« “自制心” | トップページ | 言葉遊び♪ »

2008年4月15日 (火)

そこが知りたい!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

先日から素朴な疑問を抱いてまして、この前テレビtv相撲を見ていて、ふと思ったんですが、「力士」の年収っていくらyenぐらいなんだろう?

あんまり聞いたことがないですよね?野球選手baseballやサッカー選手soccerだったら年俸?億円とかニュースtvでよく耳にしますよね。でも、力士っていくらぐらい稼いでいるのか未知ですよねdelicious

そこでどうしても気になったので早速、調べてみましたsign03

調べる前に僕の予備知識で知っている範囲は、力士は「給金」といって勝ち越すとお金が貰えることと、「懸賞金」といってスポンサーが懸賞金を出した取り組みに勝った力士は、勝ったときに白いご祝儀袋みたいなもの貰えるということです。あれは1本につき6万円貰えるはずです。でも、その中から相撲協会に行く分と税金などを差し引くと、力士は1本当たり手取りで3万円が貰えるはずです。

さて、それでは本題に入るとして、まず相撲にさほど詳しくない方のために「力士」についてご説明いたしますと、力士はいわゆる関取(横綱、大関、三役、平幕、十両)と、それ以下の力士養成員と呼ばれる人に分けられます。

そして力士の報酬制度は月額給与制でした。横綱は月額282万円、大関で234万円、三役で169万円、平幕で130万円、十両で103万円でした。さらに賞与も9月と12月の2回あり、それぞれ給与の1ヶ月分が支給されるそうです。お相撲の世界って意外と普通の会社みたいな仕組みなことにビックリですsign03

細かく言えばそのほかにも、特別手当、出張手当、力士補助金、力士褒賞金などが加算され、年額報酬を計算すると、横綱で約4200万円、大関で約3500万円、三役で約2500万円、平幕で約1900万円、十両で約1500万円でした。

この金額を高いと取るか、低いと取るかそれは個人差があると思いますが、僕的には他のプロスポーツの頂点に立つ人に比べると、横綱でもそんなに高い金額は貰ってないと感じました。そして地位によってもそんなに格差が無いというのも特徴的だと思いましたdelicious

ちなみに、十両以下の力士養成員には給与というものは発生しないようで、場所が開催される年6回だけ、幕下には15万円、三段目には10万円、序二段に8万円、序ノ口に7万円が支給されるそうです。つまり序ノ口でしたら、年収は42万円ということになります。さすがにこれだけ下っ端になれば低いですよね・・・42万円はちょっとかわいそう・・・でも、各部屋に所属しているので、「ちゃんこ」も食べれるし、寝るところもあるので生活に困ることはないみたいですhappy01

こうして考えると、年に6回も本場所があり、その他にも地方巡業に行かなければならいですし、1年間ほとんど拘束される職業でありながらも、他のスポーツに比べても報酬は低いかもしれませんね。ただでさえ、最近の若者には人気のないスポーツなのに、これでは力士になりたがる若者が出てこないのも不思議ではありませんねcoldsweats01

「伝統」や「格式」もあり、そして上下関係も厳しい、そして体を張るスポーツである割には給料が安い、これではこれから先も力士を志望する人が増えそうにもないですねcrying。それは「相撲」の人気低迷にも大きく影響してくるんではないでしょうか・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:4月15日>birthday 田原総一朗(74歳)、釜本邦茂(64歳)、ヨネスケ(60歳)、兵藤ゆき(56歳)、楢崎正剛(32歳)

|

« “自制心” | トップページ | 言葉遊び♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/20203664

この記事へのトラックバック一覧です: そこが知りたい!:

« “自制心” | トップページ | 言葉遊び♪ »