« 衝撃の結末へ・・・ | トップページ | 早く逃げて! »

2008年5月31日 (土)

サイボーグに恋したら・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日で5月も終わりです。今日も5月末とはとうてい思えない肌寒い1日でした・・・明日からは6月です月も替わるので暖かい日が戻ってくることを祈ります

そんな5月最後のブログは、まずは昨日のソフトボールの結果から報告します。昨日は2試合続けてのダブルヘッダーでしたが、第1試合は2塁打3本を含む5打数5安打の大当たりしかもあと1mで柵越えホームランという惜しい一打もありました。しかし、試合は大敗でした

第2試合には、AゆとNかとNぶさんが応援に駆けつけてくれましたしかし、「プレッシャーに弱い男」の本領を見事に発揮し、5打数1安打と第1試合の好調さはどこへ?といった感じで全く活躍できませんでした。守備でもエラーをするし、さんざんでした。試合も逆転負けでした

昨日の結果は通算10打数6安打でした。また次戦頑張りたいと思うので、また観戦宜しくお願いします必ずプレッシャーに強い男になります

さて、話は変わり今日から公開された邦画「僕の彼女はサイボーグ」という映画を皆さんはご存知ですか?そうです、僕の愛しき綾瀬はるか主演の映画です

ストーリーは、未来から来たサイボーグ(綾瀬はるか)と、彼女に惹かれていく青年(小出恵介)の奇妙な共同生活を描くファンタジックなラブストーリーです

監督は「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」などの作品を手掛けたクァク・ジェヨンで、大胆な彼女と控えめな彼氏の基本設定にSFファンタジーとアクション要素を絡めた恋物語をうまく描きだしています

映画のあらすじは、未来のジロー(小出恵介)が現在の自分を救うために最高にキュートな彼女(綾瀬はるか)を送った。しかしその彼女はやることなすこと全てが大胆でラフなサイボーグだったのです。彼女は幾度となくジローのピンチを救うのだが、その一方で感情を一切持たない。ジローはそんな彼女に思いが伝わらず一方的に別れを告げてしまう・・・

こんな感じの内容なんですが、彼女がサイボーグだったら・・・まず普通の生活ではあり得ない事なので考えた事なんてありませんでしたが、どうなんでしょうね?

やっぱり気持ちや感情がないのは難しいですよね。人を愛する気持ち思いやる気持ち、それは相手に感情あってのものですから、それを持たない機械相手の恋愛をすれと言われても無理な話ですよね・・・

まあ、そんなリアルな考えはとりあえず置いておき、綾瀬はるかみたいな可愛いサイボーグなら、彼女という関係は別にして一緒にいても全然OKです。逆に一緒にいてくださいって感じです

今回の映画の中で、綾瀬はるかは髪型をショートボブにしているんですが、これがまた超カワイイんです共演の小出恵介が羨ましい限りです・・・

実は僕はリアルな話、芝居とか演技とかに興味がありまして、高校生ぐらいの時に本気で上京して「役者」になろうかな~って安易に考えていた時期がありました。ですから、ドラマとか映画とかはたくさん見るようにしていて、そこから演技力などの勉強しています。今でもその気持ちを忘れた事はないんですが、どうしても踏み切る勇気がありません

「役者の道」だってそんなに簡単なものではないし、何年も下積み時代を経て成功に至るわけですから、それを考えるともう手遅れかな・・・と思います

これは以前にも友人たちと話しに出たんですが、仲間うちでドラマもしくはショートフィルム、あるいは短編映画みたいなものを作るしかないかな。ちょっと本腰入れてみます

でも、綾瀬はるかとの共演は死ぬまで諦めません(笑)

さて、今日はこれからカラオケに行ってきますガンガン歌いまくってきます

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:5月31日> 日高のり子(46歳)、ブルック・シールズ(43歳)、鈴木京香(40歳)、土岐田麗子(24歳)

|

« 衝撃の結末へ・・・ | トップページ | 早く逃げて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイボーグに恋したら・・・:

» 「僕の彼女はサイボーグ」 [帚木日記]
同じ監督の前作「僕の彼女を紹介します」でがっかりさせられていますので、微妙な期待 [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 (土) 22時48分

« 衝撃の結末へ・・・ | トップページ | 早く逃げて! »