« 無性に鉄板祭り! | トップページ | 太陽になった刑事たち・・・ »

2008年5月23日 (金)

愛しきヒムロック♪

愛しきヒムロック♪

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

最近、僕が毎日のように聞いている音楽cdがあります。それはあの氷室京介ですsign03『なぜ今頃、氷室?』と思う方もいることでしょう。しかし、彼の音楽に“時代”などという言葉は関係ないのですpaper

彼の音楽はいつ聴いても新鮮でソウルフルな楽曲ばかりですnote。その音楽性はBOФWY時代の氷室とは、また一味違うカッコ良さがありますshine

前にもお話したと思いますが、僕は超の上に超がつくほどのBOФWYファンでしたが、そのBOФWYが解散して数ヵ月後、氷室がソロ活動を開始したと同時に僕も「ソロ氷室」の大ファンになりましたhappy01

ソロデビューから「FLOWERS for ALGERNON」「NEO FASCIO」「Higher Self」「Memories Of Blue」と彼の出したアルバムcdは発売日に必ず買っていましたshine

彼の音楽にはBOФWY時代の縦ノリとはまた少し違う、バラードなども組み込み、そのアーティスト性にはさらに磨きがかかりました。僕の高校時代はもう「ヒムロック」一色でしたsign03

彼の音楽に対する姿勢には独自のshine美学shineがあり、納得がいくまで作り直し、アレンジや録音にも多くの時間をさき、演者である以上にクリエイティブであり続けることに重点を置いているのです。そんな彼の徹底した姿勢が僕は大好きですhappy02

しかし1994年に氷室は拠点をアメリカ・ロサンゼルスに置き、移住houseしてしまいました。その頃から、僕は「ヒムロック」と少し距離をおくようになってしまいました・・・

渡米前に出したシングル『KISS ME』などは僕の中でもかなり好きなほうに入る曲なんですが、彼が渡米してからは少し彼の音楽が変わったように感じ、あまり聴くことがなくなってしまいましたbearing

彼がメディアの前に姿を現す事はほとんどなくなり、世間は「氷室」を知らない世代にと移り変わってしまいました。しかしここ数年、彼は再び脚光を浴びてきましたshine。GLAYとコラボしたり、KAT-TUNに楽曲を提供したりと。ちなみに今、話題沸騰の元竹下総理の孫であるDAIGOが以前、「DAIGO☆STARDUST」として歌っていた頃の『MARIA』という曲は氷室が作曲した曲なんですよdelicious

そして、僕の中でも眠っていた“彼への魂”が再び燃え始めてきたのですsign03やっぱりあの歌声karaokeと独特の音楽noteを聴くと思わず血が騒いでくるのですscissors「ヒムロック」はやっぱり最高ですsign03

愛しきヒムロック♪

今年2008年は「BOФWY解散」から20年、そして「氷室京介ソロデビュー20周年」なんですsign03実は、それを記念して6月11日(水)にベストアルバムが発売されるのですshine

『20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN’ ON ~ALL THE -S-HIT』 このアルバムは2枚組全25曲という、まさに「ヒムロック」満載のスーパーベストですscissors。もう僕は今から発売が待ち遠しくてたまりませんhappy01

日本のロック界を変えたと言われるBOФWY、そしてそのボーカルとして今もソロ活動を行い多くのファンを魅了する氷室京介、僕のように彼の事を崇拝する人はその音楽を「ヒムロック」と呼びますdelicious

その「ヒムロック」は間違いなく20年経った今も、日本の音楽シーンのトップにいますsign03そんな愛しき「ヒムロック」を僕はこれからも今以上に愛していきますheart02

「ヒムロック」を知らない方は、ぜひ6月に出るベストアルバムcdを買って聴いてみてください。きっと彼の良さが解るはずですよhappy02

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:5月23日>birthday 西川峰子(50歳)、高橋名人(49歳)、マッサーロ(47歳)

|

« 無性に鉄板祭り! | トップページ | 太陽になった刑事たち・・・ »

コメント

shine猫男爵さんcatwineshine
奇遇にも先々週から私も
musicnotesヒムロック週間cdnotes
でしたよsmile
BOФWYからヒムロック、そして兄貴(布袋)と、時間が流れても色あせる事のない音楽を作り続けている彼らは最高ですupupup
強弱のカリスマですしねsign03(笑)
サイクリングのBGMにもピッタリscissorsshine(笑)

P.S.やっぱり綾瀬はるかちゃんも大竹のごま油の話知ってて入れたんでしょうかねgood

投稿: 速水よこみち | 2008年5月24日 (土) 09時36分

速水よこみちさん
奇遇ですね、速水さんもヒムロック週間でしたか。
本当に彼の強弱の使い方は勉強になりますよね。弟子の尚室も負けないように頑張ります。
P.S.綾瀬はるかにはごま油の話、僕が教えておきましたよ。

投稿: 猫男爵 | 2008年5月24日 (土) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/21122565

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しきヒムロック♪:

» ロサンゼルス観光の旅行プラン [海外旅行ガイド]
アメリカへの海外旅行は、映画などでのアメリカの印象だと近大的なニューヨークの町並みや、NHKの海外ドラマのロケ地にもなったビバリーヒルズのあるカリフォルニア州のロサンゼルスの都市などの様なイメージがありますし、カジノのあるラスベガスなどの夜のイメージのある国なのですが、それとはまったく反対の大自然の中にもアメリカには観光スポットはあるのです。例えばロスアンゼルスを拠点に旅行しようと考えた場合、ロスは日本人も多いで�... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 12時14分

« 無性に鉄板祭り! | トップページ | 太陽になった刑事たち・・・ »