« 旅人よ北京に行くべし! | トップページ | リベンジ! »

2008年5月16日 (金)

写真館のオヤジ。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

僕の街には写真館が1つだけあります。その写真館は昔からあり、僕が生まれてから、「100日の写真」「七五三の写真」「小学校入学の写真」「中学校入学の写真」「成人式の写真」など、幾度となく写真を撮ってもらいました

小・中学校の入学や卒業の集合写真の時には、必ずそこの写真館のオヤジが学校に来て写真を撮ってくれていたのですが、そのオヤジが実におもしろいオヤジなんです

本人は意識していないと思うのですが、カメラを三脚にセットして撮影の準備ができてからシャッターを押すまでに、『はい、はい、はい、それじゃ、はい、撮るからね、はい、はい、はい、・・・』と、とにかくひたすら『はい』を連呼するのですそして凄くせわしないのです。「もっと落ち着けよオヤジとみんな心では思っていました。

そしてそのオヤジはちょくちょくドジをしでかします。カメラのレンズのキャップを取り忘れていたり、眼鏡が見当たらないと言いながら眼鏡を髪の上に乗せていたり、とにかくドジなオヤジなんです

極めつけは、中学校の卒業写真の時です。みんな「卒業」ということで、正直少し感極まったところでの卒業写真撮影だったのですが、そこに現れたのがその写真館のオヤジです。みんな幼少の頃から見慣れているので、そのオヤジを見ただけで既に空気は笑いの空気になり、それはそれで場を和ませるので良かったのですが・・・

オヤジが三脚をセットし、黒い布みたいのをカメラの上にかけ、その中でオヤジがレンズをのずくのに顔を埋めた瞬間ですオヤジの社会の窓がこれでもかというくらいに全開

みんなは苦笑どころか爆笑です写真どころの騒ぎではなくなっちゃいました。特に男子は大爆笑で、しばらくは写真を撮れるような雰囲気ではなかった事を思い出します。

そんな少し天然キャラで憎めない写真館のオヤジを先日、数年ぶりに家の近くで見ました。さすがにオヤジは歳をとっており、腰もすっかり丸くなり、あの頃のオヤジの面影はありませんでした

でも、僕が『こんにちわ』と声をかけると、『こんにちわ!あれ?○○さんの三男坊だったかい?』とオヤジが言い返しました。確かに名字はあっていたのですが、我が家に男兄弟はいませんし、ましてや三男坊でもありません面倒くさいので僕は『はい。』と答えておきましたが、やっぱり天然キャラは変わってなかったみたいです。一応、“社会の窓”をチェックはしましたが、ちゃんと閉まってました

皆さんの近所にはそういう名物オヤジ的な人はいますか?あるいは、子供の頃そういうオヤジはいませんでしたか?

さ~て、明日は我が家で年に1度の祭典が行われるので、今日はいつもより早く眠りにつくこととします。その祭典については明日お話しますね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:5月16日> 北の湖(55歳)、ジャネット・ジャクソン(42歳)、サバティーニ(38歳)、遠山景織子(33歳)、酒井彩名(23歳)

|

« 旅人よ北京に行くべし! | トップページ | リベンジ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真館のオヤジ。:

« 旅人よ北京に行くべし! | トップページ | リベンジ! »