« YOU達の仲間に入れてよ! | トップページ | 環境に優しい“族”! »

2008年4月21日 (月)

夢、幻、無情の180 分・・・

夢、幻、無情の180<br />
 分…

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨日の日曜日は、かねてからお伝えしていたように、僕が監督を務めるカートチーム「3時間耐久カートレース大会」に参戦するために、更別にある十勝インターナショナルスピードウエイに行ってきましたcardash

一応、僕が代表取締役を務める会社の名前をチーム名にも使わせていただいております。カートの車体をご覧になれば「RCP」という文字が見えると思いますが、我がチーム名は「チームRCPレーシング」です。

1枚目の写真でカートに乗車しているのは1stドライバーのHきです。彼は車大好き人間で、カートの経験も豊富で、我がチームで一番頼りになるエースですsign03ただ時折、公道でもサーキット顔負けの無謀なドライビングをするのが、“玉に瑕”ですcoldsweats01しかし、ドライビングテクニックに関しましては、僕も彼にはかなりの信頼を置いておりますgood

夢、幻、無情の180<br />
 分…

続いてはレース開始前に入念にマシーンのチェックをする、2ndドライバーのHでき君です。Hでき君もHき同様にカートの経験が豊富で、チーム内でもHきを脅かす存在ですdelicious。そのたぐいまれな運動神経の良さが、カートの方でも非常に活かされていますbasketball

夢、幻、無情の180<br />
 分…

レース開始は正午なので、今回はその前に焼肉をして体力を補給しましたrestaurant。ドライバーたちは午前8時に会場入りし、練習走行でマシーンの感触をつかんでいました。

今回はサポーターとして、AゆNかNぶさんMえちゃんと、AなちゃんAねちゃん、さらにはMえちゃんのご両親、お兄さん夫妻と、多くのサポーターが応援にかけつけてくれましたscissors。本当にありがとうございましたsign03ドライバーとチーム関係者を代表して御礼申し上げますhappy01

ところが、レース前にいきなりエンジンが始動しないというハプニングが発生sign03しかし、今日はここに頼りになる男の存在がscissors実は今回、本来は3rdドライバーとして活躍するUいが来れないため、代役兼メカニックとしてTや君を呼んでいたのですsign03

Tや君は某自動車メーカーの一級整備士です。車の修理に関しては右に出るものはいませんsign03エンジンが始動しなかったマシーンも、見事にエンジン始動flair本当に「神様、仏様、Tや様」ですhappy02

夢、幻、無情の180<br />
 分…

そんなこんなで時間はあっという間に過ぎ、いよいよ3時間耐久レースのスタートとなりましたshine今回は、Hき→Hでき君→Tや君の順番で交代しながらのレース設定を組みましたgood

12時15分、サーキットに19台のマシーンが整列し、晴天の中sun、各マシーンのエンジン音が響き渡りましたcardash今回の我がチームのスターティンググリットはfour番グリットという絶好の位置、スタートを無事にこなせばかなりの好位置をキープできることも可能ですup

フォーメーションラップを終え、ローリングスタートでいよいよ180分の戦いは火ぶたを切りましたsign03

僕らの目の前をHきも颯爽と駆け抜けていきましたshine『いけぇーHき!』僕の声も思わず熱くなりましたhappy01

しかし、1コーナーを過ぎたあたりで、マシーンが止まっている姿が目eyeに入りました。目視では確認できなかったので、僕とHでき君は『まさか、うちじゃないよね?大丈夫だよね?』と少し不安な気持ちをのぞかせていましたthink

各マシーンが1周目を終え、ホームストレートに戻ってくる中、Hきがなかなか戻ってこない・・・僕とHでき君の悪い予感が的中してしまったのです・・・

後でHきから聞いた話だと、Hきの前に止まっているマシーンがあり、それを避けようとした時にスピンをしたらしく、それで大きなロスを負ったようです。これは思わぬ出だしのつまづきでした。でも、Hきにケガがなかったのが何よりですbearing

その後、Hきはスタートの出遅れを取り戻そうと、必死の追い上げをみせます。見ている僕も思わず手に力が入ります。Hきは、数台を見事に交わし順位を少し戻したところで、Hでき君とドライバーチェンジしましたpaper

代わったHでき君も素晴らしい走りを見せますshine。果敢な攻めのドライビングで数台を抜き去り順位を確実にあげていきますup

夢、幻、無情の180<br />
 分…

監督としてチームをサポートする僕の期待もどんどん膨れ上がりますnoteレースをするのはドライバーなので、僕自身はたいした仕事はできないんですが、ドライバーがケガなくそして満足な走りができることを祈るだけです。あと僕ができるのは、他チームの状況や自分のチームのポジションを確認して、ドライバーたちに確実な情報を教えること、そしてチームとしての戦略をたてることですsign03

夢、幻、無情の180<br />
 分…

カートは外見は意外と小さいですし、そんなにスピードも出ないとお思いでしょうが、これが思ったよりも体感スピードがあるんですsign03僕は実際乗っていないのでわかりませんが、ドライバーの話だと、かなりのもかかるし、スピードも100キロ以上が出ますsign03走行中は喉も渇きますし、ヘルメットの中では無意識のうちに口を開けて運転しているそうですcoldsweats01

当然、自分よりも速い車が後ろから近づいてきた場合は、道を譲り先に行かせることもあるわけなんですが、その譲り方も気をつけて譲らないと大事故につながる可能性もあるので、非常に神経を使いますcrying。100キロ以上の速度の中で、いろんな事に気を遣いながら、少しでも前にいる敵を抜いていく、そして燃料の減り具合や、マシーンに無理をかけないドライビングをする、本当に一言でカートレースと言っても大変なんですhappy02。ドライバーには本当に頭が下がります。

夢、幻、無情の180<br />
 分…

ドライバーとの連絡を確実にするために、ピットインするまでの残り周回数をボードを使って知らせます。これを間違えると、ピット作業に支障もきたしますし、それが大きなタイムロスにつながります。ドライバー監督サポーター、みんながそれぞれの役割を果たしてこそ一つのチームが出来上がりますflair

レースも中盤に差し掛かり、1時間を経過した時点での順位は総合onezero。クラス別ではfiveでした。あと同じクラスの車を2台抜けば表彰台も見えてきますeyeチームのムードは一気に上がってきましたupもちろん完走することが目的ですが、ここまできたら狙うは表彰台ですgood

そして、レース開始から1時間30分を過ぎた頃、Hでき君がピットに戻ってきてHきにドライバーチェンジする時に、悪夢が起きてしまいました・・・

給油を済ませ、シートにHきが座りエンジンを始動させようとしましたが、エンジンがかからない・・・何度も何度もエンジンをかけるが始動しない・・・みんなの顔から一気に血の気がひいていく瞬間でしたcrying

とりあえずHきはマシーンを降り、メカニックのTや君が原因を探ることに・・・

夢、幻、無情の180<br />
 分…

何と、原因はこれです。クラッチが破損していました。しかし、修理に関してはプロのTや君が「残った生きているクラッチで走れる」との判断を下し、再スタートへsign03

夢、幻、無情の180<br />
 分…

しかし、もうひとつ大きな問題が、今度はバッテリー切れ・・・これはもう致命的な問題でした。一応、普通車のバッテリーを持ってきて接続してエンジンは始動させたものの、カートのバッテリーはエンジンが始動してもその動力で自発充電できるバッテリーの仕組みではなく、この状況での走行はどう考えても不可能でした・・・weep

数十分間に渡るTや君の修理のかいなく、残念ではありますがリタイアを決断しましたcrying。これは、“勇気ある撤退”です。恥ずべきことは何もありませんsign03ドライバーもメカニックもやるべきことは精一杯やりました。

完走できなかった事に悔いが残っているのはドライバーが一番そうだとは思いますが、ここはひとつグッと涙sweat02をこらえ、次回にその無念を晴らしてほしいですsign03本当に残念です・・・思わず僕も熱いものが溢れてcrying・・・でも、僕の耳earには車の泣いている声がしっかりと聞こえました。『もう、無理だよ監督・・・』と。

午後3時15分、サーキットにはカーナンバー「19」の姿はありませんでしたが、参加19台中、完走13台の各マシーンはチェッカーフラッグmotorsportsを受け、見事にゴールしました。僕達はそのチェッカーを受けれませんでしたが、ゴールした各チームに心から拍手を送りたいと思いますpaper

今回の結果を受け、マシーンのメンテナンスの大切さも解りましたし、レースの難しさというものも改めて実感しましたdelicious

でも一番大事なことは、「みんなで一つの目標に向かって頑張った」というその“プロセス”が大切だと思いますsign03結果はどうであれ、そのチームの“和”がどんなことよりも僕達の財産になったはずですshineそして、ドライバーにケガなく終わったことに監督としてホッとしていますhappy01

今回は、僕達「RCPレーシング」にとっては、夢と幻、そして無情の180分間でしたが、この経験は必ずいつか実を結ぶはずですscissorsいつの日か必ず、表彰台の真ん中に我がチームのドライバーが昇り、笑顔でシャンパンファイトをしている光景を今から楽しみにしていますhappy02

RCPレーシングに幸あれsign03

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:4月21日>birthday 輪島功一(65歳)、保積ペペ(50歳)、今井雅之(47歳)、久宝留理子(39歳)、安田美沙子(26歳)

|

« YOU達の仲間に入れてよ! | トップページ | 環境に優しい“族”! »

コメント

監督、サポーターの皆さん、そしてドライバー
昨日は大変お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
残念ながら、リタイアcryingしてしまいましたが、今回はあれでよかったのだと思います 色々データもとれましたし、マシンをカンペキに仕上げて望むことが、やはり大切だと痛感させられました。
なにより、完走できなかったのが悔しくて悔しくて…crying
サポーターの皆さん、監督には、早朝からの応援ありがとうございました。次戦は秋、10/13に開催されます。まだ決定しておりませんが、出場する予定ですので、多くのサポーターの参加をお待ちしております。そして、Tや君の活躍に感謝です。次戦は走って頂きたいと思いますcoldsweats01
P.S Nか、Nぶさんお忙しいところ、駆け付けて頂きまして、ありがとうございました。焼肉おいしかったです。ごちそうさま
Aゆも最後までありがとうpaper嬉しかったです。焼肉の準備等に感謝です。今度、出場してみては…
監督!昨日の采配は、素晴らしかったです。着衣もよかったですよ そして、中身の濃〜いブログありがとうございましたgood レースを思い出しましたcardash 1時間経過で10位の特別賞をもらえただけでうれしいですcoldsweats01 ありがとう

投稿: Hき | 2008年4月21日 (月) 23時57分

Hきさん
昨日はお疲れ様でした。
完走できなくて残念でしたが、それでもたくさん良い走りを見せてもらえたので満足ですよhappy01
逆にいえば、Hきさんはもちろんのこと、Hでき君、Tや君、そしてサポーターの声援、みんなのパワーがあったからこそ、クラッチがあそこまで持ったのではないでしょうか?
もしかしたらもっと早い段階でリタイアしていたかもしれませんcoldsweats01
そう考えると、善戦したと考えましょうgood
ただ、次戦までにはしっかりマシーンを仕上げておきましょうね。まあ、Tや君がついているからバッチリでしょうscissors
秋までには「チームRCP」の公式Tシャツt-shirtとキャップを作るので期待していてくださいhappy01

投稿: 猫男爵 | 2008年4月22日 (火) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/20448619

この記事へのトラックバック一覧です: 夢、幻、無情の180 分・・・:

« YOU達の仲間に入れてよ! | トップページ | 環境に優しい“族”! »