« 宇宙人に連行された? | トップページ | じっちゃんの名にかけて! »

2008年8月13日 (水)

柔の道!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日も北京の地では日本人が頑張っていますsign03そして今日もやりましたsign03昨日の谷本歩実に続き、上野雅恵shine金メダルshine獲得ですsign03さすが柔道ニッポンです!

これで、今日までに柔道が獲得したメダル数は3個に、2個です。欲を言えばまだまだ物足りないところですが、よしとしますかconfident

連日、柔道の試合を観てeye思うのですが、審判のレベルが低すぎます!本当にこの人たちは「柔道」を知っているの?と思えるくらいの誤審の連続ですpout。国際大会、ましてや4年に1度の五輪という大舞台なんですから、選手に悔いを残さないためにも、審判の質はある程度高くしてくれないと困りますgawk

日本で生まれたスポーツなんですから、もっと日本が中心になって国際柔道連盟を運営していくべきなんですが、実態は外国にその権力を握られているようです。これでは「柔道」「JUDO」になってしまいますsad

別に日本以外の国を批判するつもりはないのですが、はっきり言って選手やコーチも含めて外国人は「柔道」の真髄をよく理解していないと思います。

「柔道」とはスポーツであるとともに心を磨く“武道”です。『礼に始まって礼に終わる』という言葉があるように、まずは礼儀を重んじるスポーツなんです。僕が観戦して一番強く思った事は、その礼儀をしっかりとしているのは日本人だけだという事です。

畳に上がる前、畳から降りる時、しっかりと深々と礼をしているのは日本人だけ。試合が終わりお互いの健闘をたたえ、握手する時も両手を添えて握手するのは日本人だけです。中には、判定に不服でなかなか礼をしない選手、勝って嬉しさのあまり畳の上でバック転をする選手。もうそこには「柔の道」もへったくれもあったものではありませんthink

どんなに判定に不服でも日本人は決して言い訳をしません。2000年のシドニー五輪の男子柔道の篠原選手は、明らかな誤審により金メダルを逃しました・・・でも、彼は『この結果は僕の力不足です。』とただ一言語っただけでした。まさに日本男児の鏡、そして「柔の道」を心得ていますshine

時代が流れていけば、ルールなどが改正していくのは仕方のない事です。ただ、「柔道」をする上では、その「柔の精神」だけは忘れてはいけないのですsign03それを日本人がもっと声を大にして訴えるべきだと思います。「柔道」は日本で生まれたスポーツなんですからgood

明日からもまだ戦いは続きます。いよいよ日本選手団の主将鈴木桂治が明日14日に登場しますscissors今大会は男子勢が序盤から敗退が続き、女子に支えられている柔道選手団ですが、ここは男の意地を見せて何としても金メダルを獲得してほしいものです。そして本当の「柔道」というものを世界に見せ付けてほしいですhappy02

明日は北島康介の200m平泳ぎ決勝もありますshineもう、テレビtvから目が離せませんsign03頑張れ!ニッポン!!僕らに感動と、そして光輝く金メダルを見せてくれ!!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:8月13日>birthday 林家パー子(60歳)、高橋ジョージ(50歳)、篠原涼子(35歳)

|

« 宇宙人に連行された? | トップページ | じっちゃんの名にかけて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/22964805

この記事へのトラックバック一覧です: 柔の道!:

« 宇宙人に連行された? | トップページ | じっちゃんの名にかけて! »