« ☆星に願いを☆ | トップページ | 雷鳴響く! »

2008年7月12日 (土)

紅茶の美味しい喫茶店♪

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です

今日は昨日とはうってかわって暑い夏の陽ざしが戻ってきましたね僕は仕事が休みなので、来週末に開催される更別24時間耐久レース観戦と、今月末のキャンプの準備を午前中してました

部屋でテレビをふと見ていると、美味しい「ケーキと紅茶」を提供する「喫茶店」の番組が放送されてました。甘いものに目のない僕は思わず『美味しそう~』とテレビに見入ってしまいました

皆さんのご近所には「喫茶店」というものはありますか?そして、皆さんは「喫茶店」にはよく行かれるほうですか?

僕は最近あまり行く機会がないのですが、お店にもよるとは思いますが「喫茶店」って凄く店内の雰囲気も落ち着くし、時間を気にせずゆっくりできるので僕は結構好きです

僕が子供の頃、叔母さんの家に行くと必ず連れていってくれた「喫茶店」がありました。今はもうその喫茶店はなくなってしまったのですが、そこで「ピザトースト」と「クリームソーダー」を頼むが僕の楽しみのひとつでした

そこは軽食もやっていたので、「スパゲティ」や「オムライス」なども食べた事もありましたし、何と言っても「ホットケーキ」やケーキ各種が凄く美味しかった記憶があります。もしかしたら、ここがスイーツ王子誕生の地だったのかもしれませんねよっ!スイーツ王子!

そしてまだ子供なのでコーヒーを飲めなかった僕が好きだったのは「紅茶」でした。目を閉じると今でもあの紅茶のほのかな香りが思い出されます

日本語の「喫茶」とは、もともと鎌倉時代に中国から伝わった「茶」を飲用する習慣や作法をさす言葉なのですが、現在では「茶」に限らずコーヒーなどの他の飲み物や、各種果汁、清涼飲料水などを含めて、これらを飲む事や飲みながら菓子を食べたり談笑する事を「お茶する」などと言い、「喫茶」の概念に含める事が多いと考えられています

確かに、飲むものが「コーヒー」であっても『お茶しに行こう』などと言いますよね。そして「喫茶店」は略して「茶店」(さてん)などと呼ばれる事もありますよね。ちょっと“昭和”チックかな(笑)

最近では生活スタイルが昔と変化した事もあり、都市部などではサラリーマンや学生が「喫茶店」で朝食を摂るという姿も珍しくはありません。また、若者や女性客向けに内装や食器、店の雰囲気などを重視したお店を「喫茶店」ではなく「カフェ」と呼ばれる事も多くなってきましたね

なにはともあれ、人々が時間を忘れて会話を楽しみ、そして楽しく飲食できるのが「喫茶店」の一番の長所だと僕は自分で思っています

何だか、子供の頃に行ったあの「喫茶店」が無性に懐かしくなってきました大人になってもあの雰囲気を味わえる「喫茶店」を今度探してみようと思います。皆さんのオススメの喫茶店があったらぜひ教えてくださいね。

今日はこれから、髪を切りに美容室へ行ってこようと思います。そしてその後は、汗を流しにサウナへ・・・ある意味、今の僕にはそこが「喫茶店」なのかも(笑) 軽食もあるし、スイーツもあるし、飲み物もあるし、雑誌もあるし。よく考えたら、至れり尽くせりですね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:7月12日> 中村玉緒(69歳)、片平なぎさ(49歳)、渡辺美里(42歳)、イ・ビョンホン(38歳)、小林麻耶(29歳)

|

« ☆星に願いを☆ | トップページ | 雷鳴響く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶の美味しい喫茶店♪:

« ☆星に願いを☆ | トップページ | 雷鳴響く! »