« 一文字の王子様・・・ | トップページ | 第2次猫内閣発足! »

2008年7月31日 (木)

オリンピック・レジェンド②

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

さて今日で7月も終わりですbearing。いつも思いますが、本当に1ヶ月なんてあっという間ですよね。この間、7月になったと思ったのに、もう明日からは8月なんですから・・・この勢いだと夏sunはすぐに通り過ぎていっちゃいそうですねweep

でも、ちょっと待ってくださいsign03秋になる前に、今夏最大の祭典がある事を忘れてはいけませんsign03そうです、いよいよあと1週間後に迫った北京五輪ですflairまだまだ先の事と思っていたら、気がつけばあと1週間ですよhappy02僕はもう、今から心臓がバクバクと高鳴ってきましたheart02

そんな今日は、僕の記憶に残っている伝説の五輪選手をご紹介する「オリンピック・レジェンド」の第two弾をお送りしたいと思います。

今日登場する選手の名は、エジプトの柔道家モハメド・ラシュワンという人物です。

皆さんの中には名前を聞いただけで、『あっ、ラシュワン知ってる!』と声をあげる方もいる事でしょう。僕は彼の事は一生忘れる事はないでしょうconfident

彼の名が有名になったのは、1984年のロサンゼルス五輪に出場した時の事です。その時の彼の成績は惜しくも銀メダルでした。しかし、その「銀メダル」には「金メダル以上の価値」があると僕は今でも思っていますcrown

彼の事を語る上で欠かせないのが、日本が生んだ史上最強の柔道家山下康裕選手です。1984年のロサンゼルス五輪の男子無差別級は、戦前から「世界の山下」の金メダルで決まりsign03誰しもがそう確信している大会でした。

しかし山下は2回戦で勝利したものの、その試合で右足を負傷してしまったのですbearing。その後、足をかばいながらもなんとか勝ち進み、そして迎えた決勝の相手がこのラシュワンだったのですsign03

畳の上を足を引きずりながら決勝の舞台に立った山下に対し、試合が開始されてからラシュワンは負傷している山下の右足を決して攻めませんでしたconfident。普通であれば相手の弱点を攻めるのが定石。勝つためにはそれも作戦のひとつです。

ただ、ラシュワンが選択したのは、フェアプレーの精神でしたgood「正々堂々と戦う、それで負ければ仕方がない。」彼の心にはその精神が宿っていたのですshine

結果、山下はラシュワンを押さえ込み、一本勝ちで金メダルを獲得しましたcrown。僕は当時小学4年生で、この瞬間を家族旅行中に車の中でcarラジオslateで聞いた事を今でもよく憶えています。

姉が音楽を聞きたいと言い、僕は柔道が聞きたいと言い、結局父親の一言で柔道を聞く事になったのですが、あの実況を聞けて良かったと思っています。実況の人shadow『ラシュワンは右足を攻めない、攻めません!』と言ったあの言葉が僕の耳earに今もこだましています。

そして、その日のスポーツニュースtvで山下の金メダルの事を放送していたのですが、その表彰式であるシーンを僕は目eyeにしました。山下が表彰台の真ん中にあがろうとした時に、隣りのいたラシュワンが足を痛めて思うように足があがらない山下に手を差し伸べたのですsign03実に美しい姿でしたshineこれが、真のスポーツマンの姿なんだと僕は強く心に感じましたhappy02

彼の存在は、この五輪前には全く知りませんでしたし、五輪の後も彼を見る事は一度もありません。でも、僕の記憶に鮮明に彼の存在がインプットされているのは、このロサンゼルス五輪で見た、彼のフェアプレー精神があるからですconfident

「スポーツ」というのものは勝負にこだわる事ももちろん大切な事なんですが、それ以上に正々堂々、そしてお互い気持ちよくプレーする事が一番大切な事なんではないでしょうかpaper

今日は僕の記憶に鮮明に残っている、モハメド・ラシュワンという一人の心優しき柔道家のお話をさせていただきましたhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:7月31日>birthday 中山秀征(41歳)、愛内里菜(28歳)、栗原恵(24歳)

|

« 一文字の王子様・・・ | トップページ | 第2次猫内閣発足! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/22686441

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック・レジェンド②:

« 一文字の王子様・・・ | トップページ | 第2次猫内閣発足! »