« キャンプの達人 ~其の1~ | トップページ | 一文字の王子様・・・ »

2008年7月29日 (火)

キャンプの達人 ~其の2~

キャンプの達人〜其の2〜

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

キャンプ2日目の朝、僕が目覚めたのは早朝6時過ぎ。天気は快晴最高の気分です

今日は何と言っても今回のキャンプのメインである「うに丼」が待っているので、心もウキウキ気分です。「うに丼」のために朝食も抜き、午前8時30分頃から片付け作業に入りました

キャンプの達人〜其の2〜

キャンプの達人たちによる「BOФWY」のジャケット撮影です(笑) かなりキマってます

午前9時に楽しかったキャンプ場を後にし、近隣の岩内温泉に汗を流しに行きました。塩分の入った泉質で温度もちょうどよく、凄く気持ち良かったです温泉はやっぱり最高ですただ、たぶん地元の人だと思うのですが、背中に桜吹雪のある方がいたり、湿布を付けたまま湯船に浸かったおじいちゃんがいたのが、少し残念でした。それはちょっと勘弁です

温泉を出た僕らはいよいよ「うに丼」を目掛けて出発しました約1時間30分の道のりを経て到着したのは

キャンプの達人〜其の2〜

古平町にある「新家寿司」というところです。このお店は凄く有名なお店で、前から僕は行きたいと思っていたお店です。ここの一番の売りは何と言っても「うに丼」ですそれを食べに道内各地から、さらには道外からも多くの客が訪れるというですから期待に胸が膨らみます

キャンプの達人〜其の2〜

そしてこれがその「うに丼」ですどうですかこの豪快な「うに」の盛り付けと、新鮮な「うに」の輝きまさに、宝石箱です早速、ひと口頬張ると!もう笑うしかありません美味しすぎて思わず笑いがこぼれてしまいます今まで生きてきて、こんなに美味しいものを食べたことはありません!地球に生まれて良かったぁー!!

この「うに丼」値段は4200円。少し高いとお思いでしょうが、それだけの価値は十分ありますここに来たら、絶対これは食べるべきです

座った席がカウンターだったのも超ラッキーでした。職人の方も気さくで話しやすい方で良かったです。「うに丼」の他にも、「握り」や「刺身」を注文して美味しくいただきました。昼食だけで、1人当たり6000円前後かかりましたが、まさに至福の時間でした。最高に幸せでした

キャンプの達人〜其の2〜

幸せ気分で店を出た僕らは、古平町を後にして余市町へ向かいました。そして、2日間僕らを楽しませてくれた日本海にも別れを告げました。途中の浜辺では、気持ちよさそうに大勢の人が海水浴を楽しんでいました

小樽から道央自動車道に乗り、僕らは一路帯広に向かいバスを走り出しました。帰りの車内では流石に昨日の疲れが出て、僕は思わず睡魔に襲われました

キャンプの達人〜其の2〜

途中、輪厚PAに寄り休憩することにしました。ここで、すぐに食べたのが「濃厚ソフトクリーム」です!絶品でしたよっ!スイーツ王子!

キャンプの達人〜其の2〜

そして次に僕の目に飛び込んできたのが、名物「ジャンボドック」なるものですよく看板を見てもみると、井上京子という女子プロレスラーが挑戦している写真が載っていました。ここで、この「小腹王」こと猫男爵の胃に火がつきました

『食える!俺なら、食えるはずだ!』その結果、購入・・・

キャンプの達人〜其の2〜

そして後悔・・・ 何と、その全長は40cmホットドックが40cmですよありえない・・・当然、一人では食べれるはずはないのでみんなで手分けして食べることに。

キャンプの達人〜其の2〜

味は美味しいんですは、量が・・・でもそこは小腹王!少し時間を置けばすぐにお腹が空き、一人で20cm分を胃袋に収めました打倒、ギャル曽根なんつって

これだけ食べればお腹を満たされるはずなんですが、しばらくするとまたお腹が空いたので、先ほどの「新家寿司」でお土産用に買った「鉄火巻き」をペロリといただいちゃいました

「キャンプ」の醍醐味は、自然とのふれあいもそうですが、その地方の名物や特産物を味わうということも醍醐味のひとつですですから、今回の「食」というテーマにはぴったりなんです。これも「キャンプの達人」ならではの、キャンプの楽しみ方のひとつですただ、小さい子は絶対にマネをしないように、お腹が痛い痛いになっちゃうので(笑)僕は小腹王だからできるんですよ(笑)

キャンプの達人〜其の2〜

そうこうしているうちに、午後6時30分を過ぎた頃、帯広に無事に到着しました。

今回は始めて場所を日本海に移してキャンプに行ってきましたが、実に楽しく有意義な2日間でした「キャンプ」って本当に良いものです。また来年もこんな幸せな時間を過ごせたらと思います

この2日間、天候に恵まれて、そして楽しい仲間達に恵まれて、最高のキャンプを送ることができました。またひとつ「キャンプの達人」は「キャンプの楽しさ」を味わっちゃいました

本当に地球に生まれて良かったぁー!!キャンプ最高!!

皆さんの中にも既にキャンプに行った方、これから行く予定のある方、それぞれいるとは思いますが、それぞれ楽しい充実したキャンプを過ごしてくださいね。青い空の下、気の合う仲間や家族とともに笑顔で過ごせる時間は、キャンプならではですからね

それではまたいつの日か、「キャンプの達人」が登場する日をお楽しみに

その日まで、夏を愛する者よGOOD LUCK!

<猫男爵、今日の名言> 『腹減った~』(小腹王ならでは)(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:7月29日> せんだみつお(61歳)、秋吉久美子(54歳)、高木美保(46歳)、脇坂寿一(36歳)

|

« キャンプの達人 ~其の1~ | トップページ | 一文字の王子様・・・ »

コメント

こんにちは。
「自家製の薪」って、どういうことですか?
キャンプの達人の域を超えてますよね(笑)感服します。
 26-27はうちもキャンプに行ってましたよ。エコパークですけど・・・
Wくのお友達家族と行ったんですけど、小4のお姉ちゃんに「アズキ」ってあだ名つけられました(謎)。
楽しかったですよ

投稿: Hこ | 2008年7月29日 (火) 13時02分

Hこさん
エコパークのキャンプも楽しそうですね
「アズキ」って(笑)本当に謎ですね子供の発想は宇宙並みに広いですからね。
「薪」は自分の家で伐採した木を、冬になる前に物置の中にある室の中に入れて、そこでひと冬越すんです。そして、春になると天日干ししては、また湿気のある室に入れる。それを数回繰り返す事によって、より引火性が増すんです。(これは以前、何かの雑誌で見て研究しました)
まだ、薪は余ってますのでHこ宅で焼肉やる時はぜひ呼んでください「銀座ジュエリー薪」を持参しますので

投稿: 猫男爵 | 2008年7月29日 (火) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンプの達人 ~其の2~:

« キャンプの達人 ~其の1~ | トップページ | 一文字の王子様・・・ »