« バスに揺られて・・・ | トップページ | 秋冬ドラマセレクション! »

2008年9月29日 (月)

二輪の帝王!

二輪の帝王!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

皆さんはバイクのレースには興味はありますか?僕は自分でバイクは運転はできませんが、レースにはとても関心がありますmotorsports。以前にも、昨年残念ながら亡くなった「ノリック」こと故阿部典史選手の特集をこのブログで組んだのでお解かりだと思いますがconfident

その僕が「ノリック」同様に昔から大好きなレーサーが上の写真の人物、バレンティーノ・ロッシですsign03彼は本当にバイクレースをするために生まれてきたような男で、その実力と人気は世界中のファンが虜になるほどですhappy02

僕が彼を初めて見たのは、彼がロードレースに参戦して2年目の時です。当時はまだ彼も若く、125ccというクラスに出場してました。しかし、当時からその実力とパフォーマンスはスバ抜けたものがあり、デビュー2年目であっという間にチャンピオンcrownにまで登りつめていきましたbell。それは、彼がまだ18歳の事ですconfident

その後も彼は、250ccにステップアップし見事にそこでもチャンピオンに輝きshine、さらに一つ上のクラス500ccに転向してもその勢いはとどまることを知らず、2001年から2005年まで5年連続でワールドチャンピオンに輝きましたsign03もはや彼に敵はいませんでした。この頃になると、彼の名はすっかり有名になってしまい、若い頃から応援していた僕は彼が何か遠い存在になってしまったような気持ちに浸ったことを憶えていますbearing

二輪の帝王!

彼のライディングスタイルの特徴は、何と言っても長い手足を生かした積極的な体重移動によるマシーンコントロールですgood。転倒を決して恐れないその勇敢な攻めのドライビングには僕もいつも感動を憶えていますhappy02

そして彼のレーススタイルは「逃げ」よりも圧倒的に「追い込み」型です。確実に1台ずつを抜き去り、気がつけばトップに立っているというのが彼のスタイルですshine

そしてイタリア人の彼は非常に性格が陽気で明るいんですhappy02。インタビューなどでもジョークを交えながら答え、ファンサービス精神も旺盛でイベントなどでも常に観衆を楽しませています。

そしてプロとしての姿勢もピカイチshine、マシーントラブルなどによりリタイアした時であっても、決してスタッフを責めたりはしないのです。その上にマシーンテストなどは積極的にこなし開発などの尽力にも手を抜かないのが彼の性格ですsign03そして自分が良い成績を残した時は、チームとスタッフに必ず誠意を述べます。このへんがロッシが“真のプロフェッショナル”と言われるゆえんなのかもしれませんpaper

二輪の帝王!

そのロッシが昨日、栃木県のツインリンクもてぎで行われた世界ロードレース選手権第15戦日本GPで、見事に優勝し5連勝を飾り、それと同時に今季のワールドチャンピオンの称号を獲得したのですcrown。これでMotoGPの通算勝利は何と70勝目です!凄い、やっぱりカッコ良過ぎるよ、ロッシ!!

上の写真は昨年の王者ストーナーとバトルを繰り広げるロッシ(後方)ですcamera

二輪の帝王!

優勝したロッシは喜びをウイリー走行で表現しファンを喜ばせていましたhappy01

実はロッシは数年前に、あのF1チームフェラーリのマシーンに乗り、サーキットを走行したことがありますmotorsports。当時、フェラーリにはミハエル・シューマッハというF1界の絶対王者が君臨していたのですが、そのシューマッハが本気で走った練習走行のタイムをロッシはあっさりと塗り替えてしまったというもの凄い伝説がありますsign03

僕はその時、ロッシのF1転向もおもしろいんじゃないのsign03と、本気で見てみたいと思いましたが、それはまだ現実とはなっていません。もしもチャンスがあるならぜひF1に挑戦してほしいものです。

もはや“二輪”の世界では彼の敵はいないのかもしれません。バイクレース界では「史上最強のライダー」と呼ばれる彼はまさに「二輪の帝王」ですshine

これからも僕は彼の活躍をいつも応援していこうと思います。皆さんももし機会があれば彼のレースを一度見てみてください。すぐに彼の虜になるはずですよdelicious

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:9月29日>birthday クロマティ(55歳)、ビビる大木(34歳)、榎本加奈子(28歳)

|

« バスに揺られて・・・ | トップページ | 秋冬ドラマセレクション! »

コメント

猫男爵くん
レーシングカートの帝王は、やはり我がRCPレーシングのファースト&セカンドドライバーで間違いありませんよね?
マシントラブルさえなければ、表彰台もいけると思います。監督として、どう思いますか?
P.S 来季に向けて、サードドライバー及びレースクイーンを募集中です!カートに興味のある方は是非、このブログを通じてご一報下さい。お待ちしております!また、レースクイーンについては、簡単な面接を行います。面接官は、監督、ファースト&セカンドドライバーの3名です。お気軽にお申し付け下さい。よろしくお願いします。

投稿: Hき | 2008年9月29日 (月) 23時13分

Hきさん
まずは、勝手に他人のブログを通じて募集をかけないように!ここは掲示板ではないですからね。
監督としては、ドライバー&レースクイーンよりも、まずはスポンサーを募ります。
でないと、資金不足でレース出場さえ本気で危なくなります。これからどんどんマシンは消耗していくので・・・
目先の事よりももっと先の事を見据えていますよ、僕は監督として。
ちゃんとRCPレーシングの未来の事は考えているから、Hきさん安心してくださいね。

投稿: 猫男爵 | 2008年9月29日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/24094216

この記事へのトラックバック一覧です: 二輪の帝王!:

« バスに揺られて・・・ | トップページ | 秋冬ドラマセレクション! »