« チームワークの結晶 ~後編~ | トップページ | オリンピック・レジェンド① »

2008年7月24日 (木)

謎多き「SOS」・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は暑かったですね~ いよいよ北海道にも真夏日が到来するようになりました。今日の帯広の最高気温は30℃です真夏到来といった感じでしょうか。そうかと思えば夜はもの凄い雨、何なんでしょうね最近の天気は・・・皆さんもこの天気に惑わされないように体調管理には十分気をつけてくださいね

さて、皆さんは「SOS遭難事件」という事件を憶えてますか?北海道の方であればきっと記憶の片隅のどこかに眠っているはずですほら、頑張って呼び起こしてみてください思い出してきましたか?

この事件は今から19年前の今日、1989年7月24日に北海道大雪山系で黒岳から旭岳に向かう途中に行方不明になった登山者を北海道警察のヘリコプターが探索していたところ、倒木を積み上げて造られた「SOS」という文字を発見したことから始まりました

行方不明になった登山者はその後無事に救助されたのですが、その「SOS」の文字については、全く知らないし無関係だという事が判明したのです。

そこで警察は別の遭難者がいるのではないかと判断し、翌日ヘリコプターで改めて捜索を開始しました。その結果、その付近から人骨の破片と、「SOS」と叫ぶ若い男の声が録音されたテープレコーダーなどが収容されたのです

僕は今でもこの時のニュースをよく憶えています。ヘリコプターから見えた「SOS」の文字の映像と、『エー、スー、オー、エー、スー!』と叫ぶ男性のテープレコーダーの声のニュースです。

捜査の結果、最終的には行方不明のリストや遺留品から、その人骨の正体は1984年頃に遭難した男性と特定されたのですが、一時は人骨は女性のものと判断されたため、「あの男性の声は誰なんだ?」という混乱も招いたのです。

ただ、この事件にはが多く残っているのも事実です。「SOS」の文字の一辺は5m以上もあり、大きな倒木を3本以上も積み重ねて造られている点からも、かなりの重労働であったものと推定されます。遭難者がそれだけの体力を温存しておきながら、なぜ他の脱出方法に努力をはらわなかったのか・・・という点。

テープレコーダーに「SOS」という助けの声をを残したところで、それをどうやって他人に発見させるのか・・・という点。

遭難したのが1984年で、発見されたのが1989年ということは5年もの間、発見されなかったのですから、それだけ見つかりにくい場所だということです。しかも、そこは登山ルートからはだいぶ外れた位置にあり、なぜそこに辿り着いたのか・・・など、幾つかの謎がこの遭難には残っています

「遭難」というものは時に人を思わぬ行動にかきたてる事もあるので、その謎の解明というものは非常に難しいと考えられますが、実に謎多き事件だったのではないでしょうか。

いずれにしても、山というものは常に危険と背中合わせだとう事ですね。“山をなめてはいけない”ということが、この事件の教訓なのかもしれません

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:7月24日> 久保田利伸(46歳)、河合奈保子(45歳)、よしもとばなな(44歳)、バリー・ボンズ(44歳)、植草克秀(少年隊)(42歳)、坂本昌行(V6)(37歳)、魁皇(36歳)、須藤理彩(32歳)、水川あさみ(25歳)、mihimaru GT・hiroko(24歳)

|

« チームワークの結晶 ~後編~ | トップページ | オリンピック・レジェンド① »

コメント

おはよう。
当時僕は北海道にはいなかったけど覚えてるよ。
謎多き事件だったね。
あのころはまさか自分がその地へ登山に行くように
なるとは夢にも思ってなかった。
山はなめてはいけないよね。
今後どんなに登山経験を積んでも「永遠の素人」を
意識しておこうと思う。
天候が悪いときの登山や無理な日程はご法度だね。

投稿: fotofoto | 2008年7月25日 (金) 05時52分

おはようございます。
覚えていますよ、「SOS事件」!
19年前ということは中学生くらいだったんですねぇ・・当時は登山なんて興味もなかったから、誰かの悪ふざけじゃないの?って思ってましたが、今自分が登山を楽しむ側になったら色んな側面であんないたずらはできませんね。
そして、ひょっとしたらいつも登ってる山に、今も発見されないでよこたわってる人がいるかもしれないと思うと、ちょっとこわいですね

投稿: Hこ | 2008年7月25日 (金) 09時42分

fotofotoさん
こんばんは。
そうですよね、小さい頃にみた映像の場所にまさか自分が登山をしに行くなんて想像もできませんよね。
人間、どんな未来が待ち受けているか解りませんね
fotofotoさんのような山に詳しい人がいるので僕も安心して山登りに挑めるのも事実です。
山の恐ろしさはfotofotoさんのほうがよく解っているとは思いますが、無理な登山はやめて「永遠の素人」でこれからもいってくださいね
秋の登山楽しみにしています!その時は「SOS」は無しで(笑)・・・

投稿: 猫男爵 | 2008年7月25日 (金) 20時17分

Hこさん
こんばんは。
もう19年も前の事件なんですよね。あのテープレコーダーの声はあまりにも鮮烈でしたね
Hこさんの言う通り、横たわっている人がいる可能性もありますよね・・・キョワイ・・・
逆にこれから登山に行く時は、ちょっといつもよりも辺りを気にするようになるかも(笑)
いずれにしても、山はなめちゃいけませんね。秋の登山楽しみにしてます

投稿: 猫男爵 | 2008年7月25日 (金) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎多き「SOS」・・・:

« チームワークの結晶 ~後編~ | トップページ | オリンピック・レジェンド① »