« 米職人への道! | トップページ | その時、道の真ん中に・・・ »

2008年2月 3日 (日)

四季のバトンタッチ

四季のバトンタッチ

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は2月3日「節分」ですね。

皆さんの家でも「豆まき」しましたか?我が家でも『鬼は外、福は内』のかけ声のもと豆をまき、一年の無病息災を願いました。やっぱり日本の古き良き伝統を絶やさないように後世に伝えること、そのひとつであるこの「豆まき」も大切な伝統行事ですね。

そもそも“節分”というのは2月3日の事をさしているのかと思ったら、違ったんですね。僕は今まで勝手にそう思い込んでいましたが、実は各季節の始まりの日、つまり「立春、立夏、立秋、立冬の前日のこと」を“節分”、「季節を分ける」という意味合いがあるそうなんです。ですから節分は年に4回あるという事になりますね。「知ること」って本当に大事ですね、僕もこれで今日は一つ勉強になりました!

今日はその立春の前日の“節分”について少しお話したいと思います。

この節分という行事は、もともとは平安時代に行われていた「追儺」(ついな)という悪霊払いから生まれました。それが近代になると、柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に置いたり、豆まきをするような習慣になったそうです。これは、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるという考えから、それを追い払う意味合いがあるそうです。

僕達が小さい頃からしている豆まきには、「まかれた豆を自分の年齢の数だけ食べると体が丈夫になり健康になる」という慣わしがあります。また、「妊婦のいる家庭ではこの豆を安産のお守りにする」というところもあります。

我が家では昔からこの豆のいくつかを取っておき、「どこかに遠出する時には旅の無事を祈って一粒口にしてから出かける」という慣わしがあります。まるで、ドラゴンボールの「仙豆」のようです(笑)

四季のバトンタッチ

そして忘れてはいけないのが、この“恵方巻き”です。恵方とはその年の歳徳神がいる方角で、その方角を向きながら喋らずに一気に太巻きをまるごと一本食べると、無病息災が叶うというものです。最近はこの慣わしが非常に浸透してきましたよね。

今年の恵方は南南東

四季のバトンタッチ

僕も早速、方位磁石を使いながら慎重に方角を探し、恵方巻きを美味しく頬張りました。

太巻きを食べるというのは『福を巻き込む』という意味があり、包丁を入れずに丸ごと食べるのには『縁を切らない』という意味が込められています。

これで、今年も一年無事に過ごせそうです。

まだ窓の外にはもありますし、朝晩は氷点下15度くらいまで冷える冬世界ですが、暦の上では明日が立春・・・この“節分”の行事を終えると、季節は冬から春にバトンタッチされるんですね・・・

もう少しで僕の嫌いなが終わり、やがてが訪れ、そして大好きな夏に再会です!見事な四季を演出してくれるこの北海道という大地に生まれ育ったことに本当に感謝です!

まずはこれから起こる、冬から春への四季のバトンタッチするさまを、たっぷりと感じてみたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日:2月3日> 川合俊一(45歳)、くりぃむしちゅー・有田(37歳)、麒麟・川島(29歳)、吉岡美穂(28歳)、柳原可奈子(22歳)

|

« 米職人への道! | トップページ | その時、道の真ん中に・・・ »

コメント

節分は年に4回あるんですね
知らなかったです!
そして豆まきの豆を旅の前に食べるというのいいですね!
今日沢山豆が余ったので、どうしようかと思いましたが私も大事に取っといて特別な豆にするコトにします☆
私は猫男爵さんと逆で冬が大好き派です☆
あまり人気のない冬ですが冬が終わるのかと思うとさみしいです。。☆

投稿: Tか | 2008年2月 4日 (月) 01時34分

Tかさん
そうですね、冬が好きな人にとっては少し寂しくなりますね。今年の冬は満喫できましたか?また来年の冬まで、しばしのお別れですね。
豆まきって結構豆が余るんですよね(笑)旅の前に豆を食べるのは、何となく“おまじない”みたいでいいですよ。Tかさんもやってみてくださいね。

投稿: 猫男爵 | 2008年2月 4日 (月) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季のバトンタッチ:

« 米職人への道! | トップページ | その時、道の真ん中に・・・ »