« そこに山があるから⑦ | トップページ | インデアン嘘つかない。 »

2008年8月29日 (金)

超、狩られそう~(泣)

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

毎日、雨の日が続きますね・・・何か毎日雨ばかり降るとテンションもそんなにあがりませんよね・・・早くお日様に会いたいものです

僕は昨日久しぶりに帯広の街に飲みに行きました。しかも汽車で(笑)汽車に乗る事って、普段は車ばかり乗っている僕にとっては意外と新鮮で楽しいものなんですよ。しかし・・・そんな気持ちとは裏腹に僕を待ち受けていた未来は、結構衝撃的なものでした

高校時代から慣れ親しんだ汽車が定刻通りに到着し、僕は意気揚々と乗り込みました。しかし、その車両内に溢れる空気は異様な緊張感に包まれていました・・・

某高校の学生で溢れかえる列車内、今ドキの高校生風もいれば、ヤンキー風の高校生もいます。女子高生に至っては平気で地ベタにあぐらを組み座っている子もいます。その中を、30歳を超えた茶髪のオッサン(僕)が歩いていきます

一歩一歩進むたびに、飛んでくる“ガン”“メンチ”(表現が古いかな)、最初は『こいつら何ガメってんだよ、このガキが!』と思っていたのですが、その数が多すぎる・・・とても僕にはにらみ返す勇気もないし、にらみ返す意味もない・・・『ここは大人だ、黙っておとなしくしていよう』っていうか、そうするしかない・・・

その瞬間、僕の心に本気で「オヤジ狩り」の恐怖心が芽生えてきました・・・ヤバイ、これはヤバイぞ・・・超、狩られそう~!!

仕方なく僕は追いやられるように車両と車両の間のデッキで立っている事にしました。思い返せば僕も高校生の頃、汽車通をしていたのですが、さっきの高校生と同じように意味無く乗ってきたオッサンみたいな人に“にらみ”を利かしていました。僕も若かったんですね、その行為じたいに全く意味なんて無いんです。ただ意味無く“にらみ”を利かすんです。その事を僕は列車に揺られながら、ふと思い出していました

汽車に揺られること数十分・・・ようやく帯広に着きました。汽車を降り、改札口で待ち合わせしていた友達の姿を、そして高校生以外の大人の姿を見て、僕は凄く安心した気持ちになりました。恐るべし高校生そして「オヤジ狩り」は絶対にやめようね。まあ、実際には狩られてはいないんだけど、大人に“メンチ”きっちゃダメだよ高校生の男の子たち。気をつけようね

超、狩られそう〜(泣)

そんなこんなで、ようやく友達とお店に到着むし暑さのせいか、それとも変な汗をかいたせいか、喉が1秒でも早くルービーを要求していました

早速、乾杯~!! ルネッサ~ンス!!

いや~超うまい!!ルービー最高です!!

超、狩られそう〜(泣)

昨日行ったお店は「UひこYひこ」というお店です。以前にも来店した事はありますが、とてもオシャレな雰囲気のお店で、まさに“大人の隠れ家”です。メニューも少し大人向けで、僕は好きな部類に入るお店です。味も☆☆☆!!といった感じです

上の写真「イベリコ豚」です。これを目の前で焼いて食べるのですが、これが実に美味しい!!最高です!

超、狩られそう〜(泣)

焼いた感じはこんな感じです

超、狩られそう〜(泣)

これは何ていうメニューだったか忘れたけど凄く美味しかったです。パンに塗るあのクリームが超美味しい!!

他にも色々な美味しいメニューがありました。皆さんの中にも既に来店した方もいるとは思いますが、まだ行った事がなければぜひ一度足を運んでみてください

そんなこんなしているうちに、終電の時間が迫ってきました時間に追われるようにお店を後にして、帯広駅に向かいました

超、狩られそう〜(泣)

出発の数分前に汽車に乗り込み、ほろ酔い気分のまま帯広を後にしました

超、狩られそう〜(泣)

さすがに最終列車ともなると高校生の姿はなく、乗っているのは数名の大人たち。“狩られる”心配もなく、僕は安堵の気持ちで汽車の心地よい揺れに体をあずけて帰路へとつきました

猫男爵、34歳、もう「オヤジ狩り」の対象年齢なんですね。気をつけます

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:8月29日> スタン・ハンセン(59歳)、八代亜紀(58歳)、マイケル・ジャクソン(50歳)、YOU(44歳)、ペ・ヨンジュン(36歳)

|

« そこに山があるから⑦ | トップページ | インデアン嘘つかない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超、狩られそう~(泣):

« そこに山があるから⑦ | トップページ | インデアン嘘つかない。 »