« 無限の可能性! | トップページ | 海底に眠る永遠の愛・・・ »

2008年1月16日 (水)

最近アイツを見ましたか?

最近アイツを見かけましたか?

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

まずは冒頭からお詫びです。

昨日のミニバレーのメーテル軍団のメンバーが一人抜けていました。“施設長”と呼ばれている謎の男性がいたことを忘れていました。何か一人足りないような気がしていたのですが、さっきふと思い出したので、ここで訂正しておきます。まあ、どうでもいい話なんですけどね(笑)

まずは、つかみはOKっと!(笑) by竜兵(古っ!!)

さて、本題に入りますが、皆さんは最近アイツを見かけましたか?アイツですよ、アイツ!そう、「2000円札」です。

僕は全くと言っていいほど見かけませんね。それもそのはず、1万円札などの他の紙幣はほぼ毎年追加印刷されているのに対し、2000円札の印刷は5年連続で見送られ、現存する2000円札の多くは各地の銀行の金庫で眠っているのが実情なんですって。

そもそもこの2000円札は、2000年の沖縄サミット開催を記念して発行されたもので、表面には沖縄を代表する首里城の「守礼の門」がデザインされています。

登場した当初は、その珍しさから人気もあったようですが、その栄華もつかの間の出来事でした。確かに僕も当時は『2000円札GETした!』などと言って喜んでいたことを思い出します。

この2000円札が普及しない理由には、「2」のつく単位が日本人にあまり馴染みがない事があげられるそうです。20ドル紙幣など、「2」のつく単位の通貨が一般的な欧米諸国とは異なり、日本の通貨は1万円、5千円、千円、500円、100円、50円、10円、5円、1円と全てが「1」か「5」のつく単位であるという認識が浸透しているからです。そのために2000円札に抵抗があり、使いにくいという事になってしまったのです。

最近アイツを見かけましたか?

銀行の金庫に眠る2000円札同様に、僕の部屋にも出始めた頃に集めていた9枚の2000円札が眠ってました(笑)

みんなから嫌われている2000円札ですが、実は最新の偽造防止技術が詰まっていることをご存知ですか?

<その1> お札を傾けると、表面左下には「2000」、裏面右上には「NIPPON」の文字が浮かびあがります。

<その2> 表面右上の「2000」の文字は、角度を変えると青緑色から紫色に変わります。

<その3> お札を傾けると、左右の余白部分にピンク色のパール光沢のある半透明な模様が浮かび上がります。

<その4> 目の不自由な方が識別できるように、ざらつき感のある点字の「に」をデザイン化しマークしています。

<その5> 表の印章に紫外線をあてるとオレンジ色に光ります。

もし今、手元に2000円札があれば確認してみてください。

せっかくこんな最新の偽造防止技術があるのに、世の中に出回っていなければ偽造する人じたいがいませんよね。

2000円札は果たしてこのまま一般社会で活躍することなく、その姿を消していくのでしょうかね・・・少し寂しい気がしますが、仕方ないのかなぁ・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

す ステファン・マヤカ(箱根駅伝で山梨学院大学の留学生として大活躍したケニア出身の長距離選手。現早稲田大学駅伝部監督である渡辺康幸の良きライバルであった。)

|

« 無限の可能性! | トップページ | 海底に眠る永遠の愛・・・ »

コメント

今日、ATMへお金を下ろしに行ったら、2千円札が4枚(泣)
邪魔くさいから、パチンコ店に寄付してきましたー(笑)

投稿: Hき | 2008年1月16日 (水) 22時46分

Hきさん
いつもご寄付ご苦労様です(笑)
見事にタイムリーな話ですね!
「ATMで2千円札が4枚」って嫌がらせ以外の何者でもないですね(笑)

投稿: 猫男爵 | 2008年1月16日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/9919541

この記事へのトラックバック一覧です: 最近アイツを見ましたか?:

« 無限の可能性! | トップページ | 海底に眠る永遠の愛・・・ »