見る山頂にも雲ひとつなく、まさに絶好の登山日和ですsun

人生は上々だ!

前を歩くのがMVD登山部部長のFいさんです。登山経験は豊富で、自慢のカメラcameraを片手に今日も様々な景観を何枚も写真におさめていました。

Fいさんの後方を歩いているのがHこです。彼も登山経験が豊富で、そのたぐい稀な運動神経で数々の山fujiを制覇してきました。

まさに山を登る姿が絵になる二人ですshine。二人が歩いているのは、ちょうど7合目~8合目付近です。この辺になると徐々に傾斜もきつくなり、足場もさらに悪くなってきます。ここからはもう気力の勝負ですsign03

人生は上々だ!

こちらは紅一点参加のAっけです。紅一点といっても、Aっけも山を知る女です。登山経験も豊富で、昨年はその経験を活かし高原温泉で住み込みで働いていました。(正確には前述の2人の陰謀だけどcoldsweats01)今回の登山も険しい道のりにも負けず元気な足取りで登っています。全ては、四国(死国?)への道につながっていますhappy01頑張れAっけsign03

8合目、そして9合目になると更に道は険しくなり、それが逆にまもなく頂上だということを示してくれました。その中でも、今回多く目eyeにしたのが60代や70代の高齢な方の元気の良さです。いくら登山が好きとはいえ、その軽快な足取りにはただただ驚かされました。僕らもその歳になった時、同じように元気に山を登れるのでしょうか・・・

それともうひとつ、意外とラフなスタイルの人がいたこと。たぶん、「コンビニに煙草を買いに出かけたはずなんだけど何かの手違いでここまで来てしまった風」のハーフパンツとTシャツの若者や、バッグを片手に彼女が彼氏のベルトにつかまりながら登っているカップル。たぶんあの二人は、公園かどこかで彼女の作った手作りのお弁当を食べていちゃいちゃするはずだったと思うのですが、これも何かの手違いでここまで来てしまったようです・・・いかんせん不思議な光景でしたcoldsweats01

そんなこんなしているうちに、午後1時ついにようやく頂上が見えてきましたsign03

人生は上々だ!

ついに来ました!頂上です!

今、僕たちは北海道で一番高い所にいますsign03

眺めも最高!天気も最高!もう、何もいえねぇー!!

cloudが自分の目線とほぼ同じ位置にある光景に、向こう側には大雪山系の山なみfujiが見えます。いや~この瞬間があるから登山はやめられませんscissors本当に気持ちいいですsign03

こうやって考えると、人間の人生なんていつどんな事があるかわかりませんよねhappy01。仕事で嫌なことがあって腹が立つangry日もあれば、恋に悩み涙するweep日もある。暇で暇で一日中ゴロゴロして過ごすthink日もあれば、そうかと思えば北海道で一番高い山に立ち、充実感を味わうhappy02日もある。これだから人生は素晴らしいんですsign03人生は上々だsign03

人生は上々だ!

頂上で昼食をとり、記念に1枚パシャッcamera

今回もHこは頂上で持参したお湯でカップラーメンnoodleに挑戦しましたが今回も惨敗・・・ぬるめのお湯で麺固めです(泣)そのHこの後方では何とsign03小さい鍋を持参したおっちゃんがアツアツのラーメンnoodleを美味しくすすっているではありませんかsign03これには僕らも驚きを隠せませんでした。来年はHこが中華鍋持参で「炒飯」を作ってくれるそうなので今から楽しみですhappy01

頂上でも楽しいひとときを終え、僕らは下山をスタートさせました。実は本当の戦いはここからなんですgood山に登ったことのある方なら解ると思いますが、本当に辛いのは登りよりも下りなんです。それに加え、この山は砂礫により足場が非常に悪い・・・足を滑らせての転倒はもちろんのこと、一歩踏み外し谷に滑落などという最悪の事態も考えられます。それだけに慎重さが必要とされますsign03

しかし、ここは普段から男爵ボールで膝を鍛えている僕らです。これしきの事では全くこえたえませんdelicious膝がアレになることもなく、無事に4人ともケガなく下山に成功しましたscissors

人生は上々だ!

午後4時、夕陽を正面に受けた僕ら4人は北海道最高峰の山「旭岳」を背にロープウェイへと向かい、そして無事に麓の旭岳温泉に到着しましたconfident。実に素晴らしい登山でしたsign03

充実感で満ち溢れた気分のまま、僕らはその疲れた体を癒しに天人峡温泉spaへと移動しました。ここで、僕が今回もうひとつの楽しみにしていた「日本一気の利いた温泉」に行くわけなんですが、それはまた別のお話でhappy01

今回、こんなに素晴らしい体験ができたのも、Fいさん、Hこ、Aっけという素晴らしい仲間のおかげです。本当に今日一日お疲れ様でした!そして本当にありがとう!また、一緒に登山に行きましょう!

今日はいつもにましてぐっすりと眠れそうですhappy01。おやすみなさいsleepy

P.S.楽しいことがいっぱいありすぎて、書き切れないことがあったかもしれないので、そのへんはコメントで付け加えておいてくださいねhappy02

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:9月15日>birthday 竹下景子(55歳)、彦摩呂(42歳)、藤谷美紀(35歳)、アンジェラ・アキ(31歳)

|

« 国技の危機・・・ | トップページ | 陸上大会替玉事件! »

コメント

昨日はお疲れ様でした。
道中はすっかり”遍談”でしたね(笑)
登山は体的には僕もそんなにキツさは感じませんでしたね。ゆえに様々な登山者がいましたね、子供もけっこういたし、イヤホンで落語(推定)を聞きながら待ち合わせ風の人もいましたね。

これから、MVDカルタのネタを考えますscissors

投稿: Hこ | 2008年9月16日 (火) 13時12分

Hこさん
昨日はお疲れ様でした。
本当に色々な登山者に遭遇できた一日でしたね。待ち合わせ風の赤シャツの男性も謎の存在でしたね。
やたらと時計を気にしてましたが、待ち合わせに間に合ったんでしょうかね?もしくは自己記録更新を狙っていたので時計を気にしていたのかも(笑)
道中の“遍談”がある意味では一番楽しかったかもしれませんねhappy01

P.S. MVDカルタ絶対に完成させましょうね!

投稿: 猫男爵 | 2008年9月16日 (火) 18時36分

昨日はお疲れ様。
みんなのおかげで遠くまで楽しく旅することができたよ。
有名観光地の山は色んなひとが登ってて賑やかだったね。
その分気になる人物も沢山だったし。
なぞのウ○チも気になったけど Σ(゚□゚(゚□゚*)
来年は地元・十勝の山をぜひ登りに行こう。
もはや楽しみだ。


投稿: fotofoto | 2008年9月16日 (火) 19時30分

fotofotoさん
昨日はお疲れ様でした。
本当に楽しい登山でしたね。まさか自分が北海道最高峰の山頂に立つなんて、思ってもいませんでした。
本当にfotofotoさん、Hこ、Aっけに感謝です。
また一緒におともさせてください!どんな山でもついていきますよhappy01

投稿: 猫男爵 | 2008年9月16日 (火) 20時58分

昨日はお疲れ様でした。やっぱり山はいいですね。みなさんとの登山がなかったら、"お遍らー"になろうなんて思わなかったと思うので、FいさんとHこ、猫男爵さんには感謝です。また来年も登山を楽しみましょうね。

投稿: Aっけ | 2008年9月16日 (火) 22時44分

Aっけさん
昨日は本当にお疲れ様でした。
登りも大変だったけど、下りも結構滑って怖かったよね。でもAっけは本当によく頑張ってたね、お疲れさん。
登山はやっぱり楽しいね!来年のAっけはお遍路帰りで、さらにパワーアップ(見えない方々を含めたいろんな意味で)しているから、なおさら登山が楽しみだね!
まずは着々とお遍らーへの準備を進めてくだい。印税生活も楽しみだね(笑)

投稿: 猫男爵 | 2008年9月17日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/23768229

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は上々だ!:

« 国技の危機・・・ | トップページ | 陸上大会替玉事件! »