« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

GOOD-BYE 2007!!

GOOD-BYE 2007!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さあ、いよいよ残すところあと数時間で2007年も終わってしまいますね。

皆さんにとって2007年はどんな一年でしたか?

僕は大きな事故や病気にもあわず、今日という日を無事に迎えて年を越すことにまず感謝をしたいと思います。そして明日から始まる2008年は心を新たに、また日々精一杯頑張っていきたいと思います!

さて、そんな大晦日の今日は曇ったり晴れたりと落ち着かない空模様でした。

GOOD-BYE 2007!

今日はまず朝イチで、1年間僕の“足”となってあちこちと走りまわってくれた愛車の洗車に行ってきました。毎年、大晦日には必ず日頃の感謝の意を込めて、キレイにしてから新年を迎えます。

GOOD-BYE 2007!

お昼になると、おせち料理の食材を買いにスーパーへ!さすがに大晦日だけあって、もの凄いお客さんの数で、レジはごったがえしてました。

家に帰ると、真っ先に年末ジャンボ宝くじの当選番号をチェック!!今年こそは!の願いもむなしく、かすりもしませんでした・・・

その後は、トイレ掃除にお風呂掃除と大忙し。休む暇なく神棚の掃除をして、最後にしめ飾りを付けて僕の仕事は全て終了です。疲れた~

GOOD-BYE 2007!

さあ、いよいよ年越しだぁ~!!

気がつけば今年も早かったな~ついこの前、“年越しそば”を食べたと思ったのに・・・

GOOD-BYE 2007!

12月31日と言えば、やっぱり紅白歌合戦!と思ったけど、やっぱりあんまり面白くないのでチャンネル変えようっと(笑)

こんな感じで大晦日はあっという間に過ぎていきました。気がつけばあと2時間半で今年も終わる!!何かやり残したことは無いかな?う~ん、突然じゃ何も出てこないな・・・

いずれにしても、2007年はもう二度と戻ってこないし、考えれば一瞬一瞬の全てが僕にとっては宝物だったのかもしれません。

今年の1月30日に、このブログを開設してはや11ヶ月、色んなことがありました。正直、ここまでブログを続けることができるとは思ってませんでした。でも、皆さんの暖かい応援があって、ここまで続けることができました。

あと数時間で2008年が幕を開けますが、また明日からもこの『北の猫男爵HYPER日記』を、どうか宜しくお願い致します!

僕の座右の銘『信じるということは最大の勇気』という言葉があります。人を信じることはもちろん、人から信じられる人間になることも、とても大事なことです。そのためには、まずは自分の信じることを決して諦めずに最後まで信じ抜くこと!そして自分のことも絶対に信じること!自分が信じれなくなってはダメだと思います。“信じる”とても勇気のいることですが、決して難しいことではありません。このことを胸に2008年も頑張っていきたいと思います。

GOOD-BYE 2007!

それでは最後はアイドル風に裏ピースでお別れです☆☆☆

GOOD-BYE!!2007年!!

ありがとう!!2007年!!

皆さん良いお年を!また明日お会いしましょう(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

す スズトモ(福島県出身の女性タレント、モデル。主にCMなどで活躍する。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

雪山で逆ナン?

雪山で逆ナン?

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は早朝から自宅の除雪をして仕事に行ってきました。

職場に行く途中にコンビニに寄ろうとした時、コンビニの入口で1台の車が雪にはまり立ち往生していました。僕はすぐに車を止め、助けに行く事に。

それを見たコンビニの店員も現場に走ってきました。しかし、店員は女性の店員。まだ朝6時半頃という事もあり、他にお客もいないために何とか二人でその車を押すことに・・・

僕は界王拳3倍のフルパワーを出し、葛藤すること数分、ようやく車は脱出することができました!車の運転手の女性からも、コンビニの店員からも何度も頭を下げられました。朝から良い事をすると、とても気持ちいいものですね。昨日の“犬助け”に続き、今日は“人助け”です(笑)

そして仕事を終え、午後3時頃に帰宅しました。すぐに今度は自宅の除雪の続きに取り掛かりました。

すると、僕の家の前にある大きな雪山(上の写真)で、昨日の白い犬を飼っているお店の子供(小学2年生の男の子)とその従姉妹たちが遊んでいました。その風景を見て、僕もガキの頃近所の友達とよくソリ遊びをしたりしていた事を思い出しました。

しばらくすると、雪山で遊んでいた姉妹の(たぶん3~4歳)の泣き叫ぶ声が聞こえたので、僕は雪かきを止め慌ててかけつけました!すると、雪の中に足が埋まり抜けなくなって泣いていたのです。僕はすぐにその子の元に行き、雪から出してあげました。女の子は『ありがとう!』と笑顔で僕に言いました。

そして僕はまた自分の持ち場に戻り、雪かきをしていました。すると、さっきの女の子が僕の所に来て『一緒に遊ぼう!』と誘うのです。まあ、子供にそう言われたら断る事もできないので、少しだけと思い、僕はその子と一緒に雪山へ行き、登ったり降りたりしながら遊んであげました。

すると横にいたその子の姉がこう言いました!『○○(妹の名前)は男好きだからね。』と・・・その姉はまだ小学校低学年くらいだと思うんですが、何と言う衝撃的な言葉でしょう。最近の子供は、ませてますね~

待てよ・・・という事は、さっきの「雪に足が埋まった」のは俺をおびき寄せる作戦?何っ!!どんだけっー!!

まあ、そんな事は無いとは思いますが、その後もその女の子は僕にロックオンしたらしく、なかなか僕を解放してくれません・・・我が家の犬の鳴き声に反応して、今度は『犬が見たい!』と言い出したのです。仕方なく、犬を見せてあげました。犬に怖がることもなく、ずっと笑顔で僕に話しかけてくるのです。それが約30分・・・僕の雪かきはいっこうに進まず・・・

何と末恐ろしい女の子でしょう・・・『きっと将来はこうやって彼氏を振り回すんだろうな~』と僕はしみじみと思いました。まあ、僕は振り回されるのは嫌いじゃないんですけどね(笑)

そして、日が暮れ始める頃になり、ようやく子供たち3人は雪山と僕に別れを告げ、親の元に帰っていきました。

まあ、僕は子供が好きだから、楽しい時間だったと言えば嘘ではないですが、それにしても何かあの女の子に逆ナンされた気分です(笑) せめて、あと20年後だったら僕も考える余地はあったのに(笑)

猫男爵の名誉のために言っておきますが、彼は決してそっちの趣味(ロリコン)があるわけでないので勘違いしないでくださいね(笑)

さあ、いよいよ明日で2007年も終わりです。我が家では今、父と母が風邪でダウンしてます。元気なのは僕だけです!皆さんも体調には十分に気をつけて、笑顔で新年を迎えましょうね!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

る ルイス・サントス(1997年の1年間だけ、プロ野球読売ジャイアンツでプレーした野球選手。1996年までは台湾でプレーしており、「台湾のイチロー」と呼ばれていた。しかし、巨人では全く活躍できずシーズン途中で退団した。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

白い悪魔と白い天使・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

いや~参りました・・・そして疲れました・・・

年の瀬に大雪なんて、本当に大迷惑です。雪かきしてもしてもキリがありません!

ただでさえ、色々と忙しい年の瀬にこの雪のおかげで、今日は仕事に出勤してきました。もちろん明日もです・・・

仕事から帰り、自宅の除雪をしました。明朝も今日出来なかった分を早く起きてしなければなりません。だから雪は大嫌いなんです!

もちろん、この雪でスキー場関係者や除雪業者など喜んでいる方もいるとは思いますが、この雪の影響で帰省が出来ない方もいますし、道路状況も悪いので運転を仕事としている人にとっても大変な事でしょう・・・

せっかく今年も雪の少ないお正月を迎えれると思っていたのに、この“白い悪魔”のせいで、僕の夢は儚くも散ってしまいました・・・

今回の全国的な荒れ模様の原因の寒波は1月2日頃まで続くそうですが、今日は特に北海道の太平洋側東部を中心に大雪となったようです。同じ北海道でも函館の方は突風と雨だそうですが、皆さんの住んでいる地域はどうでしたか?自然災害は突然やってきますので、気象情報は十分に気をつけてチェックしてくださいね。

僕の住んでいる十勝地方では夕方までの段階で降り始めからの降雪量が40cmを超えたそうです。相手は“自然”なので文句も言えませんが、今回のこの大雪ほどKYなやつもいませんよね?

本当、2007年最大のKYなやつは今回の“白い悪魔”です!『もう少し降る時期を考えれよ!』と言いたいです。

すいません、今日はなんか愚痴ブログになってしまって。

そして、つい先ほど小事件というかミラコーがまた僕の前で起きてしまいました・・・

夕食を食べ終え、家の前の除雪をしていると、僕の近所のお店で飼われている白い犬がとぼとぼと道路を歩いていました。この白いヌーイーはよく家から脱走する犬で、前にも飼い主と一緒に僕も探しに歩いた事がある逃亡常習犬なんです。

その犬が雪の降る中を道路を歩いていたので、『また脱走したなあいつ!』と僕は思いました。すると、その犬に車が近づいてくるではありませんか!雪の中で視界も悪く、そして運悪く白い犬、さらに運悪く少し高齢の方が運転している模様・・・『おそらく運転手は犬の存在に気づいてない!』そう判断した僕は大急ぎで犬の元に駆け寄り、そして抱きかかえ雪山に背中からダイブ!!

幸運だったのは車がそんなにスピードを出してなかった事、そしてちょうど飛び込む事のできる雪山があった事、その犬は僕の事を知っているから暴れなかった事、そんな条件が揃い、何とか生還させる事ができました。

犬は怖かったのか『クゥ、クゥ・・・』と静かに鳴いていましたが、本当に人騒がせなやつです。でも、その白い犬が僕には一瞬、“白い天使”に見えました。

その後、白い犬は飼い主の元に帰しましたが、家に戻る僕の姿を白い犬はじっと見つめていました。やっぱり、人間と犬は心が通じるんですね。

今年の最後の最後で、人助けならぬ“犬助け”という良い事ができて良かったです。

とにもかくにも2007年も明日と明後日の2日間で終わりです。『終わり良ければすべて良し!』という言葉もあります。残り2日間を悔いのないよう楽しんでくださいね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

こ 寿ひずる(ことぶきひずる。宝塚歌劇団出身の女優。坂東八十助の元妻。現在はミュージカルを中心に活躍の場を広げている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

2007年ドラミャー大賞!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

いよいよ2007年も今日を入れてあと4日、慌ただしい年の瀬を皆さんどうお過ごしですか?僕は今日、しめ飾りを買いに行ってきましたし、自宅の大掃除も今日からスタートしました。

この年の瀬に、芸能界では結婚発表が続出してますね。オダギリジョー香椎由宇の電撃結婚には正直ビックリ!しましたし、そのオダギリジョーとドラマ『時効警察』で共演したいた麻生久美子も同じ日にスタイリストとの結婚を発表し、更には前々から結婚の噂のあった松たか子も音楽プロデューサーと結婚発表と、まさにおめでた続きです!

最近のこういった結婚の発表は「ホームページ」や「ブログ」で報告というのが非常に多くなってきてますね。いつか、僕もこのブログで発表なんてありなのかな?まあ、いつの日になることやら・・・とにもかくにも結婚された芸能人の皆さんどうぞお幸せに!

さて、今日は今年2007年にテレビ放送されたの『ドラマ』を振り返って、僕猫男爵が選ぶ『2007年ドラマ大賞』というのを選んでみたいと思います。どうぞ、しばしの間お付き合いを!

今回は、ドラマのストーリー性、キャスティング、映像技術、構成力などを吟味に吟味を重ねベスト10を厳選してみました。皆さんの中でも賛否両論あるかとは思いますが、自分の好きなドラマが入っているか楽しんで見てください。

それでは早速、発表です。

第10位 モップガール(テレ朝、金曜23:15 出演:北川景子、谷原章介他) 死んだ人の遺品に触れると過去にタイムスリップして、死ぬはずの人を助けるというストーリーは評価できました。主演の北川景子はこれからブレイク必至とも言える演技力でしたし、谷原の助演が北川の存在をさらにひきたてていたのではないでしょうか。金曜23時枠としては、なかなかの名作であったと思います。

第9位 ガリレオ(フジ、月曜21:00 出演:福山雅治、柴咲コウ他) 天才科学者が警察の捜査に協力し、様々な困難な事件を紐解いていくという実に斬新なストーリーでした。福山の演技力には目を見張るものがありましたが、最終回の終わり方が少しイマイチであったように感じます。

第8位 ライアーゲーム(フジ、土曜23:00 出演:戸田恵梨香、松田翔太他) このドラマは非常に頭を使うドラマで、見ていて頭を抱えるようなシーンの連続でした。しかし、信用・裏切りといった人間の心理を巧みに描く点には思わず見入ってしまいました。

第7位 花ざかりの君たちへ(フジ、火曜21:00 出演:堀北真希、小栗旬、生田斗真他) わけあって女である堀北が男子校に男として転入し、学園生活を送るというストーリー。コメディータッチな学園ドラマで見ていて非常に面白かったです。イケメンが多数出演して話題性も高かったドラマです。

第6位 バンビーノ(日テレ、水曜22:00 出演:松本潤、北村一輝、市村正親他) 福岡から料理人を目指し上京してきた松本が、悪戦苦闘しながら一人前の料理人になる姿を描くというストーリー。人気イタリア料理店の中で起こる、様々な人間模様が時には涙を誘うドラマでした。

第5位 特急田中3号(TBS、金曜22:00 出演:田中聖、栗山千明他) ひょんな事から通称「テツ」と呼ばれる鉄道オタクに仲間入りした田中が、恋に友情に全力で突っ走る姿を描いたストーリー。田中聖の役柄が実にはまり役でした。

第4位 華麗なる一族(TBS、日曜21:00 出演:木村拓哉、北大路欣也他) 以前にドラマ化されたものの復刻版。昭和の経済成長期を果敢に生きた木村が、高貴な一族の息子として父と争いながら最後は自らの手で命を絶つという、壮絶な物語でした。その超豪華キャストが話題にもなりました。キムタク神話はいまだ健在です。

第3位 花より男子2(TBS、金曜22:00 出演:井上真央、松本潤、小栗旬他) 前作「花より男子」の続編。「F4」と呼ばれる大富豪の息子たちと、井上演じるごく普通の女の子の恋愛模様が非常に上手に描かれていたのではないでしょうか。マツジュンの「オレ様」ぶりは型にはまっていたかも(笑)

第2位 ホタルノヒカリ(日テレ、水曜22:00 出演:綾瀬はるか、藤木直人他) 何と言っても綾瀬演じる「干物女」には、僕個人的にはすごい共感がもてましたし、すごい大好きです。元々綾瀬はるかは好きでしたが、さらに大好きになりました。ストーリーも笑いあり時には涙ありと、喜怒哀楽が見事に描かれていて見ているものの心をわしづかみしました。

そして今年2007年の大賞は!

プロポーズ大作戦(フジ、月曜21:00 出演:山下智久、長澤まさみ、三上博史、藤木直人他) 今年のドラマは何と言ってもこのドラマが断トツです!ストーリー性、キャスティング、展開力、どれをとってもNO・1です。毎週見るのが楽しみで仕方ありませんでした。長澤になかなか思いを伝えきれない山ピーの男心が、見ていてじれったくもあり、そして解るような面もあり、「恋」って素晴らしいな~、そして『ハレルヤチャンス!』してあの時にあの人とやり直したいなぁ・・・と思わずにはいれない作品でした。

さあ、いかがでしたか?皆さんが好きなドラマはこの中にありましたか?今日あがったドラマを見ていない人は、もし興味があればこれからレンタルして見てみるのも楽しいかもしれませんよ。

尚、これは僕の勝手なランキングなので、見る人の視感によって個人差はあると思いますのでそのへんはご配慮を。

さあ、年が明ければ1月からはまた新しいドラマが続々とスタートします。来年はいったいどんなドラマが僕の心を楽しませてくれるのか!そしてどんな、新たな俳優や女優が出てくるのか!今から胸をワクワクさせて『ドラマ大賞』の発表を終わらせていただきます。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

き キムラ緑子(きむらみどりこ。シス・カンパニー所属の女優。数々の映画やドラマに出演している。特にNHKの朝ドラには多数出ており欠かせない名脇役である。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

お正月映画特集!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、今年も残すところあと5日です。本当に月日というのは早いものですね~

ところで、皆さんはお正月の予定は決まっていますか?家族や恋人、友人たちとどこかにお出かけになるのでしょうか、それとも家でゴロゴロと寝正月、あるいは休みなく仕事だよ!と言う人もいることでしょうね。

今日は、そんなお正月の過ごし方に少しアクセントを加えてもらえるような、お正月オススメの映画をご紹介したいと思います。今回は厳選した3作品です。もし、宜しければ参考にしてみてくださいね。

まずご紹介するのは猫男爵イチオシのこの作品です!

『もしも、あなたがスーパーでたった一人になったらどうしますか?』未知のウィルスによって地球上のスーパーのレジが全て破壊してしまった。66億人の絶滅と、3億5000万台のレジの崩壊!そしてたった一人の生存者と1台のレジ・・・果たして地球で最後の男と地球で最後のレジに希望はあるのか・・・たった一人生き残った科学者ネビルは愛犬サムとともに、まだ見ぬ生存者と使えるレジを探し続け、人類とスーパー再生の可能性を探るために奔走する。ウィル・スミス主演で映画化したこの正月最も注目のSFサスペンス映画『アイ・アム・レジ・エンド』!!

続いての作品は、2004年に公開され日本をはじめ世界中で大ヒットを記録した『エイリアンVSプレデター』が、スケール、アクション、極限のスリルなど全ての面でフルバージョンアップした話題の作品がついに日本降臨!!前作の衝撃的なラストは終わりでなく、始まりだった・・・本作ではさらにミネラル化されたあいつと、そしてギャクの腕をあげたあいつがガチンコの勝負に挑む!地球はこの恐怖に耐えられるのか・・・『エビアンVSデープ・スペクター』!!

続いての作品は、全世界で空前の大ヒットとなった「ジェイソン・ボーン」シリーズ待望の最新作です。アクション映画史に刻まれる傑作が遂に完結する!記憶を失い、愛するものとスキンケア商品を奪われたボーンが己の過去と決別するためにロート製薬と戦う!『ボーン・メンソレータム』!!

いかがでしたか?参考になりましたか?

今回のご紹介では物足りないあなたは、お正月はぜひ映画館に足を運んで、その目で真実を確かめてください!あなたが時代の目撃者だ!!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

ろ ロック岩崎(ろっくいわさき。元航空自衛官で、エアーショーパイロットでもある。軍機を操るそのテクニックとセンスは天才と呼ばれていた。退官後はエアーショーパフォーマーとして活躍していたが、2005年に訓練中に事故死した。享年53歳。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月26日 (水)

缶ワインが流行る?

缶ワインが流行る?
缶ワインが流行る?
こんばんにゃ〜 北の猫男爵です。
今日はサウナに来てます!仕事の疲れを癒すのと、昨日の指のケガの治療も兼ねて(笑)今日の夕食のメニューはチャーハンです。
そして今日のメンバーは建設会社の社長、理容関係の社長、Hき、序ノ口力士、若い植草教授、そして猫男爵です。
倉本も来ていたみたいですが、今日は早々に帰ったみたいです。よって今日は久しぶりにポールポジションに座れました!
さて、話しはおもいっきり変わりますが、皆さんは『缶入りワイン』を飲んだことはありますか?僕はまだ飲んだことはないのですが、テレビでその存在を知り注目はしていました。
その『缶入りワイン』が今、地味に流行りだしているそうなんです。
その商品の名前は『バロークス』といい、オーストラリア産です。種類は普通のワインが赤と白、スパークリングワインが赤、白、ロゼです。
確かに缶だと瓶に比べて、持ち運びに便利だし、飲み残しもなさそうというメリットがあります。
だったらなぜ今までそうしなかったのか?それには理由があります。缶入りにすると、アルミやスチールがアルコール度数の高いお酒と化学反応を起こし、缶が腐食して賞味期間が瓶のように長持ちしないというデメリットがあるからです!
しかし、バロークス社が研究に研究を重ね、アルコールと化学反応をせず、ワインにも影響を与えないコーティング材を開発し今日に至ったわけです。
本当のワイン好きには瓶でない事に少し抵抗があるのかもしれませんが、僕のように飲めれば瓶だろうが缶だろうがあんまり関係ないという人にとっては良い話かもしれませんね。
いずれにしても、ワインを楽しむ選択肢が増えた事は間違いなしです!
来年の今頃にはもしかしたら『缶入りワイン』が世の中で定着しているかもしれませんよ!
皆さんはどっちがお好みですか?
それでは今日はこのへんで。これからゆっくりサウナで爆睡することにします(笑)
(今日のマニアック有名人しりとり)
と 鳥木元博(とりきもとひろ。映画やドラマなどで活躍する俳優。会社の上司や刑事役など、少し渋めの役がはまり役である。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

クリスマスの悲劇・・・

クリスマスの悲劇…

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は12月25日「クリスマス」ですね!!

街中にはサンタが歩き、そして色鮮やかなイルミネーションが人々の心を弾ませます。

そんな年に一度の楽しいクリスマスの日に、僕の身に悲劇が起きてしまいました・・・

ごらんの写真を見てお解かりのように、指には痛々しい包帯の姿が・・・

この悲劇は今朝、突然僕の身に降りかかってきました。

僕はいつものように起床し、仕事に行く前にシャワーを浴びようと、サンルームにバスタオルを取りに。と、ここまではいつもと何ら変わりのない光景でした。

そしてサンルームの引き戸を開け、バスタオルを取り、そして引き戸を閉めようとしたその時にこの惨劇は起きてしまいました!

サンルームの部屋の引き戸は開ける時はそうでもないのですが、閉める時になるとなぜかもの凄く渋くなり、力いっぱい閉めないとうまく閉まらないのです。もちろん、僕もその事は知っているので、今日もいつものように思いっきり閉めたのですが、なぜか今日に限って渋くないのです!当然、まだ残っていた指がその引き戸の餌食に・・・

『痛ぇー!!うおっー!!』僕の猛烈な叫びが響き渡りました!

僕の頭の中に、「トムとジェリー」のトムが何かに指を挟んで数十倍に腫れ上がりながら『イヤッウオー!!』と言いながら痛がっている姿が浮かびました(笑)

まじで、本気で痛かったです・・・数分間僕はその場に立ちすくみ、痛みと葛藤してました。

クリスマスの悲劇…

ちょっと見ずらいかもしれませんが、中指の第1関節付近と、第2関節付近が明らかに変色しています。若干、指じたいも変な方向に曲がっているような・・・とりあえず骨折とかはしていないので湿布だけ貼っていますが、いまだに痛いです(笑)

僕がドジなのか、それともクリスマスだけに“笑いの神”が降臨してくれたのか、それはわかりませんが、いずれにしても僕の身にクリスマスの悲劇が起きた事はまぎれのない事実です。

皆さんも、何かに手の指を挟んだり、机や椅子の角に足の指をぶつけたりした事はありますよね?あの時の“痛み”って何とも言葉では表現できませんよね。

これから年末にかけて大掃除などで手を動かして作業する事が増えますが、くれぐれも僕みたいな悲劇には会わないように、皆さんもくれぐれも気をつけてくださいね(笑)

もしも、何か『危険だな~』と感じたら、僕の指の事を思い出してください。そして、慌てずゆっくり作業してくださいね。

今日はサンタさんから、とんでもないクリスマスプレゼントをいただいちゃった猫男爵でした(笑)

それでは今日はこのへんで。メリークリスマス!!

(今日のマニアック有名人しりとり)

こ コトー(1994年の1年間だけプロ野球読売ジャイアンツでプレーした野球選手。ポジションは外野手。スキンヘッドに口ひげという風貌が特徴で、左投手には強かった。その個性から巨人ファンの記憶には意外と残っている助っ人外人である。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

YOUはどれくらい解る?

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、今日は12月24日クリスマス・イブですね。いくつになっても今日だけは何か特別な一日ですよね。何となく空気がいつもと違う雰囲気になりますよね。

家族でパーティー風に、恋人とムーディーに、友人とワイワイと、色々なクリスマス・イブの過ごし方があると思いますが、皆さんは今日はどんな聖夜を過ごすのでしょうか・・・

余談ですが、昨日の「有馬記念」と「M-1グランプリ」、見事に僕の予想は外れました・・・特に「M-1グランプリ」の方は、敗者復活からのサンドウイッチマンは予想できませんでしたね~でもあのコンビは確かに『エンタの神様』で見た時から面白いとは思ってましたが、まさかM-1を制するとはね~これで、彼らから目が離せない1年が始まりましたね!

さて、話を戻してクリスマス・イブの今日は、数多くいるジャニーズファンの方に少し面白いクリスマスプレゼントをお届けしたいと思います。

題して『YOUはどれくらいジャニーズを愛している?聖夜のジャニーズ検定!』です。

自称、ジャニーズ通のこの猫男爵がプロデュースする今日のこの検定で、あなたはどれくらいジャニーズの事を知っているのか、それを試してみてはいかがですか?

質問は全部で25問!解答は最後にまとめて書いてあるので、問題を読みながら何か紙に答えを書いて、最後に解答と合わせてみると良いですよ。

それでは早速スタートです!!

Q1 SMAPのSはSports、MはMusic、AはAssemble、それではPは何の頭文字?

Q2 SMAPが結成当時、まだマネージャーがついてない時にメンバーへの連絡係をしていたのは誰?

Q3 2008年冬に公開予定の中居正広主演の映画のタイトルは?

Q4 TOKIOの長瀬智也がドラマ「ムコ殿」で演じた歌手で、その役名でCDデビューも果たした人名は?

Q5 V6の長野博の実家は何のお店を経営している?

Q6 日本テレビ系「24時間テレビ」で100キロマラソンを完走したV6のメンバーは誰?

Q7 KinKi Kidsの堂本剛のソロプロジェクトの名前は?

Q8 KinKi Kidsのファンクラブの会員番号1番は誰?

Q9 Kinki Kidsの二人が初めて共演したドラマは?

Q10 嵐はメンバー5人中4人がA型ですが、唯一違う血液型のAB型のメンバーは誰?

Q11 2006年に初演された滝沢秀明主演のミュージカルの名前は?

Q12 NEWSのデビューシングル「NEWSニッポン」は音楽業界でも異例のあるお店の独占販売という形でしたが、そのお店はどこ?

Q13 NEWSには現役大学生が3人いますが、山下智久は明治大学、手越祐也が早稲田大学、では加藤成亮が通う大学は?

Q14 関ジャニ∞が所属しているレコード会社は?

Q15 関ジャニ∞のメンバーの中で大阪府出身なのは何人?

Q16 KAT-TUNのグループ名はメンバーの頭文字から作られているが、「T」と「T」の間にある「-」(ハイフン)の意味は?

Q17 今年上演された舞台「DREAM BOYS」でKAT-TUNの亀梨和也と田中聖が戦ったスポーツは?

Q18 Hey!Say!JUMPは2つのグループに分かれていますが、「Hey!Say!7」ともう一つは何?

Q19 近藤真彦がレコード大賞を受賞した曲は?

Q20 近藤真彦が監督を務めるレーシングチームの名前は?

Q21 少年隊の植草克秀と同じ誕生日(7月24日)のジャニーズの後輩は?

Q22 1997年~2003年まで活動した、TOKIO、V6、KinKi Kidsによるグループ名は?

Q23 オーディションで不合格になったものの、番号札が1番だったために『YOUも残っちゃいなよ』とジャニーさんに言われ、事務所入りしたのは誰?

Q24 関ジャニ∞の丸山隆平の両親の職業は?

Q25 KAT-TUNの中丸雄一の愛犬の名前は?

さあ、いかがでしたか?難しかったですか?それとも簡単でしたか?それでは答え合わせしてみてください!

<解答>

A1 People  A2 香取慎吾  A3 私は貝になりたい  A4 桜庭裕一郎  A5 自転車店  A6 森田剛  A7 ENDLICHERI☆ENDLICHERI  A8 堂本光一  A9 人間失格  A10 相葉雅紀  A11 滝沢演舞城  A12 セブンイレブン  A13 青山学院大学  A14 テイチクレコード  A15 5人  A16 ファンのみんな  A17 ボクシング  A18 Hey!Say!BEST  A19 愚か者  A20 KONDO Racing  A21 坂本昌行  A22 J-FRIENDS  A23 赤西仁  A24 ボディービルダー  A25 ミスター

さあ、皆さんは何問解けましたか?

25問全問正解のあなた→正真正銘のジャニーズファンです!相当自慢してもいいですよ!今度僕と朝まで語り合いましょう!

20~24問正解のあなた→あともう一歩です。でも、かなりのジャニーズファンですね。次回は満点を取れるように頑張ってください!

15~19問正解のあなた→得意な分野と苦手な分野が少しあるのかな?もう少し研究をしてみてください!

10~14問正解のあなた→もう少し勉強が必要ですね。まずは身近なジャニーズファンと情報交換を交わすことを始めてみてください!

5~9問正解のあなた→ジャニーズファンにはほど遠いですね・・・一度、僕猫男爵のジャニーズ講座を受けてみますか?授業料はKAT-TUNのDVDでいいですよ!

0~4問正解のあなた→今からでもおそくありません、ジャニーズファンを辞めて石原軍団ファンに転向してみてください!西部警察の大門のサングラスのブランドは?どんだけっ~!!

さあ、今日はこんな感じで「ジャニーズ検定」というの勝手にやらさせてもらいましたが、できた方もできなかった方も、楽しんでいただけたらそれが何よりです。別にこの知識を知っているからと言って就職や仕事には役立ちませんのであしからず・・・

それではジャニーズファンの方、またどこかでお会いしましょう!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニック有名人しりとり)

た ただのいっこ(ドラマや映画などで活躍する俳優。時には成瀬富久という芸名で活動することもある。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

グランプリ三昧!

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、年の瀬迫った今日12月23日は2つの大きなグランプリが開催されます!僕は間もなく始まるこの2つのグランプリにとても注目しており、今から胸が高鳴っています!

まず一つ目のグランプリは競馬の祭典、第52回有馬記念です。昨年、一昨年は日本競馬史上最強馬とも言われるディープインパクト中心の競馬界でしたが、ディープが去った今年はまさに戦国時代と言っても過言ではない一年でした。

その中でも、注目されるのは春秋の天皇賞を制したメイショウサムソンでしょう。順当にいけばこの馬が実力的にはトップだと僕は思います。鞍上も武豊ですし問題は無いと思われますが、最内枠1番というのが気がかり・・・というのも武が1枠1番で有馬を走る時はレースが荒れるという嫌な過去のデータがあるからです。

次に僕が注目する馬は、3枠6番のポップロックと7枠14番のハイアーゲームです。先ほどの嫌なデータは忘れて、素直に1-6-14の三頭に僕は標準を絞りたいです。馬券を買うとしたら、1-6、1-14、6-14の馬複3点買いです!

ちなみに日本ダービーを牝馬として64年ぶりに制したウオッカも、僕の大好きな安田美沙子が応援しているので捨てきれないところなんですが、大外という不利はどうしてもネックなので今回は来ないと予想します。

いずれにしても、力通りにいかないのもこの有馬記念です。自分の好きな馬に一年の最後の“夢”を賭けてみるのが一番です!皆さんが良い夢を見れるよう祈ってます。

東京・中山競馬場で15時25分に15頭の今年を代表する名馬が僕らの夢を乗せて2500メートルを駆け抜けます!どうぞご注目を!

そうしてもう一つのグランプリは今年で7回目を迎える、若手漫才日本一を決める祭典「M-1グランプリ」です。今年は史上最高の4239組が参加し予選が開催され、決勝に残った8組とプラス今日行われる敗者復活であがってくる1組を加えた9組で争われます。

過去の大会は、2001年「中川家」、2002年「ますだおかだ」、2003年「フットボールアワー」、2004年「アンタッチャブル」、2005年「ブラックマヨネーズ」、2006年「チュートリアル」と、いずれも今の若手お笑い界を引っ張るコンビが優勝し、1000万円を獲得しています。

では今回のグランプリに輝くのは一体どのコンビなのか?僕なりに予想しましたが、まず上位3組に生き残るのは、キングコングザブングル麒麟(たぶん敗者復活で出てくると予想)の3組です。そしてこの中から、ザブングルが栄冠に輝くとズバリ予想します!そしてこのコンビは来年かなりの活躍をすることでしょう!

「ザブングル」は前から好きなコンビだったのでぜひ頑張って優勝して欲しいです。実力的なものからいけば6回連続決勝進出の「笑い飯」も捨てきれないのですが、登場順が1番というのがネックです・・・またしても彼らの夢は現実にならず終わるのかもしれません。

ちなみに登場順は、①笑い飯、②POISON GIRL BAND、③ザブングル、④千鳥、⑤トータルテンボス、⑥キングコング、⑦ハリセンボン、⑧ダイアン、⑨敗者復活組の順です。

テレビ放送は18時30分からテレビ朝日系列で放送されます。きっと皆さんの中にも今から楽しみにしている方も大勢いるのではないでしょうか。今夜は一緒に笑いの祭典でいっぱい腹を抱えて笑いましょう!

「有馬記念」「M-1グランプリ」この2つの祭典に今から凄くドキドキしている猫男爵です。今日は一日、グランプリ三昧だぁ~!!(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

と(ど) 土肥ポン太(どひぽんた。吉本興業所属のお笑い芸人。NSC12期生で同期には小藪千豊や2丁拳銃がいる。元々は12期生6組によるユニット「フルーツ大統領」を組んでいたが1999年に活動を休止し、2001年にピン芸人として活動を開始する。今年のR-1グランプリでは第4位に輝いている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

伝えることの難しさ・・・

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です。

昨日、『テレビ朝日の堂真理子アナウンサーが結婚』というニュースが飛び込んできましたね。僕的には結構好きなアナウンサーだったのでちょっとショックです・・・

彼女のちょっとドジなところや、あどけなさが残るところなんかは、僕の心をくすぐります。もちろんビジュアル的にもカワイイのもポイントなんですが、でも僕が彼女の一番好きなところは仕事に対して凄く真剣で決して手を抜かないというところです。そのひたむきさが大好きなんです。結婚後も仕事は続けるという事なので、彼女にはこれからも頑張ってほしいと思います。

昨今のいわゆる「女子アナ」と言われる局のアナウンサーたちは、少し「商品化」されているような気がするのは僕だけでしょうか・・・容姿やキャラクターを優先して、そのテレビ局の売りにして視聴率を稼ぐための“商品”にされてはいないでしょうか?僕はそれが少し残念です。

固い事を言えば、アナウンサーというのは『大切なニュースや出来事をテレビという公共電波を通じて人々に伝える』という大変重要なお仕事を任せられているわけです。そのアナウンサーが本来の主旨を忘れ、視聴率のために“道具”にされているとしたら、凄く残念で仕方ありません・・・

もちろん、女子アナの皆さんは真剣にアナウンサーになりたくてその道に進んできているのですが、あまりにも「女子アナ」というブランドが加熱し過ぎることは望ましいとは言えませんね。

女子アナの話しになったのでお話しますが、実は僕の大学時代の同級生に女子アナがいます。今、彼女は北海道のある放送局で女子アナとして頑張っています。大学を卒業してからは連絡を取ることはありませんが、大学時代はまさか彼女が女子アナになるとは思いませんでした。でも、今思えばとてもしっかりしてましたし、世界や日本のニュースにもすごく関心を持っていたような気がします。きっとその頃から将来のビジョンを描いていたのかもしれません。

時々、テレビで彼女の頑張っている姿を目にします。何か、自分の同級生がアナウンサーとしてテレビに映っているのは最初はとても不思議な気がしましたが、その一生懸命に原稿を読んでいる姿や、レポートしている姿を見ると、思わず『ガンバレ!』と応援しちゃいます。

地タレを目指す僕にとっては、もしかしたらいつの日か共演できる日が来るかも!『だから、それは無いって言ってるだろ!』という皆さんの声が聞こえてきます(笑)

どんな仕事でもそうですが、 “楽”してお金を稼げる仕事なんてありません。“地道な努力”が結果としてつながってくると思います。ましてやそれが自分の夢だった仕事ならなおさら、大きな壁に何度となくぶつかっては挫折を繰り返し、それを越えて行かなければなりません。そうやって、人間日々成長していくわけです。

全国で頑張っている多くの女子アナに今日は『頑張れ!』とエールを送ってあげたいです。そして、“伝える”ということの難しさに一生懸命に挑んでいるその姿勢に敬意を表したいと思います。

さて今日はこれから久しぶり(約3週間ぶり)にサウナにでも行って来ようと思います。飲んだ次の日のサウナほど気持ちの良いものは無いです!たっぷりと汗をかいて爆睡して来ようっと(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

か カタリナ・ヴィット(ドイツ出身の元女子フィギュアスケート選手。1984年のサラエボ五輪、1988年のカルガリー五輪と連続して金メダルを獲得する。その芸術的なスケーティングは高い評価を受けていた。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

懐かしき昭和のアイテム!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

酔っ払っぴ~!!ごめんなさい。さきほど忘年会から帰ってきたので、いい感じで酔っ払ってます。今日は17時半から忘年会が始まり、2次会が19時半から、そして3次会が21時からと、それぞれ場所を移し、家に帰ってきたのが22時半頃でした。

今日は日本酒に手を出さなかったので、にはなりませんでしたが、ルービーとワインと焼酎のCCレモン割りをたらふくいただきました(笑)もちろん締めはラーメンで!とても楽しい宴でした。

さて、忘年会の話しはこのへんにして、早いもので今年も残り10日となりましたね。平成19年も間もなく終わり、平成20年を迎えます。ということは、昭和天皇が崩御され、時代が昭和から平成に移ってから20年が経過するという事ですね。

思い出せば、昭和天皇が崩御された時、僕は中学2年生の冬休み中でした。この崩御の恩恵で、当時はもう社会人だった僕の姉は仕事が休みになり、彼氏と一緒にスキーに出掛けていったのを思い出します。

「崩御」という言葉もこの時初めて知りましたし、故小渕首相が「平成」という字をテレビの向こう側で見せていた事がとても懐かしく感じます。

良くも悪くも、「日本の明暗を駆け抜けた」と言われる64年間もあった昭和という時代は、その歴史の中で様々なアイテムがブームを起こし、そして時の経過と共にその姿を消していきました・・・

今日はそんな懐かしき昭和時代の必須アイテムについて少し思い出しながら「昭和同窓会」を開催してみたいと思います。

あるリサーチ会社が調査した「もう一度使ってみたい昭和の懐かしアイテムランキング」で見事に1位に輝いたのは何と「ファミコン」です!

これは実に僕らの世代にとっては欠かすことのできない必須アイテムでしたね。「スーパーマリオブラザーズ」「ドラゴンクエスト」といった超人気シリーズに加え、数え切れないほどのカセットが続々と発売されました。僕もほぼ毎日のように遊んでいました。僕が好きだったのは「エキサイトバイク」、「東海道五十三次」、「アルカノイド」、「スパルタンX」 などなど・・・あげればキリがありません。本当に子供の頃の必須アイテムでした。

そして2位に入ったのが「黒電話」です。僕の家にも昔ありました。あのダイヤルを指で回すという感覚は何ともいえないものがありました。その後はプッシュ式の電話に変わりましたが、まだ子機が無い頃の電話だったため、中学生くらいの時に友達や彼女の家に電話をする時には、コードをめいいっぱい伸ばして隣の部屋に行き、親に聞こえないようにコソコソしながら話していた事を懐かしく思い出します。今では考えられないですね・・・

以下3位「蚊帳」、4位「レコード」、5位「七輪」、6位「銭湯」、7位「500円札」、8位「五右衛門風呂」、9位「赤チン」、10位「図書券」と続きます。

この中では「赤チン」が超懐かしいですね!とにかくガキの頃はケガをしたら何でもいいから赤チン塗っておけば治るという風習が僕のまわりではあったような気がします。

皆さんは「昭和の懐かしアイテム」と言えば何が浮かびますか?思い出話しなどあれば教えてください。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

わ wyolica(ワイヨリカ。azumi(あずみ)とso-to(そーと)の2人からなる音楽ユニット。1999年にシングル『悲しいわがまま』でデビュー。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

灰色の空が生んだメロディー♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、昨日は僕の地元帯広市民文化ホールでGLAY「HIGH COMMUNICATIONS TOUR 2007~2008」帯広公演が行われました。行きたかったな~

皆さんの中にももしかしたら行った方いるのかな?だとしたら羨ましいです。僕は彼らがデビューした頃から彼らの音楽が大好きで、アルバムはほとんど購入しています。

前回、帯広にGLAYが来た時もコンサートには行けなかったのですが、聞いた話によるとメンバーが食事に行ったお店にはファンが殺到し、彼らが帰った後は彼らが使った箸などが取り合いになったそうです・・・怖いっ・・・でもそれぐらいの熱いファンがいるという事なんですね。

僕はそこまで熱いファンではないですが、一度でいいから彼ら4人と一緒に飲みに行ったり遊んでみたいですね。まあこれは将来、地タレを目指す僕にとってはあながち夢じゃないかも(笑)いや、やっぱ無いな・・・

リーダーのTAKUROとは少しまじめに音楽や業界の話しをしてみたいし、TERUは意外と天然なので話していて凄く楽しいと思うし、HISASHIは実はすごい子供っぽいところがあって遊びや趣味の話しとかしたら延々と朝まで話が合いそう!そして一番年下のJIROちゃんが本当は一番まとめるのが上手で、みんなの会話をうまくまとめてくれそう。会計とかもしっかり済ましてくれそう。

5人で飲みに行ったら、凄く楽しそうです。そしてそれを機にTAKUROにお願いして「GLAY with猫男爵」の新ユニットで北海道限定CDデビュー!いや~楽しそう!!地タレまっしぐらだ!!すいませ~ん・・・またも妄想癖が出てしまいました(笑)

でも僕の話しはさておき、GLAYの4人は本当に仲が良いんですよ。プライベートでもよく遊ぶみたいですし、ご存知の通りTAKUROとTERUは昔からの同級生で、HISASHIも青森から転向してきてからは2人とは同級生で、その一つ下のJIROちゃんも函館出身ということもあり、みんな本当に仲が良いんです。ちなみに元JUDY AND MARY のYUKIも函館出身でとJIROは昔から友達だったんですよ。

この「GLAY」というバンド名はリーダーのTAKUROが作った造語で、ロック(黒)でもポップ(白)でもない音楽を作りたいという事で黒でも白でもない灰色=GRAYの「R」を「L」に変えて「GLAY」と名付けたそうです。

そしてもうひとつ「GLAY」の意味には、幼い頃から彼らが見てきた函館の冬の空の色灰色の日が多いから付けたという由来もあるそうです。つまり、「GLAY」の中には彼らが生まれ育った函館自身がそこにはあったんですね。そこから、いくつもの素晴らしいメロディーが生まれたんですね。実に良い話しです。

そんな彼らも今年デビュー13年を迎えました。既に37枚のシングルと、9枚のオリジナルアルバム、更には5枚のベストアルバムを発売し、今もなお音楽業界のトップとして君臨しています。そんな数多くあるGLAYの楽曲の中で僕が好きな曲ベスト10を発表して今日はお別れしたいと思います。

第10位 Father&Son

第9位 RAIN

第8位 軌跡の果て

第7位 ホワイトロード

第6位 REGRET

第5位 LAYLA

第4位 Together

第3位 SOUL LOVE

第2位 ずっと2人で・・・

第1位 カーテンコール

「カーテンコール」は本当に心にグッとくる切ないバラード♪です。僕は凄く大好きでカラオケでよく歌います。GLAYの歌は本当に良い歌ばかりで、時には弾けたり、時には涙したり、時には勇気をもらい、時には過去を思い出し・・・でも、そこには彼らが函館の空の下で見た「夢や願い」と一緒に、その音楽を聞く僕らの“心の叫び”が聞こえてくるように思えて仕方ありません。

これからも、「GLAY」の音楽と一緒に僕は歩んでいきたいと思っています。そして、いつの日か5人で飲みたいです!それは夢のまた夢のお話しですが(笑)

24日のクリスマス・イブの夜は、彼らは故郷である函館で「聖なるメロディー」を届けます。地元の人にとっては、最高のクリスマスプレゼントですね。

P.S. 明日は職場の忘年会です。泥にならないように弾けてきます♪

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

え エゴロワ(1990年代に活躍したロシアの元女子マラソン選手。日本でもおなじみのランナー。1992年バルセロナ五輪は金、1996年アトランタ五輪では銀メダルに輝いている。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

JAPANブルーの救世主!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、昨年ドイツで開催されたFIFA2006W杯から、はや1年半の月日が過ぎようとしています。我が日本代表は残念ながら予選リーグで姿を消し、少し早い終戦を迎えたわけですが、違う視点で考えれば他の強豪国よりも一日でも早く2010年南アフリカW杯へ向けてのスタートを切れたという事も言えるのではないでしょうか。

そしてこのドイツ大会を最後に、日本代表は中田英寿という大黒柱を失い、それ以降オシム監督のもと「考えて走るサッカー」を形成してきました。そして、オシム監督から岡田監督にそのバトンは渡され、間もなくその船出を迎えようとしているわけですが、僕にはどうしても不安が一掃できません・・・

その理由は、核となるべくスターが不在だからです・・・今までの代表には、時代を象徴する大黒柱的なスターがいました。1980年代の木村和司、1990年代のカズ(三浦知良)、2000年代の中田英寿と、『コイツならきっと何かしてくれる!』というような存在が彼らでした。

今の代表を見渡してみても彼らに匹敵するような逸材はどこにも見当たりません。しかし、僕はある一人の大きな日本の至宝を発見しました!そう「JAPANブルーの救世主」を!

その人物の名は宇佐美貴史(うさみたかし)、若干15歳のサッカー少年です!既に彼の事をご存知の方もいるとは思いますが、とにかく“凄い”の一言しか表現できません!15歳とは思えない、技術精神力、そして想像力、どれをとっても群を抜いています。

僕は先日初めて、あるテレビで彼の特集を見たのですが、彼は現在ガンバ大阪のジュニアユースに所属し、2005年にソウルで開催されたU-13サッカー大会で華々しい活躍を見せ日本を優勝に導いたのです。

彼のポジションは攻撃的MFいわゆるトップ下という、サッカーの花形のポジションです。彼の持ち味は何と言っても、あのメッシ(アルゼンチン代表)を思い出させるドリブルです。スピードとテクニックを持ち合わせたそのドリブルはとても当時13歳の少年のプレーとは思えない迫力でした。

数々の名選手を育ててきた多くのサッカー関係者も口を揃えて『中田を超える可能性を持っている選手だ!』と言うほど、彼のサッカーセンスは折り紙つきなのです。

そのプレーを目にする日はそう遠くないと僕は確信しています。2010年南アフリカ大会の時には彼は18歳になっています。もし、日本サッカー協会の上層部が年齢にとらわれる事なく彼を見る目を持ち合わせているとしたら、その時、南アフリカのピッチの上には背番号「10」を背負った『USAMI』というスパースターが立っていることでしょう!

日本サッカーの輝かしい未来は彼の足にかかっています。ガンバレ宇佐美君!いや、世界の『USAMI』!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

る ルイス・サンチェ(1986~1987年にかけて、プロ野球の読売ジャイアンツで活躍したベネズエラ出身の野球選手。ポジションは投手で、主に抑えを務めていた。2005年に51歳の若さで他界した。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の聖戦!

今年最後の聖戦!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、今日は週に一度のミニバレー、そして今年最後のミニバレーに行ってきました。

今日のメンバーはFいさんHこRえAっけAゆYみちゃんMおちゃん、そして猫男爵の合計8名、プラスWくYざんHとYとチビッ子カルテットも遊びにきてくれました。

今日は今年ラストを飾るには少し寂しい人数でしたが、白熱したそして笑いの耐えないプレーの続出でした。まさに“今年最後の聖戦”でした(笑)

これで2007年のミニバレーも無事に終了致しまして、また新たな年に入ります!2008年も毎週火曜日の夜は、体育館で汗をかき、華麗なプレーにそして笑顔溢れるトークに華を咲かせましょう!

MVDの皆さん、今年一年本当にお疲れ様でした!また来年も宜しくお願い致します!

P.S. 来年2008年のスタートは1月8日(火曜日)です。多くの方の参加を待ってます。

今年最後の聖戦!

さて、ミニバレー終了後は場所を居酒屋IにHとに移し、毎週恒例の泥集会です。今日は泥2号のNかが来れなかったため、泥1号のAゆとこちらも今年最後の泥集会を開きました。

今年最後の聖戦!

まずはかけつけ一杯のラーコーをグイグイ飲み干しました。

通称「小腹王」の僕は、今日も昼食後の3時くらいからお腹が空いてきて『今日は何を食べようかな~』とシュミレーション作業に入りました。

今年最後の聖戦!

まず頼んだのは「石焼あんかけ蟹ぞうすい」です。アツアツでかなり美味しかったです。

今年最後の聖戦!

続いて、左から「餃子」、「鳥串」、「たらこクリームパスタ」です。

今年最後の聖戦!

どうもこのへんで少し小腹が減ったので、再びオーダー!したのはシースーです!「ブリの握り」。これがまた美味い!やっぱりシースー最高!!

今年最後の聖戦!

さらには、「たこのやわらか揚げ」も追加注文しちゃいました。いくら食べてもまたお腹が空く・・・まさに『俺の胃袋は宇宙だ!』・・・このセリフどっかで聞いたことがあるようなないような(笑)

僕のこの小腹が空く原因はおそらく胃袋の大きさに関係があると思います。おそらく、大学生の頃に不規則な食生活をしていたため胃袋が小さくなり、ちょっと食べては満腹になり、そして消化作用が僕はとても早いために、またすぐにお腹が減ってきて食べ物を欲するというバイオリズムが繰り返されているのでは無いかと推測します。

いずれにしても、食事というのは一日三食を決まった時間に規則正しく適量食べることが大切なのかもしれませんね。でも、「小腹王」の僕には当分無理な話かも・・・

今年最後の聖戦!

そして本日の締めは、やはり甘いものですね!今日は僕がマンゴーラテで、泥1号がブルーベリーラテでした。やっぱり最高な味でした(笑)

今日も一日、好スマイル高カロリーの楽しい一日でした(笑)

めでたし、めでたし!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

や 山田タマル(やまだたまる。2005年にデビューを果たした女性シンガーソングライター。高校生の頃から自分でギターで作曲するようになり、早稲田大学在学中はインディーズでも活動していた。朝はめっぽう弱く、自分で編み出した、体中に携帯電話を接着させバイブレーション機能のタイマーで目を覚ますという「骨伝導式携帯電話起床法」なるもので目を覚ますらしい。山田たまるというのは本名である。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

「和」を極める!

和を極める!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は「そば打ち講習会」に参加してきた猫男爵です。

僕は今回で4回目の講習会受講なので、だいたいコツはつかんでいるつもりですが、先生のように上手にはなかなかいかないものです。

和を極める!

今回使用する材料は、小麦粉100グラムに対してそば粉400グラムの割合2:8、通称二八そばです。

STEP1 水まわし  ボールに粉を入れて、水約100CCを少しずつ回しながら入れます。この時のコツは両手の指先で8の字を書くように混ぜることです。

この作業をもう一度繰り返すと、全体に粒々の固まりができてきます。さらに指先で揉み込むようにしていくと少し大きな固まりになり、水まわしは終了です。

<ここでのポイント>水まわしは力を入れずに指先だけを使って混ぜます。

和を極める!

STEP2 練り&くくり  次に両手で力を入れて練りを開始します。手のひら全体を使って内側に折り込むようにして粘りを出します。そして、まんじゅう形にして耳たぶくらいの柔らかさにしたところで、「くくり」の作業にに移ります。

まず中心のへそを手前に細く絞り込んで三角錐状にします→両手の手のひらで挟んで回転させながらラッキョウのような形にします→尖った部分を下にして上から回転させながら両手を重ねて扁平に押しつぶしていきます→最後はお供え餅のようにして「くくり」の作業は終了です。

<ここでのポイント>水まわしからくくりまで10分を目安とします。あまり時間をかけ過ぎると乾燥して粘りが出ません。

和を極める!

STEP3 丸出し&四つ出し  次に台に打ち粉をふり、先ほどできた扁平のそばの固まりを置きます。そして両手の親指の付け根の腹の部分を使って力を入れて広げていきます。少しずつ回転させながら、直径30cmくらいの円になるように伸ばしていきます。

さらに麺棒を使い、手前側から前方へ転がしながら直径40cmくらいまで伸ばしていきます。そして、次に麺棒を使い丸く伸びた状態をひし形から徐々に四角形になるように伸ばしていきます。これで丸出し&四つ出しの作業は終了です。

<ここでのポイント>打ち粉は撒き始めに生地の表面にも振りますが、台にも薄く振ると麺棒が滑りやすくなります。

和を極める!

STEP4 たたみ 麺棒に巻き取ってある生地を外さず両手で麺棒の端を持ちます。そして、麺棒を持ち上げ「びょうぶたたみ」(上の写真)にします。

和を極める!

STEP5 切る まな板の上、生地の上に打ち粉を振り、生地の上にこま板を乗せ、押すように切ります。

<ここでのポイント>生地を切る時は包丁を少し寝かせると、こま板が少し左に動きその幅がそばを切る幅になり、細くキレイに切れます。

STEP6 ゆでる&洗う 最後は切ったそばを沸騰させたお湯に入れます。そして、ゆであがったところで手早く水洗いをして器に盛ります。

<ここでのポイント>ゆでる時は浮き上がってくるまで絶対に混ぜないことです。

こうして出来上がったそばを美味しく食しました。今日は「天そば」と「盛りそば」の2種類を堪能しました。自分で苦労して作って、そして美味しく食す、実に楽しい時間でした。

家庭で“そば打ち”となると、なかなか大変だと思いますが、皆さんももし機会があればこういった講習会のようなものに参加してみてはいかがですか?意外と楽しいですよ。

「和」と言えば、着物、茶道、武道など様々なものがありますが、食文化ではこの「そば」というのも日本独自の「和」と言ってもいいでしょうね。その「和」を今日は少しだけ極めてみました。日本人の心を今日は実感した一日でした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

ひ 平野綾(ひらのあや。声優業や歌手としても活躍する若手。ニックネームは「あーや」。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

冬の祭典「クリパー」!

冬の祭典クリパー!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

昨日は毎年恒例のミニバレー冬の祭典「クリスマスパーティー」が盛大に開催されました。

今回のコンセプトは“鍋料理”“仮装”です!

会場は毎年利用している旧小学校の宿泊施設です。ここは当然、学校だったので中はとても広く、体育館はもちろんの事、各教室、調理室、シャワー室などが完備されており、泊まるには最高の施設です。

まずは、早い時間から会場に行ける人が集まり、買い物、会場設営、そして夕食の準備に取り掛かりました。

冬の祭典クリパー!

これは調理場の舵を取る板長Hこです。BGMには「オザケン」が流れており、包丁さばきに絶妙なアクセントを加えていました(笑)

冬の祭典クリパー!

こちらは、AっけTっかの調理風景です。2人はパティシエも兼務しており、今回参加できなかったHたちゃんと3人でパティシエ隊として活躍しています。

冬の祭典クリパー!

今回は2層からなるケーキを作ってくれました。とても美味しかったです。今回の主な他のメニューは、板長(Hこ)の「モツ鍋」、猫男爵の「おでん」、Aっけの「パエリア」でした。

冬の祭典クリパー!

そして、今回のコンセプトのもう一つであるのが“仮装”です。これは料理中の僕、猫男爵です(笑) このマスクは口、鼻に空気口がないために非常に息苦しく、何度となく呼吸困難に陥りました・・・

冬の祭典クリパー!

宴会が始まり、板長もすっかりご機嫌に(笑)ヒーローに変身です!

冬の祭典クリパー!

Fいさんです!すごくさまになっています!1980年代のジャニーズアイドル風です(笑) しかし、スタイル良いなあ~モデルかアスリート並です。

今回のクリバーの参加者は、FいさんYみちゃんCのちゃんRかちゃんのFい家、HこRえWくYざんのHこ家、AちゃんNのちゃんのAた家(残念ながらこのクリパーを一番楽しみにしていたであろうA君はインフルエンザでダウン・・・)、AっけTっかMどか、そして猫男爵でした。

本当は他のみんなももっと仮装していたのですが、写真におさめることができませんでした。Rえのアイスホッケー選手や、Aっけのラッキー池田、Tっかのコアラなどなど・・・

宴もたけなわになったところで、恒例のプレゼント交換が始まりました。今回は隠されたプレゼントを探すというルールです。まずは広い学校の2階を利用し、隠しの達人Aっけがプレゼントを色々なところに隠しました。

そして次にそれを探しに行く順番を輪投げにより決め、時間差スタートによりプレゼントを探しに!多少時間を要したものの、全員がそれぞれのプレゼントを探しあて、プレゼントを開けました。

実用的なものや、遊んで楽しむもの、あるいはリサイクルされたCD(笑)などなど今回も楽しいプレゼント交換でした。

そうこうしているうちに、遅れてこのお二人が登場です!

冬の祭典クリパー!

そうです、泥姉妹のAゆNかです。相変わらず泥遊びし過ぎです(笑)

実は昨日15日はAゆのバースデー!そして23日はNかのバースデー!ということで二人の誕生日を祝って誕生日ケーキのプレゼントです。

こうして、静かな学校の中に笑いは夜中まで響き渡り、2007年クリスマスパーティーで楽しいひと時を過ごすことができました。

皆さん本当にお疲れ様でした。また次回も盛り上がって行きましょうね!そして、今回参加できなかった方は本当に残念でした。また、次の機会で楽しみましょうね。

ちなみに今回参加できなかった、エースSんでぃHたちゃん御用達の校長室は今回はFいさんが利用し、心地よい眠りにつきました。僕はお気に入りの保健室で眠りにつきました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

ち チャンピ(1993年にイタリア首相に就任し財政再建を果たした。その後1999年には、大統領に選出されイタリアをヨーロッパ経済通貨同盟の第三段階の第一陣に導いた。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

厄介な歯客・・・

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、皆さんは“親知らず”が生えてきた事ありますか?僕はまだなんですが、実際に生えた人に聞くと、もの凄く痛くて大変みたいですね・・・考えただけでもぞっとします。

でも、この「親知らず」は生えない人は一生、生えない人もいるそうなので僕は生えなてこないように祈ってます。

親知らずの語源は、歯が生え始める幼少期とは違い、多くの人が親元を離れるため、「親がその歯の生え始めを知ることがない」というところから「親知らず」と名付けられたそうです。

特徴としては口腔内にトラブルを起こすことが多く、普通に生えている歯の一番奥に生えてくるためにスペースが無く、歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを与えたり、そうでなくても非常に歯を磨きにくい状態になり虫歯を誘発したりもするのです。

他の歯にしてみれば『何だよ狭いのに入ってくるなよ!』みたいな感じなんでしょうね。

そして、必然的に歯医者に行き抜歯する事になるのですが、歯そのものの神経は健康であることが多いので、その作業には非常に負担がかかるそうです。よって、麻酔を使っても非常に激しい痛みが出るそうなんです。今、想像しただけで寒気がしてきました・・・

麻酔が切れた後の痛みも単なる虫歯の治療の場合よりも激しいそうです。非常にタチの悪い歯なんです。がしかし、実はこれはトラブルをかかえたケースだけであって、そうでない人にとっては、大きくて頑丈な歯を余分に得た事になり、本来は価値のある歯であるともいえます。

でも、きっと親知らずにもそれなりの言い分があるはずです。親知らずだって、みんなに憎まれながら生えてくるのって、とても嫌な気分なんでしょうね・・・少しだけ同情します。

しかし、現代の人間の骨格の形成上はどうしても必要のない歯という事に分類されてしまいますね。

実は先日、僕の歯に少し異変が・・・いつからか正確にはわかりませんが、以前に治療していた歯の被せていたものが取れて違和感が・・・歯医者があまり好きでない僕ですが歯医者に行かねばと思っています。

歯医者のあの独特な匂いと、あの音・・・あ~あ憂鬱だ・・・

でも、まだ親知らずという厄介な歯客に出会ってないだけでも良しとしなければ。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

に 新田純一(にったじゅんいち。映画や時代劇などで活躍する俳優。1980年代はアイドルとして歌手デビューし、「たのきんトリオ」のライバル的存在であった。その後、俳優に転向しドラマや舞台を中心に活動している。顔立ちが近藤真彦(マッチ)に似ていることでも有名である。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

新バカ画伯登場!

新バカ画伯登場!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

昨日までの景色から一変して、今朝起きると外は冬景色になってました。いよいよ本格的な降雪が僕らの街にも訪れてしまいました。しかし、今日のは重かった・・・また除雪に苦しむ季節の到来です(泣)

さて、皆さんは絵を描くのは得意ですか?不得意ですか?僕は自信を持って後者です!というかそれを売りにできるくらいの悲しい美的センスです・・・

“バカ画伯”と言えば、よくテレビで見るのはダウンタウンの浜ちゃんや、SMAPの草なぎ剛ですが、実は何を隠そうその二人にひけを取らないくらいの画伯が、僕猫男爵なんです(笑) 名付けて“新バカ画伯”です!

それでは今日は、その“新バカ画伯”の個展に皆さんをご案内致したいと思います。どうぞゆっくりとお楽しみください!

まずは1つ目の作品、『ドラえもん』です!

新バカ画伯登場!

どうですか?何かが明らかに違うとは自分でも思うんですが、これが僕の技術では精一杯です・・・

続いて2つ目の作品は、『キリン』です。

新バカ画伯登場!

やっぱり何かが違う!!書いているうちに恐竜チックになっていったような・・・誰か助けて~

さあ、懲りずに3つ目の作品です。

新バカ画伯登場!

これはヤバイ!衝撃的・・・自分でも改めて見てびっくりです(笑) っていうか、自信が無いせいか、つい『ミッキーマウス』って字で書いちゃってるし・・・どこをどう見たら『ミッキーマウス』なの?と皆さん思っていますよね。でも、これが僕が描くミッキーなんです・・・

さあ、気を取り直して4つ目の作品は、『馬(競走馬)』です。

新バカ画伯登場!

もう似てるとか似てないの次元じゃなくなってきましたね・・・よく考えると、僕はいつから絵が下手になったのかなあ~ 小さい頃の方がまだ少しはましだったかも・・・

そう言えば僕が大学生時代の授業中に、当時付き合っていた彼女と同じ授業を受ける時はいつも隣りに座って一緒に授業を受けていたのですが、その時によく「絵しりとり」というのをやって遊んでました。でも、ご覧のように僕の絵があまりにも下手過ぎて、しりとりが成立しなかったり、あまりにも面白い絵を僕が書くので、彼女が思わず声を出して笑ってしまって教授に注意された事もありました。やっぱりその頃からズバ抜けて、僕の絵はヤバかったんですね(笑)

そんな僕の本日最後の作品は、この中では結構自信がある作品です!かなり似てるんじゃないのこれ!『ベッカム』です!!

新バカ画伯登場!

さあ、いかがでしたか“新バカ画伯”の個展は?楽しんでいただけたでしょうか(笑)

僕の絵を見た事がある方は、これがわざと下手に書いているわけでもない事も、ふざけて書いているわけでもない事もご存知ですよね。これでもベストを尽くして書いた結果です(笑)

今度、興味がある方は僕と「絵心対決」or「絵しりとり」を対戦してみてはいかがですか?いつでも受けて立ちます!(何か僕が勝つみたいだけど、僕は確実に負けますよ。)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

す スウィーニー(プロ野球の北海道日本ハムファイターズに所属する投手。出身国はアメリカ合衆国。先発投手の4、5番手として地味な活躍をし、チームのリーグ2連覇に大きく貢献した。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

夜明けの流星たち(最終話)

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日はいよいよ、8月から始まった連続ブログ小説『夜明けの流星たち』最終回です。

小説というものは自分の頭の中で描かれるものを文書にするという、なかなかやっかいな作業なんですが、これが実際やってみるとおもしろいものです。想像力というものが養われますし、書いているうちにどんどんと楽しくなっていきました、僕の場合は(笑)

皆さんの中にも経験のある方はいるとは思いますが、まだの人はもし時間があればいつか挑戦してみてください。

今日は最終回ということで90分拡大版(ドラマ風に言うと)でお送りします。

玲奈は自分の病気との闘いにある程度の覚悟を決めていた。そこには「死」というものが背中合わせである事も覚悟していた。しかし、博人が必死に崩れそうになる玲奈の心を支え続けていた。一方で、拓実と涼子の関係にも動きが・・・涼子が遂に過去の真相にたどりつくことに・・・それでは最終回をどうぞ!

『夜明けの流星たち』  脚本・演出:猫男爵

☆Last Story☆ 『さらば愛しき人よ』

涼子拓実のいる建築現場に到着した。

『すいません、ここに桜木さんはいますか?』

『桜木さんなら、ああ、あそこだ、ほらあの黄色のヘルメット被ったあの人だよ。』工事現場の作業員が拓実の事を指差して教えてくれた。

『ありがとうございました。』そう言うと、涼子はゆっくりと一歩ずつ拓実のもとに近づいていった。

そして拓実のすぐそばまで来たところで拓実が涼子に気がついた。

『涼子ちゃん!どうしたのこんな所に来て?』拓実は驚いた表情だった。

『桜木君にどうしても今すぐ聞いたい事があって!この写真は何?何なの一体?あなたは何者なの?私の事ずっと前から知っていたんでしょ!なのに、知らないふりをして私をだまして何が目的なの!』涼子はきつい口調で拓実に言った。

『・・・涼子ちゃん。違うんだよ、これには理由があって・・・』拓実は困惑していた。

『理由?何よその理由は!言ってみなさいよ。全部、全部嘘だったの?私と偶然病院で出会った事も、私の記憶が無い事を知って近づいてきたのね!過去の私の何をあなたは知っているの!』涼子は激高していた。

『違うんだ涼子ちゃん!俺は・・・』

『何が違うのよ!』

『聞いてくれ!実は俺は・・・』

その時だった!轟音を響かせて二人の頭上に工事に使う鉄骨が上の工事現場から落ちてきたのだ!

『危ない!』拓実はとっさに涼子を突き飛ばした。

『グォーン!!ガシャガシャ!!』

とてつもない音を立て、砂埃が舞った。

『えっ・・・』涼子には何が起きたか理解できなかった。

『おーい!誰か下敷きになっているぞ!みんな手伝え!』周りにいた作業員が大声をあげ、みんなを呼び寄せた。

『おい、誰か救急車を呼べ!桜木さんが下敷きになっている!』

そんな作業員の声を聞き、涼子はやっと我に返った。

『そうだ、さっき桜木君と・・・桜木君、桜木拓実・・・拓実、タ、ク、ミ・・・』

涼子の中で過去と現在の記憶が今、融合しようとしていた。先ほどの強い衝撃で涼子の記憶喪失に変化が生じたのだ。

『桜木さん!大丈夫か!今、どけてやるからな!』作業員が声をかけながら必死に鉄骨を取り除いた。

そこには顔から血を流し、横たわる拓実の姿があった。

『拓実!拓実なのね!』涼子は拓実のもとに駆け寄った。

『私を助けてくれたのね拓実!お願いだから目を開けて!』

涼子の記憶は完全に蘇った。涼子は拓実の顔を抱えながら必死に拓実の名前を叫んだ。

『拓実!お願い!』

すると、拓実がゆっくりと目を開けた。

『涼子・・・今、俺の事を拓実って・・・涼子、記憶が蘇ったのか?』本当にわずかしか出ない声を振り絞って拓実は涼子の顔を見ながら話した。

『うん、・・・私、今まであなたの事に気が付いてやれなかった。あんなにいつも側にいてくれたのに、いつも私を守ってくれていたのに、あなたの愛情を、あなたの思い出を、思い出せなかった・・・許して拓実。』涼子は泣きながら言った。

『許すに決まってるだろ、涼子は何も悪くないんだから。でも良かった、こうしてまた元の二人に戻れて、それだけで俺は幸せだよ。もっと、いっぱい涼子と話しがしたかったな・・・』拓実は少し笑みを浮かべながらも、時折苦しそうな表情を見せた。

『拓実?何言ってるの!これからいつも一緒だよ、前みたいに二人でいられるよ!』

『ダメだよ涼子・・・神様がダメだった言うんだ・・・俺、死ぬの怖いよ涼子・・・だって今度は本当に一人ぼっちになっちゃうよ俺・・・涼子に会いたくても、もう会えないなんて嫌だよ・・・』拓実の目からは大粒の涙が零れだしていた。

『拓実、何言ってるのよ!死ぬわけないでしょ拓実が!生きて、生きるのよ!じゃないと、何のために私の記憶は蘇ったの・・・拓実、お願い死なないで!拓実!』涼子は自分の気持ちを抑える事ができなくなっていた。

『涼子、これ・・・』そう言うと拓実は自分の首につけているペンダントを涼子に手渡した。

涼子は何も言わず溢れる涙を拭いながらそのペンダントを開けてみた。

『これは・・・』

そこには笑った涼子の写真が入っていた。

『涼子、俺はお前に出会えて本当に良かった。幸せにしてやれないのが心残りだけど、だけどお前は俺の分も強く、そして笑って生きてくれ。いつまでもその写真の涼子のままでいてくれ。俺は遠くからちゃんと見ているから、困った時は空を、空を見上げろ涼子・・・わかったか涼・・・』そう話すと、拓実はゆっくりと目を閉じた・・・

『拓実、拓実!嫌、嫌だよ!私を一人にしないで拓実!拓実!』涼子の悲痛な叫びが悲しくも響き渡った・・・

どれくらいの時間が経ったのだろう、涼子は聖北総合病院の霊安室にいた。側では泣き崩れる純平の姿もあった。

『拓実さん!何で・・・姉ちゃんを幸せにするって約束したじゃないかよ!』純平は目を真っ赤に充血させながら拓実の亡骸に寄り添っていた。

そこへ一報を知らされ、大急ぎで駆けつけてきたのは彩香だった。

『拓実?違うよね、何かの間違いでしょ・・・ねえ嘘でしょ涼子?何とか言ってよ!』彩香もまた取り乱していた。

『彩香、私どうしたら・・・拓実はもう・・・』

『涼子、あなた記憶が戻ったの?』

『うん・・・でも拓実が・・・』

『涼子・・・』

二人はただ泣き崩れるしかなかった。

そこへ博人が全力疾走で走ってやってきた。

『何があったんだよ!拓実?拓実なのか?』博人はおそるおそる拓実の亡骸に近づいていった。

『おい拓実、何そんな所で寝てるんだよ。なあ拓実、ここはお前なんかがいる所じゃないだろ・・似合わねえよお前にこんな所は・・・目を覚ませよ拓実!何ふざけてんだよ!拓実!』博人は泣きながら拓実の体を揺さぶった。

『ごめんね博人、拓実はもう・・・』

『涼子、今何って言った?拓実って言ったよな?』

『涼子は記憶を取り戻したのよ・・・拓実は自分の命と引き換えに涼子の記憶を・・・』彩香が泣きながら博人に話した。

『拓実、何してるんだよお前は・・・どうしてそんなに最後まで格好つけるんだよ!これから俺は誰に愚痴をこぼせばいいんだよ!誰と真剣に喧嘩すればいいんだよ!拓実・・・お願いだから起きてくれよ・・・拓・・・』博人は膝から地面に崩れ落ちた。

そこへ看護師の一人が入ってきた。

『この度はご愁傷様です・・・実は桜木さんはうちの病院で骨髄バンクにドナー登録しておりまして、ご遺体の手続が終了次第、骨髄の採取に取り掛かりたいと思いまので。』

その看護師の一言にみんなは一瞬、時が止まった。ただ、死んだ拓実の顔だけが少し笑っているように見えたのであった・・・

2年の時が過ぎた・・・

世界は何事も無かったかのように、当たり前に時を刻んでいた。

拓実が命を落とした建築現場には、拓実が手掛けていた総合アミューズメントビルがその立派な姿を成していた。

そして、そのビル中にある小さなチャペルで今日、一組のカップルが夫婦の契りを交わそうとしていた。

博人はその結婚式に出席するためにこのビルを訪れていた。

『博人!こっちだよ、こっち!』博人を見つけた彩香が博人を呼んだ。

『おう、彩香もう来てたのか。』博人は彩香のもとへ向かった。

新郎新婦の控え室には拓実の上司だった古屋の姿があった。

『このビルをデザインした桜木拓実に代わり、今日は私から一言お祝いを述べさせていただきます。このビルの中にあるチャペルは当初、建築予定外のものでした。しかし、桜木の強い要望、ここで多くの方の幸せを自分は見届けたい・・・と、そういう要望があり、このチャペルを作るに至りました。今までにここで既に99組の男女が夫婦の契りを交わしております。そして今日は記念すべき100組目があなたがたお二人です。今日は桜木に代わり、心から祝福したいと思います。おめでとう、橘純平君、富樫真希さん。きっと桜木も天国から祝福しています。』古屋が少し目を潤ませながら話した。

『拓実さん、ありがとう。』純平もまた心から拓実に感謝をしていた。

同じビルの1階には「ローズ・マリー」というお花屋さんが入っていた。これも拓実が独自に提案して採用されたものだった。

『店長、この花はどこに置けば・・・』まだ入って間もないアルバイトの女の子が尋ねた。

『えっとね、それは奥から2番目の棚の前にお願い。あっ、もうこんな時間!それじゃ私、これから3階のチャペルで結婚式があるから、あと宜しくね!』そう言って店を出てエレベーターに向かったのは涼子だった。

チャペルでは結婚式が始まっており、純平と真希は永遠の愛を誓っていた。

『二人とも幸せそうね。』彩香が博人に話しかけた。

『純平と真希ちゃんの事だから、オシドリ夫婦ってとこだな。』博人も笑って二人を祝福していた。

『拓実、見える?二人とも幸せな顔してるよ。良かったね拓実。』涼子は拓実に死ぬ間際に手渡されたペンダントを開いて、純平と真希の方に見せていた。そのペンダントの中には、拓実の笑った写真が入っていた。

その時、博人の携帯がマナーモードで鳴った。博人はチャペルを出て電話に出た。

『はいもしもし、あっ、お母さん。えっ!わかりました、すぐに行きます!』博人は真剣な表情でそう答えた。

そして一旦、チャペルの中に戻った。

『悪い、俺病院に行かないと。今、玲奈のお母さんから連絡があって・・・』博人は彩香と涼子にそう告げるとチャペルの出口に向かった。

その出口のすぐ側には、このチャペルで式を挙げた夫婦の記念パネルが順番に飾られていた。これも拓実がここを建てる時にデザインしたものだった。その記念パネルの第1号の写真には笑顔で並ぶ博人と玲奈の姿があった・・・

博人は聖北総合病院に着いた。博人は大急ぎで手術室の前に来た。

『お母さん!玲奈は?大丈夫なんですか?』

『もう、入ってからだいぶ時間が経つんだけど・・・』

と、その時。

『オギャー!オギャー!』

それは元気な産声だった。

やがて間もなくして、赤ちゃんと一緒に玲奈が出てきた。

『玲奈!』博人は思わず玲奈の元に駆け寄った。

『博人・・・』玲奈は元気な笑顔を見せた。

『元気な男の子ですよ。』看護師が笑って赤ちゃんを見せてくれた。

博人と玲奈は手をつなぎながら、幸せな顔をして赤ちゃんを見つめていた。

その夜、博人は玲奈の側に付き添い病室にいた。

『ねえ博人、この赤ちゃんの命はきっと拓実さんが私達にくれたものよね?』

『そうだな、俺思うんだよ。きっとこの子は拓実の生まれ変わりだって・・・』

骨髄移植は守秘義務があり、どんな理由があろうともその適合した人の事を知りえる事は許されていない。だが、博人と玲奈はその相手が拓実であるという事に何の疑いも持っていなかった。もし仮に、真実がそうでないとしても、二人にとっては拓実が託してくれた命に変わりはなかったのだから。

『あっ!博人見て!ここの部屋からはキレイな星空が見えるよ。』

『本当だな、キレイだな。』

『あっ!今の流れ星だよ博人!』

『俺も見たよ玲奈。あれは、きっと・・・』

『そうね、きっと・・・』

『きっと、あれは拓実からのお祝いの流れ星だな・・・』

『拓実さんらしい。』

『拓実のやつ、どこまで格好付ければ気が済むんだよ。』

二人の顔には笑顔と希望、そして感謝の気持ちが溢れていた。

今日も都会の空には無数の星たちが、多くの輝きを放っています。その一つ一つの輝きには幾つもの希望や勇気、そして愛情や友情が満ち溢れていて、当たり前のように流れていく日常社会の中で、優しく僕らの生きる道を照らしてくれています。

皆さんの中にもきっとその光を見た方はいますよね。もし、道に迷った時には空を見上げてください。きっと夜明けの流星たちが、あなたの事を優しく照らしてくれるはずですよ。そして、いつの日にかあなたもその流星たちになれる日がくるはずです・・・

                                                                  END

この物語はフィクションであり、登場する人物や場所などは全て架空のもので実在しません。

さあ、いかがでしたか『夜明けの流星たち』?4ヶ月に渡りお送りしてきましたが、全く素人の僕が小説を真似て書いたものなので、いたらない点も多々あったとは思いますが、最後まで飽きずに楽しんでいただけたでしょうか?長い間、本当にありがとうございました。

また、時間があれば別の作品の出筆にも取り組んでみたいと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

も モーゼス(アメリカの元陸上選手で、専門種目は400mハードル。世界記録を樹立したり、100連勝という偉大な記録も打ち立てた。1984年のロス五輪の選手宣誓を行ったのは彼である。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

仲良し信号機☆☆☆

仲良し信号機☆☆☆

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

上の写真は、昨日行ってきた週に一回のミニバレーでのひとコマです。

「仲良し信号機☆☆☆トリオ」です(笑)

Hこ夫妻のお子さんWくと、Mおちゃんのお子さんHとYとの仲良しトリオです。これにWくの弟Yざんも加わって、体育館の中を所狭しと走りまわってました。子供はいつ見ても無邪気でカワイイですね。でも見事に信号機の色とはちょっとしたミラクルです(笑)

仲良し信号機☆☆☆

そうこうしているうちに信号機は弾けちゃいました!このままみんな元気に走っていきました。子供は元気が一番です!!

信号機と言えば、赤は「止まれ」黄色は「注意」青は「進め」で、これは世界共通なんですが、なぜこの3色の組み合わせになってのかご存知ですか?僕も特に考えた事がなかったので、調べてみました。

赤色というのは、ドキドキさせたり、緊張させたりする効果があるらしく、人の目にはそういう本能を映し出す事ができるそうです。

黄色というのは、危険を感じさせる色で、人に注意を促す色だそうです。信号の他にも道路標識や工事現場の表示でよく使われていますよね。

青色というのは、平和で穏やかな感じにさせて、気持ちを落ち着かせ安定させる効果があるそうです。

いつも何気なく目にしている信号機にも、こういった人間の心理を考えた色彩の選択があったんですね。

色と言えば、僕の友達にカラーセラピストがいるので今度お店に行ってみようと思ってます。その時はまたブログでその内容をお伝えしますね(笑)

ちなみに僕の好きな色はです。オレ、ドキドキさせる男?ない、ない(笑)

さて、昨日のミニバレーのメンバーはHこNぶさん、初参加のUおRえAっけAゆNかYみちゃんMどかSっとAっちゃんMおちゃん、そして猫男爵の合計13名と、WくYざんHとYとのちびっ子4人衆です。

昨日も熱いそして楽しいプレーが続出しました。SっとのSTSはさらに磨きがかかり“スーパーSTS”という荒技も見られました。また、Mどかの新サーブ“マドブレワイド”もなかなかのものでした。ただ、“イブラヒモビッチ”並みに舌を噛みそうになる言いずらさが難です(笑)

さあ、いよいよ今週末は恒例のクリスマスパーティーです。参加できる方は、楽しい宴で大いに盛り上がりましょう!また、残念ながら今年は都合で参加できない方も、来年のクリパーで、あるいは別の企画で楽しい時を過ごしましょうね。

今年のミニバレーも残すところ、たぶん来週(12月18日)が最後かな?来れそうな方はぜひ2007年の締めくくりに参加してください!待ってまーす。

P.S. あっちさん!やりましたよ!今年の漢字は僕とあっちさんが一票入れた「偽」になりましたよ!何か言葉じたいは嬉しくない字ですが、当たるとなんか嬉しいですね。また来年(2008年の漢字)も、当てちゃいますか(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

み 宮本和知(みやもとかずとも。読売巨人軍で投手を務めた元プロ野球選手。実働期間は短かったが、その明るいキャラクターと左腕不足で困っていた巨人軍には非常に貴重な存在だった。引退後も解説者やキャスターとして大活躍している。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

Snow Love ~冬の恋物語~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、12月も中盤へと差し掛かりクリスマスが目前に迫ってきましたね。年の暮れも徐々に押し迫り、何となく慌ただしく、そして何となくウキウキ気分になるそんな今日この頃ではないでしょうか。

そんな今日は月イチ恒例のポエムの日です。

今日お送りする2作品は、そんな冬のロマンチックな雰囲気にぴったりの2作品です。どうぞお楽しみください!

まず一つ目の作品ですが、これは僕が25歳くらいの12月の今頃に飲み会があり、待ち合わせの場所で友人たちを待っている時に作った詩です。

『秘密のX’mas』

聖なる夜に雪が降り 胸の十字架を抱きしめて

あなたは私のもとへやってくる

降り積もる雪に足跡が 二人の愛コトバ語るように

ただこの瞬間だけは秘密のX’mas

街頭では真っ赤なサンタが踊ってる

帽子を被った子供たちも 手を擦り歩くサラリーマンも

笑いながら手を叩く

憧れていた夢を叶えて ポケットに詰め込んだ誓い

握りしめて走り出そう 小さな粉雪をかきわけて

聖なる夜に天使が降り 愛の十字架を渡されて

私はあなたのもとへ走っていく

吹きすさぶ冷たい風が 二人の愛凍らせる前に

あなたの手を握る秘密のX’mas

街角では悲しくサンタが泣いている

彼氏を待っている女の子たちも 髪を気にして通るOLも

迷いながらため息をつく

ただ逃げていた道程だから 美しいこの日とともに

変えて過ごしてみたい クリスマスの夜に秘密で

続いての作品は、僕が作詞・作曲した作品で友人に編曲してもらい実際にギターを演奏してもらい、二人で路上ライブを1回して見るか?というところまでいった、僕の中では名曲中の名曲です。

『I LOVE YOU』

少し小さめのベッドの上で

優しい笑み浮かべ眠るお前がいる

たくましくもある安らぎの中で 

今俺たちは暮らしているんだ

悲しい時にはいつもそばにいて 

くだらないジョークでお前を笑わせる

誓い合った「愛」という輪の中で 

今俺たちは生きているんだ

I LOVE YOU もう離さない

雨が降る夜も 風が吹く夜も 

どんなに泣きたい夜も 永遠に

人混みに溢れてる改札口の前で 

お帰りなさいと待っているお前がいる

知らぬ間に過ぎゆく季節の中で 

いつも横にはお前がいるんだ

広い公園の散歩道の途中で 

つないで手を離し口づけしている

沈んだ夕陽の次に見上げた夜空には 

二人を優しく照らす「星」がひとつ

I LOVE YOU 今伝えたい

雨が降る夜も 風が吹く夜も 

どんなに泣きたい夜も 愛していると

いかがでしたか今月のポエムは?また来月をお楽しみに。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

お 緒方恵美(おがたえみ。女性声優や歌手として活躍している。歌手の時は『em:ou』(エムオゥ)と名乗っている。元々はミュージカル出身である。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

巨人軍再建論!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

1974年夏、僕はこの世に生を受けました。その数ヵ月後、日本プロ野球界ではある一人の偉大な人物がユニホームを脱ぎました・・・そうですミスターこと長嶋茂雄さんです。

彼が引退セレモニーで発した一言、『我が巨人軍は永久に不滅です!』

その言葉は野球を知らない多くの人でも、今もなお広く知れ渡っている事と思います。僕は当然のことながらそのシーンをテレビ番組の過去の映像でしか拝見できませんでしたが、気がつけば物心付いた頃から大の巨人ファンでした。

小さい頃の写真を見ると、いつもそこには巨人の野球帽を被った僕がいて、選手のユニホームやシャツ、パンツまで王選手の背番号1が入ったパンツをはいてました。

そして、原、江川、西本、中畑、篠塚などが活躍した子供時代、さらには桑田、斉藤、槙原の三本柱や僕と同い年の松井が活躍した10代後半から20代、そして上原、高橋由伸、阿部などが活躍する現在と、僕は常にジャイアンツ愛を持ち、熱い声援を送ってきました。

その愛する巨人軍が今、岐路に立たされています・・・今年こそリーグ制覇はしたものの、残念ながら日本シリーズには進出できず、念願の日本一奪回とはいきませんでした。しかし、巨人軍を愛するがゆえにあえて苦言を呈しますが、その結果は当然と言えば当然なのです。なぜなら今の巨人軍には、僕が子供の頃から愛していた巨人軍の姿が無いからです・・・

今日のブログはいつもに増して少しコアな話しになりますので、野球にあまり興味に無い方は少々我慢してくださね(笑)

そこで僕は『巨人軍再建7ヶ条』なるものをここに提言してみたいと思います。

一、キャンプは徹底的に自分に厳しくするべし!

プロ野球のキャンプは例年2月1日にキャンプインします。当然その前に選手は各自、自主トレなるものを行い、ある程度体を作ってからキャンプに参加するわけなんですが、ここで問題となるのがこのキャンプの内容です。あえて厳しい意見を言いますが、練習内容が甘すぎる!プロなんですから、野球で飯を食ってるんですから、朝から晩まで立てなくなるくらいまで練習するべきです。『それでケガをしたらもともこうもない』という意見もあるとは思いますが、厳しい練習に耐えてこそシーズン中にケガをしない体を作ることができると僕は思います。キャンプでケガをする選手は所詮それまでの選手です。ですから、ぜひとも第1次長嶋政権の時に行った、地獄の伊東キャンプのようなハードなキャンプを僕は望みます。あえて厳しい事を言わせてもらいましたが、これは本当に巨人を愛しているからこそです。

一、若手を積極的に起用し、FAやトレードでの選手補強は封印するべし!

これは多くのプロ野球ファンが思っている事だと思いますが、『巨人はお金ばかり使って良い選手を集めすぎだ!つまらない!』というごもっともな意見です。しかし、僕は他から選手が来る事じたいについては特に批判はしません。来る選手が、いくらお金を積まれても強い意思があれば巨人を断ればいいんです。それでも巨人にこれだけ選手が集まるのは、やはり『野球人である以上一度は巨人のユニホームを着たい』からだと思います。ですから、そんな巨人愛を持つ選手を拒む理由はありません。ただ、その弊害で若手の起用が無くなる事が僕は許せないのです!他球団から移籍してくる選手の選手生命というのはある程度先が見えています。しかし、若手というのは未来のチームを支える屋台骨になっていく人材です。そんな宝の山を眠らせたくはないのです。ですから、ある程度の若手が育つまではFAやトレードは封印すべきだと思います。常に勝つことが義務づけられている巨人軍ではなかなか難しい問題なのかもしれませんが・・・

一、外国人選手に頼らない純和製軍団を結成するべし!

本来のプロ野球では外国人=助っ人という考えが通例だったような気がします。それが、時の流れにより外国人選手がチームの顔となるような構成になりがちなのが現代野球です。日本のプロ野球なんですから、チームの骨格は日本人であるべきです。そしてある程度の骨組みが出来上がって、チームとしての方向性が見えた上で、助っ人という意味で外国人を入れるべきではないかと僕の中では持論があります。ですから、今の巨人軍に外国人は必要ありません!純和製軍団である程度のチームの骨格を作るべきだと思います。

一、4番打者は生え抜き選手にするべし!

「巨人の4番」これは一昔前であれば「日本の4番」と言っても過言ではありませんでした。長嶋、王が確立したその聖域は一種特別なものがあり、その強烈な重圧に幾人の選手が潰されていきました・・・しかし、長嶋、王の後継者となった原は、その中でも382本の本塁打を放ち、10年以上もその大役をまっとうしましたし、その後は松井秀喜がヤンキースに行く2002年まで立派に巨人の4番を守り抜きました。『巨人の4番は実際そこに座ったものしかわからない特別な重圧がある』と言われます。ですからこそ、僕は生え抜きの日本人選手にこの聖域を守って欲しいんです。今の巨人軍でそれをできるのは高橋由伸しかいないと僕は思います。

一、先発投手陣は完投にこだわるべし!

投手の理想、それは先発完投です!僕も朝野球で投手を務めているのでよくわかりますが、自分が最初にあがったマウンドは最後まで自分で守りたいという気持ちになるものです。阪神のJFKなどに代表されるように、現代野球にクローザーというのは欠かせない存在になってしまいました。しかし、僕は基本的には先発投手には完投にこだわって欲しいんです。それが必ずピッチングに対するモチベーションの向上につながると思うので。昔の好投手と言われた選手はほとんど完投していたわけなんですから。

一、右の長距離打者の育成を緊急にするべし!

現在の巨人打線の中心選手はほとんどが左打者です。高橋、阿部、小笠原など・・・右の中心選手は二岡ぐらいなものです。ですから、将来の巨人打線を考える意味でも若い右の長距離バッターの育成になるべく急いで取り組んでもらいたいです。

一、ナベツネを完全排除するべし!

渡辺恒雄、通称ナベツネ。野球を知らない人でもこの名前を一度は耳にしたことはあることでしょう・・・現在も読売グループ本社代表取締役会長、読売巨人軍代表取締役会長という肩書きを持ち、「球界のドン」として君臨しています。僕が思うに、巨人の元凶はこの人物にあり、彼が動けば動くほど巨人の人気は低迷し、そしてチームも弱くなってしまうのです。一線からは距離を置いているとはいえ、裏で糸をひいている事は紛れのない事で、巨人の再建には彼を完全に排除することが必要不可欠だと僕はここに断言します!

こうして掲げた『巨人軍再建7ヶ条』をもとに、僕なりに来季の開幕予想オーダーを少し気が早いですか作ってみましたので、これをご覧になって今日はお別れしたいと思います。

野球にあまり興味に無い方は、今日はつまらない話で大変申し訳ありませんでした。また、巨人ファンの方には納得されてうなずいてくれた方、また異論のある方もいらっしゃるとは思いますが、これは僕の勝手な持論でして、巨人が好きでもっともっと強くなって欲しいがゆえに今日はあえて苦言を言わさせてもらいましたので何とぞご勘弁を・・・これからも巨人愛を持って応援していきましょう!

1番 セカンド 藤村(今年の高校生ドラフト1位、足の速さだけなら既に日本球界一!)

2番 ショート 坂本(今年がルーキーだった19歳の大型若手内野手!)

3番 ファースト 小笠原(推しも推されぬサムライ魂健在!)

4番 ライト 高橋由伸(巨人の4番は巨人の顔、4番は彼しかいません!)

5番 サード 二岡(ミスター右中間。サードに転向して、打撃に専念してほしい!)

6番 キャッチャー 阿部(日本代表の正捕手。その破壊力ある打撃も欠かせない!)

7番 センター 矢野(右の中距離砲として今年こそは大ブレークを!)

8番 レフト 田中(東海大相模高出身の左打ちの19歳。将来は巨人打線の核になれ!)

<代打陣>

谷、清水、大道、鈴木(尚)、木村(拓)、脇谷

<投手陣>

先発 上原、高橋(尚)、内海、木佐貫、金刃

中継ぎ 林、久保、福田、野間口、深田

抑え 西村、辻内

ガンバレ!!ジャイアンツ!!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

と 土佐英夫(とさひでお。高校野球の元解説者であり、現在は関西大学野球部監督を務めている。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

今年の漢字は?

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、毎年12月12日に年中行事として、日本を代表するお寺清水寺で今年一年の世相を現す漢字一文字を発表し、それを実際に筆で書き奉納するという儀式が行われています。

これは、財団法人日本漢字能力検定協会が年末に全国から公募して1位となったものを「今年の漢字」として決定しているものです。

この行事は一年を振り返りながら、漢字一字に込められた奥深い意味と日本文化への認識を深めるという主旨があります。実に素晴らしい行事ですよね。日本の伝統や文化を行事をいかして次の世代に伝える、誠に意味のある事だと思います。

それでは昨年の漢字が何だったか皆さんは憶えてますか?2006年、昨年の漢字は『命』でした。昨年は、悠仁親王のご誕生で日本中が祝福ムードに包まれた一方で、いじめによる子供の自殺、虐待、飲酒運転による事故など、痛ましい事件が多発しました。たったひとつしかない「命」の重み、その大切さを痛感した年ではなかったでしょうか・・・

ちなみに過去5年の漢字を振り返ると、2005年は『愛』、2004年は『災』、2003年は『虎』、2002年は『帰』、2001年は『戦』でした。

それでは今年の漢字はいったい何になるのでしょうね?皆さんはどう思いますか?僕的にはあまり良い漢字ではないですが、『謝』あるいは『偽』あたりを選びますね・・・今年一年は政治家、あるいはスポーツ選手、それもある程度トップに立つ人間の『謝』の場面が多かったのではないでしょうか・・・その謝り方も足りない部分はかなりありますが。

そして、食の安全が崩壊した年でもなかったでしょうか・・・有名な老舗や大手の食品メーカーによる「偽装問題」が数多く明るみになり、消費者の怒りをかった一年ではなかったでしょうか?

皆さんならどんな漢字をお選びになりますか?12日までに予想してみるというのもいいかもしれませんよ。12日のニュースであなたの選んだ漢字がもしかしたら、テレビに出ているかもしれませんよ。

ちなみに僕個人の今年一年を振り返ると『変』でしたね。これは変なやつとか、変態とかそういう意味ではないですよ(笑)まあ、ある意味僕は変わった人間なのかもしれませんが(笑) 

そうでなくて、自分なりに何かが変わった一年かな・・・と思います。それは言葉では表現しずらいものがありますが、自分の心の中で何かが変わりました。あとは、このブログに出会えた事、これも『変』の中のひとつです。このブログのお蔭で、今まで心に秘めていた事や、伝えなければならない事などを外に出せることができました。本当にいつもこのブログを楽しみに見ていてくれる皆さんに感謝します。ありがとうございます!

皆さんにとって今年一年は漢字一文字で言うと何でしたか?もし宜しければ教えてくださいね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

る ルメット(アメリカ合衆国の映画監督。元々は俳優をしていたが、演出家に転向し売れっ子演出家となる。5年間で約500本の作品を演出したこともある。代表作には『十二人の怒れる男』などがあり、83歳になった今もメガホンを取っている。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

徒歩15秒の本屋さん

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、皆さんは小さい頃に本屋さんによく行きましたか?もちろん今も行ってても何の問題もないのですが(笑)

僕は小さい頃から本が大好きでよく行ってました。とは言っても、子供ですから買う本はほとんどが漫画でした。

その本屋さんは、僕の家から徒歩で15秒。全速力で走れば5秒で着きます。ようするに目と鼻の先に本屋さんはあったのです。

まだ小学校にあがる前ぐらいは、親に連れられて仮面ライダーの本や、科学戦隊ものの本を買ってもらった記憶があります。その本屋さんに入ると、凄く良い匂いがして、その匂いが何なのかはいまだにわかりませんが、いつもその本屋さんに行くのが楽しみで仕方ありませんでした。

小学生になると、自分一人でも本を買えるようになったので、お金だけを貰ってその本屋さんに行きました(小学一年生とかを買ってました)。でも、だんだん僕もわがままになり、親におねだりする回数が増えてくると、親もそう簡単には買ってくれなくなりました。そこで、僕は知恵を働かせ、大好きなばあちゃんにおねだりしました。ばあちゃんは『今日だけだよ。』と言いながらも、いつも買ってくれました。

そして小学校高学年くらいになると、読む本も変わり『週刊少年ジャンプ』が僕の愛読書になってきました。この頃になると、親から僅かながらお小遣いを貰えるようになったので、その中から毎週『週刊少年ジャンプ』を買うようになりました。

この頃の週ジャンには『北斗の拳』『キャプテン翼』、さらには『シティー・ハンター』『気まぐれオレンジロード』『ハイスクール!奇面組』『キン肉マン』『ドラゴンボール』と当時の人気アニメが大集合していたので、本当に毎週読むのが楽しみでした。ちなみに個人的には、『ろくでなしBLUES』とか『ついでにとんちんかん』というアニメが好きでした。

そして、この週ジャンの楽しみが僕にはもう一つあり、本の最後の方にある「ジャンプ放送局」という読者が参加できるコーナーです。毎週様々な“お題”に対して読者が投稿して、各ポイントをGETして年間王者を決定するというものなんですが、実は僕も何度か投稿した事があります。でも一度も載ることはありませんでしたけどね・・・

こうして愛読していた週ジャンも、いつの間にか高校生ぐらいになると買うのをやめてしまいました。僕も大人になっていったんですね。買う本も大人の本?になっていったのかな(笑)

そんな僕の家から15秒のところにある本屋さんも、今では様変わりしてしまい、本は一応売ってはいるのですが、薬局になってしまいました。薬局なのに、本も文房具も売っているんですよ。便利じゃないですか?今ではすっかり、本を買う用事よりも薬を買いに行くことが多くなっちゃいましたけどね(笑)

でも、その本屋さんが今でも変わらない事が一つだけあります。それはあの“良い匂い”です。あの匂いだけは僕がガキっだった頃からずっと変わってません。お店に入ってあの匂いを嗅ぐと、小さかった頃の懐かしい思い出がいつも僕の脳裏をかすめます。

当時は、まだ若かったお店のおじさんの髪には少し白いものもチラホラしてきましたが、店に入るといつも変わらずおじさんが笑顔で『いらっしゃい!』という声だけが、20年以上経った今でも同じ事に、僕はいつも何とくなく心が落ち着きます

家から15秒、そして良い匂い、優しいおじさんの笑顔、僕にとっては最高の本屋さんです!

皆さんには、思い出の本屋さんとかはありますか?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

て テル(ロバート・デ・ニーロの顔マネを得意とするものまねタレント。)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年12月 7日 (金)

夜明けの流星たち(第19話)

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、からお送りしてきた連続ブログ小説「ヨアリュウ」も、とうとう大詰めを迎えました。気がつけば季節はを通り越しになってしまいましたね。皆さんが、飽きずに見ていてくれているのか少し不安を抱えつつも、今日は第19話をお送りしたいと思います。

遂に博人は玲奈が白血病であることを知ってしまう。絶望の中で、博人は玲奈の生きる支えになることを改めて決意する。そして玲奈にとっては博人の存在だけが、生きる望みになっていた・・・そんな中、二人はほんの少しの時間だけ面会が許され「涙のキス」を交わしたのであった・・・それでは続きをお楽しみください!

『夜明けの流星たち』  脚本・演出:猫男爵

☆Story19☆ 『未来のために』

博人玲奈聖北総合病院に運ばれてから一週間が経とうとしていた。博人は傷も癒え、今日が退院の日であった。玲奈も状態は安定し、治療に専念していた。

博人は眠っている玲奈の顔を見て病室から出てきたところだった。

『お母さん、玲奈はぐっすり眠ってました。今日は少し症状が落ち着いているみたいです。僕は今日は家に帰って、明日から仕事に出る事にしますけど、またすぐに会いにきますから。お母さんもあまり無理しないでくださいね。』博人は少し疲れが溜まっている真知子に優しく声をかけた。

『博人さん、本当にありがとうね。毎日あなたの顔を見れたことで、玲奈がどれだけ勇気を持てたことか。玲奈が今落ち着いて、病気と闘っていられるのもあなたのお蔭よ。』真知子は博人に心から御礼を言った。

『そんなことないですよお母さん。玲奈は自分自身の力で病気に勝とうとしているんです。』博人は少しうつむきながら話した。

そこへ二階堂が二人の前に姿を現した。

『鈴木さん、それから川嶋さんも、玲奈さんの気力を信じましょう。きっと病魔に勝ってくれますよ彼女なら。こんなに心強い味方がいるんだから。』そう話す二階堂の目が少しだけ潤んでいた。

『先生!お願いします!玲奈を、助けてやってください。お願いします!』博人は深々と頭を下げた。

『できるだけの事は全力でします。』二階堂は唇を強く噛み締めた。

その頃、拓実涼子の働く花屋の近くのカフェで涼子と話しこんでいた。

『博人さん、今どんな気持ちなのかしら・・・自分の愛する人を助けたくてもどうすることもできないなんて。玲奈ちゃんがそんな病魔にかかるなんて・・・』拓実から玲奈の事を聞かされて、涼子もかなり落ち込んでいた。

『愛する人を目の前にして、何もできないもどかしさって地獄だよ。自分を責めて、未来が信じられなくなって、生きている意味さえわからなくなる。でも、そんな気持ちを変えなきゃ、未来を信じなきゃ、そこからは脱出できないんだ。愛する人を救うためには、どんなに辛くても信じなきゃ!未来のために・・・』拓実は自分の涼子に対する思いとだぶらせるように、思わず熱く話した。

『桜木君、どうしたの?まるで自分の事みたいに・・・』涼子が不思議そうに尋ねた。

『いや、きっとそうなんじゃないかなって。前に、俺の友達でそんな事を言っていた奴がいたからさ。』拓実は笑いながらごまかした。

涼子は不思議そうな顔をしながら拓実を見ていた。

博人は自分のアパートの前に重い足取りで辿り着いた。

『博人君、お帰り。』美里が店から出てきて声をかけてきた。

『美里さん・・・俺・・・』

『お友達から話は聞いているわ。辛かったね、よく耐えたね。』

そう言葉をかける美里の顔を見ていると、博人はもう涙が止まらなかった。

『美里さん!』思わず博人は我を忘れて美里の胸で泣き崩れてしまった。

『大丈夫よ、きっと玲奈ちゃんは戻ってくる。絶対に博人君のもとに帰ってくるよ。』美里も溢れ出しそうな感情を抑えながら、必死に泣き崩れる博人をなぐさめていた。

翌朝、博人の勤める会社では部長の大木と後輩のが打ち合わせをしていた。

『山崎、さっきのコストを10%ダウンさせて、別の資材にまわしてみろ。その方が一番懸命な策だ!』

『わかりました。それでやってみます。』

そこへ博人が姿を現した。

『先輩!もう大丈夫なんですか?』博人に真っ先に声をかけたのは稔だった。

『ああ、もう大丈夫だ。心配かけて悪かったな稔。』博人は少し微笑みながら稔に話した。

『部長、この度は大変ご迷惑をかけました。俺のせいで大事なNSEとの契約を破棄にしてしまって・・・本当に申し訳ございませんでした。』博人は大木に深々と頭を下げた。

『川嶋、もうケガの方は大丈夫なのか?無理するな、体は大事にしないとダメだぞ。しっかり治してからでもいいんだぞ仕事は。』大木は優しく博人に話しかけた。

『ありがとうございます部長・・・実は、これを・・・』そう言うと博人は「退職願」と書かれた紙を大木の前に出した。

『何だ川嶋、これは何の真似だ?』

『今回のミスは重大なミスです。会社に対し膨大な損害を俺はもたらしてしまいました・・・これは自分なりに考えた責任の取り方です。部長、これで済む事ではないのはわかっていますが、お願いします、受け取ってください。』博人は深々とまた頭を下げた。

『先輩・・・』稔は心配そうに呟いた。

『川嶋、頭を上げろ、これは受け取れない。』

『部長、どうしてですか?俺がした事は・・・』

『川嶋、お前がいつ会社に損害を与えたって?損害を与えるどころかお前は大きな業績を上げたじゃないか。なあ、そうだろ山崎?』大木はそう言うと稔の顔を見た。

『業績?』博人は不思議そうな顔をして稔を見た。

『先輩、NSEとの契約は成立したんですよ!』稔は笑って博人に話した。

『えっ?それは本当の話なのか稔!』

『本当だ川嶋!一時はどうなることかと思ったよ。俺も必死に頭を下げに行ったが、どうもこうも埒があかなくてな、もう半分諦めていたんだ。そんな矢先に、先方から連絡があってな、契約をもう一度正式にお願いしたいと言うんだ。聞けば、「川嶋」という男が毎日入院先の病院から電話で謝罪して、何とか契約をお願いしたいと必要に訴えかけてくるというじゃないか。その熱意に負けて、正式に契約を取り交わしたいと言うんだよ。』大木がその経緯を話した。

『先輩、この一週間毎日病院からそんな事をしていたんですね。やっぱり先輩はこの会社にとって必要な人です。俺、先輩についてきて本当に良かったです。』稔は本当に心から嬉しそうな表情で言った。

『部長、俺・・・』

『もういい、何も言うな川嶋。まだまだお前にはこの会社を引っ張って行って貰わないといけないんだ。こんな紙くずは必要ない、いいな。』そう言うと、笑みを浮かべ大木は博人が出した退職願を破り捨てた。

『部長・・・ありがとうございます。』博人は精一杯のかすれた声で小さく頭を下げた。

『さあ、みんな今日も一日気合入れて頑張るぞ!』大木はそう言うと部屋を出て行った。

博人にはその大木の背中がいつも以上に大きく、そして優しい背中に見えて仕方なかった。

その頃、仕事が休みだった涼子は部屋で掃除をしていた。

『よし、これでここはOKと。そうだ!ついでに純平の部屋も掃除するか。あいつは散らかしっ放しだからな。うわっ、何この汚さ!これは大仕事だわ。あれ?これは何かしら?昔の写真ね・・・』

涼子は純平の部屋を掃除しながら見つけた昔の写真を見ていた。

『純平ったらまだ小さい、中学生くらいかしら?私もまだ若いのね。こんな時期もあったんだよね。うん?この男の人は、桜木君?何でここに桜木君が・・・』

涼子は自分の目を疑った。しかし、日付は涼子が震災の被害に遭い記憶を失う前の日付、どうして出会う前の拓実が自分と一緒の写真に写っているのか、涼子は遂に開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったのだ・・・

涼子は走った。今までの事を少しずつ思い出しながら、拓実が自分に優しくしてれる姿、いつも側で笑ってくれていた事、でも何故出会ってるわけがないはずの二人が一緒の写真に写っているのか・・・拓実は本当はずっと前から自分の事を知っていて、何かを隠していたのか・・・様々な事が頭の中を駆け巡りながら必死に走っていた。拓実に真相を確かめるために・・・

そして涼子は拓実の会社に到着した。

『すいません、桜木君はいますか?』涼子は息をきらしながらも事務の岡崎カオリに尋ねた。

『桜木さんは今日は現場ですけど、どちら様ですか?』カオリは涼子に尋ねた。

『橘というものですが、どうしても急用で会って話がしたいんです。その現場を教えてもらえないですか?』涼子は必死にカオリに言った。

『わかりました。』そう言うとカオリは涼子に現場の場所を記したメモを手渡した。

『ありがとうございます。』涼子は御礼を言うとすぐにまた走り出していった。

聖北総合病院では玲奈が必死に病気と闘っていた。真知子が今日も側に付き添っていた。

『玲奈、大丈夫?無理しないで横になってなさい。』

『うん、大丈夫よ。それよりお母さん、私が眠っている間にもし博人が来たら、これを渡しておいて。汚いけど絵を描いたの。ここから見える「夜空」と「流れ星」。実際は見た事ないんだけど、博人と海に行った時に見た流れ星を思い出して描いたの。きっといつかまた二人で見れますようにって願いをこめてね。』玲奈は満面の笑みを浮かべながら真知子にそう話しかけた。

真知子はそんな玲奈の顔を見るのがとても辛かった。

玲奈は自分の死期を感じとったかのように、優しいそして穏やかな表情を浮かべていた。博人の願い、玲奈の願い、それはもう一度二人で同じ夜空に輝く流れ星を見ることだった・・・都会の夜空はそんな二人の願いを受け入れてくれるのか・・・そして、一方で涼子は開けてはいけない「パンドラの箱」を開けてしまった。拓実と涼子に間にせまる過去と現在の真実は・・・様々な思いが様々な人の胸の中で揺れ動き、何かが起きようとしていた。そして、そこに起きようとしている現実からは誰も逃げることはできないのであった。すべては「未来のために」・・・  To be continue

いかがでしたか第19話は?いよいよ次回は「夜明けの流星たち」最終回です!博人と玲奈の運命はどうなるのか?そして涼子と拓実の前に現れた過去の扉は、開かれるのか?感動のクライマックスは、90分拡大版(ドラマ風で言うと)でお送りしたいと思います!涙腺の弱い方は、ハンカチをご用意してくださいね。それでは最終回を乞うご期待!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

こ コンテ(元イタリア代表のサッカー選手。ポジションはMF。1990年代のユベントスを引っ張ったチームのリーダーだった。代表としても1994年のアメリカW杯の準優勝メンバーである。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

略してみたらどんなカンジ?

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、現代の日本語は何かと略された言葉が日常生活のまわりで溢れかえっていますよね。例えたらキリがないので、あえてここではその例をあげませんが、日本人はそう言う時代の流行に流されやすい人種なのかもしれませんね。

そこで今日とりあげるのが、人の名前の略名です。これは、ともなればニックネームにもなり非常に親しみやすくなるという長所があるのではないかと僕は自分なりに推測します。

一番わかりやすい例えが芸能人です。

その中でも日本中でこの略名で呼んでも通じるのが彼ではないでしょうか?「キムタク」!そうですSMAPの木村拓哉です。「キムタク」=木村拓哉、このことは老若男女みんなが何の疑問も感じないでしょう。

しかし、この略名は誰でも良い名前になるか?というと意外とそうでもありません。同じSMAPのメンバーで試してみると、中居正広はナカマサ、草なぎ剛はクサツヨ、稲垣吾郎はイナゴロ、香取慎吾はカトシンです。かろうじてカトシンがセーフかな~と思うくらいで、他のメンバーはとても呼んでみたくなるような略名にはなりません・・・実際、略名で呼ばれているのはキムタクだけですし。

このように、無数にある人の名前でも略して良い感じになる名前と、そうではない名前に分けられます。

いかなる美男美女の俳優、女優でも名前を略すと変になっちゃいます。例えば、松嶋菜々子(マツナナ)、竹内結子(タケユウ)、伊東美咲(イトミサ)、福山雅治(フクマサ)、藤木直人(フジナオ)、妻夫木聡(ツマサト)などなど・・・

しかし、見事にマッチする人も当然います。豊川悦司(トヨエツ)、松本潤(マツジュン)、オダギリジョー(オダジョー)、長谷川京子(ハセキョー)、佐藤江梨子(サトエリ)などです。

そして、この略名に一番合う法則があります!それは最後が「ン」で終わるという法則です。志村けん(シムケン)、堀内健(ホリケン)、松平健(マツケン)、前田健(マエケン)、たむらけんじ(タムケン)など・・・実にハマってます(笑)

皆さんのまわりにも略した名前が似合うお友達はいますか?もしくはあなた本人がそうだったり?試しに自分の名前を略して、良いカンジになるか声に出してみてはいかがですか?ちなみに僕の名前は×です(笑)

でも、大事なのは人の名前なので安易に略さない事ですよね。本人が気に入ればそれは愛称として喜んでくれるかもしれませんが、無理に略さない事です。親からもらった大切な名前です。きちんとその名前を呼んでもらうほうが、嬉しいのは当然と言えば当然ですよね。

結局、僕は今日何が言いたかったんだろ・・・(笑) よくわからなくなってきちゃいましたが、一番略名が似合うのは「キムタク」だと言うことかな(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

ふ 笛木優子(ふえきゆうこ。オスカー事務所所属の女優。もともと日本で女優としてデビューしたが、2001年に韓国に渡り韓国名のユミンという名前で女優としてテレビや映画で活躍する。韓国の人は彼女のことを本当の韓国人だと思っていた人もいたほどだった。2006年に日本に戻り、日本での女優業を再開し、今も数々のドラマに出演している。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

魔のトライアングル・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて皆さん、今そばに世界地図や地球儀がある方はぜひ手元に持ってきてください。

地理が得意な方でしたらすぐにお気づきかと思いますが、大西洋に目を向けてください。そしてアメリカ南東部のフロリダ半島の先端と、西インド諸島にあるプエルトリコ、そして大西洋上にあるバミューダ諸島、この3点を結ぶと一つの三角形ができますよね。

実はこの三角形をバミューダトライアングルと言います。この三角形の海域、実はただの海域ではないのです!昔からこのトライングルの中では、船や飛行機それに乗っていたはずの乗客や乗務員が消えてしまうという怪奇現象が起こることで有名な海域なんです。

僕は子供の頃から社会科が大好きで、特に地理に関しては人一倍関心があったので、この手の話にはものすごく興味がありました。

今日12月5日というのは、実は「バミューダトライアングルの日」なんです。今から62年前の1945年12月5日にこの海域でアメリカ軍機が突然消息を絶った事からこの日が制定されたそうです。

では、実際にこの科学の発達した時代にそんな怪奇現象などが起きるのか?という最大の難問について検証してみましょう。

この怪奇現象には幾つかの仮説が様々な研究者によってたてられています。

①ブラックホール説  バミューダ海域には宇宙で見られるようなブラックホール的なものが存在し、そこに飲み込まれると二度と戻ってこれなくなるという説です。確かに船や飛行機の残骸などが見つからないという点では、その可能性がゼロとは言い切れない説です。しかし、現代の科学で証明できるような証拠はいまだ存在しません。

②宇宙人説  宇宙人がUFOを使い、航空機や船舶ごとさらっていくと説ですが、これは一時のUFOブームに便乗した事で盛んに取りだたされただけで、どうもうさんくさいです・・・

③メタンハイドレート説  これは科学者により唱えられた説で、船舶及び航空機は科学的な現象により沈没及び墜落したという説です。船舶のケースは、海域に大量のメタンが瞬時に発生し、それにより船が浮力を失い沈没するというもの。航空機のケースは、エンジンが大量のメタンを吸い込み酸欠により不完全燃焼を起こし、揚力を失い墜落するとうものです。

この③の説はかなり説得力がありそうですが、実はこの説にも矛盾がありまして、この説でいけば沈没や墜落したあとに残骸及び死体などが残るはずですが、それが現実的には無いこと、それにこのメタンハイドレートという現象は世界中のどの海域でも存在しているので、バミューダだけに集中して起きることは無いという事です・・・

この3つの説とは全く違う観点で、④タイムスリップ説というのもあります。何らかの科学的な作用が働き、時空を超えて全く違う世界に瞬間移動してしまうという説です。ちょっと現実的には考えられないようにも思えますが、この説だと残骸が残らないという説明がつきます。

消息不明になった船舶や航空機の残骸などが確認できさえすれば、それはただたんにハリケーンなどの悪天候による操縦ミスや、荒れた海原での遭難事故で解決するはずなんですが、消えたものが消えたままというのだから、本当に科学では立証しがたいものがあります・・・

いずれにしても、このバミューダトライングルに関する謎は未解決のままです・・・世界一周旅行に憧れる僕ですが、ここだけはやっぱり行く勇気はないのでパスしたいですね。

今日はバミューダトライアングルの日ということで、魔のトライアングルと呼ばれる不思議な海域についてお話させていただきました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

そ(ぞ) ゾフ(元イタリア代表のサッカー選手。ポジションはGKで「氷のゴールキーパー」の異名を持つ。セリエAのユベントス所属時には1143分間連続無失点という偉大な記録を樹立した。1982年に40歳でイタリア代表の正GKと主将を務めW杯優勝に導いた。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

☆聖なる輝き☆

☆聖なる輝き☆

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、今年もこの季節がやってきました。一年の中で一番、街もそして人の心も少しだけ華やかに彩られる季節クリスマスの季節です。

僕は基本的に冬が嫌いなんですが、このクリスマスだけは小さい頃から何だか気持ちがウキウキしてきます。何でですかね?

そして今、僕の部屋でもクリスマスツリーが色鮮やかにその輝きを放っています。見ていて凄く心が和みます。

☆聖なる輝き☆

皆さんの家でも、既にツリーが飾られている事でしょう。小さいお子さんがいれば、とっても喜んでいるでしょうね。

きっと、サンタさんも今頃から少しずつクリスマスに向けて準備が始まっているのかな?

クリスマスまであと20日間くらいですが、この“聖なる輝き”を今年も存分に楽しみたいと思う猫男爵でした。

さて、今日は週に一度のミニバレーの日でした。今日のメンバーはSんでぃFいさんHこRょう君NかRえAっけTっかSっとAっちゃん、そして初参加のMおちゃん、そして猫男爵の合計12名です。WくYざんの仲良しブラザーズと、Mおちゃんの2人の息子さんも遊びにきてくれました。

今日は久しぶりに3チームでミニバレーが出来てとても楽しかったです。インフルエンザが各地で猛威をふるっているようなので、手洗いうがいなどの予防をしっかりしてインフルエンザにかからないように気をつけましょうね。

2007年のミニバレーも残す所あと数回です!師走で皆さん何かと忙しいとは思いますが、一緒に楽しく汗を流して2007年を締めくくりましょう!

『終わり良ければ全て良し!』です(笑)

P.S. ミニバレーに向かう途中の道で犬面雪(いぬめんせつ)に驚かされました。道路ぎわの歩道から白い犬が身を乗り出しているので、思わず『危ない!』と思い、ブレーキを踏みましたが、犬そっくりの形をした雪のかたまりでした(笑)皆さんも犬面雪には気をつけてくださいね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

ろ ロワゾー(フランスの料理人。料理からバターやクリーム、オイルなどを排除し、肉などの焼き汁を水でデグラセしてソースを作った彼の料理を、キュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)と呼んだ。そして独力で、三ツ星を獲得するまでに至ったが、2003年に自殺によりこの世を去った。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

嗚呼、素晴らしきかな「野球」!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

昨日、そして今日と久々に心の底から魂が燃え上がっています!!

心臓の高鳴り、鳥肌が立つほどの身震え、そして胃が痛くなるほどの緊張感・・・

どれもこれも今はそれが感動に変わり、その余韻にまだ僕は少し感極まっています!

日の丸を背負った24人の戦士たちの戦う姿を目にして、ついつい僕の頬を熱いものがつたっていきました(泣)

先週末から始まった2008年北京五輪野球アジア最終予選、日本野球界にとって絶対使命とも位置づけられる五輪出場、それが今現実のものとなりました。

昨今の日本野球界はスター選手の大リーグへの流失などにおける人気低迷で、大きな岐路にたたされていました。僕も日本野球の将来を心配していた一人なんですが、『日本の野球の将来は大丈夫だ!』という事が今回はっきりとわかりました。

今日の台湾戦を見ていてわかった事があります。選手全員の集中力が素晴らしい!ゲームに出ている選手はもちろんの事、ベンチにいる選手も大きな声を出し指示を出す、選手のほとんどがユニホームを泥だらけにして全力プレーをする、その姿を見て何かを思いだしませんか?そうです、これは高校野球と同じ光景です。

プロの選手が高校球児に戻り、たった一つのボールを夢中で追いかけている姿がそこにはありました。プロの選手だって、野球を始めた頃はみんなこの姿勢を持っていたのです。今、忘れかけていた大切な事を日本野球は取り戻そうとしています。この熱い気持ちがある限り、日本野球界の将来は安泰です!僕はそう思います。

昨年の2006年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、日本はアメリカ、キューバなどの強敵を撃破し見事に世界一に輝きました。その日本の野球スタイルは「スモール・ベースボール」と言われ、走って守って勝つ野球ということで絶賛されました。

しかし、その中心となって日本を引っ張った世界のイチロー松坂は今回このアジア予選にはいませんでした。この大会で五輪出場権を獲得できるのはわずかに1カ国だけ、ライバルは韓国、台湾、いずれも五輪に出ればメダルを狙うことのできる強豪です。その2チームを力でねじ伏せた日本は本当に世界一のチームだと思います!

僕はもともと野球が大好きなので、どうしてものめり込んで見てしまいましたが、今回の予選にはあまり野球に興味が無かった人でも、ついつい夢中になりませんでしたか?きっと多くの人が夢中になったと僕は確信しています。これがスポーツの醍醐味なんです。野球の醍醐味なんです!

特に日曜日の対韓国戦は、僕の中では今まで生きてきた人生の中で一番印象に残ったゲームと断言しても良いくらいの最高の試合でした。1点を取る事がこんなに大変なのか・・・1点を守る事がこんなにしんどい事なのか・・・と何度も何度も僕の胸に響かせるような試合展開。でも、日本選手の気合いの入ったひとつひとつのプレー、それを見ていたら負ける気はしませんでした。

9回裏に上原(巨人)が最後のバッターを抑えた瞬間の喜びは何とも表現できませんでした。テレビの前でなく、現地で応援できなかったことが唯一の心残りです。中居君(SMAP)と一緒に現地で応援したかった・・・

今日の試合終了後、星野監督の少し目頭を熱くしながら答えるインタビューを聞いていると、思わず僕も涙が溢れてきてしまいました。見ている僕らでさえ胃が痛くなるような展開だったのですから、星野監督はもの凄くしんどかったと思います。

今日の台湾戦も実に厳しい試合でした。前回のアテネ五輪の時はまだ高校3年生だったダルビッシュ(日本ハム)が今では推しも推されぬ日本の大エースにまで成長しました。そのダルビッシュの力投、そして主将宮本(ヤクルト)の見事な走塁、大村のスクイズに新井や阿部の打撃、言い出したらキリがありません。もし『誰がMVPですか』と聞かれても、僕は選べません・・・みんながMVPです

これで、来年の夏には日本代表は北京の地に立っています。今回のメンバーを中心としてさらにグレードアップしたメンバーがおそらく選出されることでしょう。1984年のロス五輪で公開競技として始めて野球が取り入れられてから24年、北京を最後に野球は五輪競技としては終焉を迎えます・・・24年前にロサンゼルスの空に一番高く上がった日の丸は、今度は北京の空に上げる番です。ソウル、バルセロナ、アトランタ、シドニー、そしてアテネ、手が届きそうで届かなかった金メダルを、必ず24年ぶりに日本に持ち帰ってきてくれる事を僕は信じています!

今僕の心は、野球の楽しさと面白さでいっぱいです。改めて「野球」というものをもっともっと大好きになりました。

嗚呼、素晴らしきかな「野球」! 頑張れ日本代表!!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

み 光原逸裕(みつはらあつひろ。プロ野球オリックス・バファローズに所属する投手。背番号は45。1年目の2005年には7勝を挙げた。140キロ台後半のストレートと切れのいいスライダーが武器。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

夜明けの流星たち(第18話)

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です。

12月になり、街の景色もに染まってきましたね。今年のクリスマスは一体どんなクリスマスになるのかなぁ・・・そんな事を想う今日この頃です。

さて、今日は連続ブログ小説第18話をお送りします。いよいよ今回を入れて残り3話となりました。ドラマは予想をもできない展開へと向かっていきます。

野崎の暴挙から身を呈して玲奈を守った博人の前に、待ち構えていたのは病魔に倒れた玲奈の姿だった。そして今、二人を乗せた救急車は出会った日と同じように、名もなき運命へと走り出していた・・・それではどうぞ続きをどうぞ!

『夜明けの流星たち』  脚本・演出:猫男爵

☆Story18☆ 『涙のキス』

博人は病院のベッドの上で目を覚ました。救急車の中で博人は玲奈の手を握ったまま気を失ったのだ。

『・・・玲奈は?』博人はすぐに玲奈の事を心配した。

『気がついたのね博人!』そこには事件の事を知り、急いで駆けつけた彩香がいた。

『彩香・・・玲奈は?』博人は気がまた動転していた。

『玲奈ちゃんなら大丈夫だ。今、病室で眠っている。』彩香と同じく病院に駆けつけた拓実が博人にそう言った。

『拓実・・・本当なのか?玲奈は大丈夫なんだな!』

『ああ・・・』拓実は静かにうなずいた。

『良かった・・・』博人は安堵の表情を浮かべた。

『博人、お前は運が良いよ。お前は刺された傷はあと数センチずれていたら、心臓に刺さっていたんだぞ・・・無茶な事するなよ!』拓実が強い口調でそう言った。

『博人・・・博人が死んだら私・・・』彩香は泣くのを必死にこらえていた。

『ごめん二人とも、心配かけて。でも俺は玲奈を守りたかっただけなんだ。わかってくれ・・・』博人はうつむきながらそう答えた。

そこへ真知子が病室へとやってきた。

『川嶋さん、目が覚めたのね。』

『お母さん、玲奈は?』

『今日は本当にありがとうございました。玲奈をあの男から守ってくれて。そんな傷まで負わせてしまって・・・何て謝っていいのか・・・本当に感謝しているわ。』真知子は深々と頭を下げた。

『お母さん、やめて下ください。頭を上げてください。』博人がそう言うと、真知子は頭を上げて話しだした。

『川嶋さん、玲奈は今病室で眠っています、心配しないで下さい。ただ、川嶋さんに話しておかなければならない事がどうしてもあります。』真知子は意を決して話しだした。

『僕らは席をはずしますね。』気をきかした拓実がそう言った。

『いえ、いいの拓実さんも彩香さんもここにいて下さい。拓実さんには、ずっと黙っててもらって申し訳ありませんでした。』真知子は拓実の顔を見ながらそう言った。

『拓実、何だよどういうことだよ?』博人は拓実の顔を見た。

『博人さん、拓実さんを責めないであげてね。これは私からお願いした事だから。』真知子が拓実をかばった。

『はい・・・』博人は小さくうなずいた。

『お願いだから冷静に聞いてね川嶋さん。』

『はい。』

『実は今日、玲奈はあなたに自分の病気の事を伝えようとしていたの。』

『病気?』博人は不思議な顔をした。そして、ふと思い出した。玲奈が何かを話そうとした時の事を。

『実はあの子は白血病なの。しかも症状はあまり良いとは言えない段階なの・・・』真知子は涙交じりに博人に告白した。

『玲奈が白血病・・・』博人は放心状態だった。

『そんな、玲奈ちゃんが・・・』彩香もその突然の衝撃に襲われていた。

拓実はうつむいたまま唇を噛み締めていた。

『急性アル中でこの病院で運ばれた時に受けた検査で病気が見つかってね、ずっと玲奈にはその事を内緒にしていたんだけど、先生と話をしている所を玲奈とそれと偶然居合わせた拓実さん聞かれてね・・・だから、玲奈は自分の病気の事を知っていたの。』

『玲奈が・・・』博人はまだ信じられない表情だった。

『それが最近、症状が悪くなってきて先生から早急に入院するように言われたの。それで今日、玲奈は自分の口でどうしてもあなたに病気の事を打ち明けたいって・・・そう言って家を出たの。』

『そんな・・・』博人には言葉が見つからなかった。

『でもね川嶋さん!私も玲奈も決してあきらめたわけではないのよ!絶対に病気に勝つっていう強い思いでいるの。玲奈もこれから必死に病気と闘う決心でいるはずよ。だから、川嶋さんも玲奈の力になってほしいの!お願い!』真知子は泣きながら博人にお願いした。

『・・・・わかりました。』しばらく間をおいて博人は溢れる涙をこらえながら、声を振り絞りそう言った。

その後しばらく、博人の病室には沈黙とすすり泣く音だけが静かに響いていた。

やがて夜になり、拓実や彩香も帰り、博人はひとり病室で途方に暮れていた。そこに後輩のが入ってきた。

『先輩!大丈夫ですか!』

『稔・・・俺は大丈夫だ、心配するな。それよりNSEは?』

『ダメでした・・・契約をすっぽかすところは信用できないって・・・事情を説明したんですが聞いてもらえませんでした。』稔は落胆した口調で言った。

『そっか・・・悪かったな稔、お前にまで迷惑掛けちまって。部長は何て言ってる?』

『部長は先輩の事を凄く心配しています。本当ならすぐにでもここへ駆けつけたかったはずです。でも、今必死にNSEの説得に行っています。』

『部長・・・』博人は唇をぐっと噛み締めた。

『先輩、今はとにかく安静にしていてください。あとは皆で何とかしますから。』稔は必死に博人を励ました。

『稔、部長に伝えてくれ。責任は俺が取ると・・・』

『先輩・・・』

博人は稔にそうそれ以降、口を閉ざしてしまった。

拓実と彩香は博人のアパートに博人の着替えや日用品を取りに来ていた。

『とりあえずこれだけ持っていけばいいか。』

『そうね。』

そんな二人の行動を見て、「ロザーナ」から美里が飛び出してきた。

『あの、博人君のお友達かしら?』

『はい、そうですけど。』

『博人君に何かあったの?』美里は二人に問いただした。

聖北総合病院では真知子が二階堂に呼ばれていた。

『今後の治療方法は今話したように進めていくつもりです。私どもは全力は尽くします!ただ、最悪の場合も覚悟はしておいてください。宜しいですね。』二階堂のその言葉に真知子はうなだれて、首を小さく縦に振るしかなかった。

そして真知子が二階堂の部屋を出ようとした時、そこに博人が傷口を押さえながら歩いてきた。

『川嶋さん!』真知子は驚いて博人の名前を呼んだ。

『君!ダメだよまだ傷口がふさがっていないんだから!』二階堂も驚いて思わず叫んだ。

『お願いです、ほんの少しの時間でいいんです。玲奈の顔を見させてもらえないですか?お願いします。!』博人は痛む傷口を押さえながら、辛い表情で必死に懇願した。

『しかし、今は・・・』

しぶる二階堂を尻目に真知子が口を開いた。

『先生、私からもお願いします!会わせてあげてください。今のあの子に必要なのは生きるという強い力、つまり川嶋さんの存在なんです。川嶋さんの顔を見れば少しでもその気力が沸いてくるはずです。お願いします!』真知子のその激しい思いに、二階堂はしばらく考えた結果、答えを出した。

『わかりました。5分だけなら許可しましょう。ただ、あなたもまだ病人だ、傷もふさがっていない状態だ。絶対に彼女に触れてはいけませんよ。わかりましたね!』

『はい、わかりました。ありがとうございます!』博人は深々と頭を下げた。

真知子もまた感極まっていた。

やがて、博人は玲奈の病室の前に来た。病室は無菌室になっており、博人は専用の服と帽子にマスクを付けて病室へと入って行った。

少しずつベッドに近づく博人に玲奈が気がついた。

『博人・・・』ベッドの周りを透明なカーテンで隔離された玲奈がゆっくりと起き上がった。

『玲奈・・・』博人は玲奈のベッドの横に来た。

『博人、私・・・』

『何も言うな玲奈。大丈夫だ、俺がついているから。あいつに刺されたって俺は死ななかっただろ?そんな不死身な俺がついているんだ、玲奈だって死ぬわけないよ!そうだろ?』博人は笑いながら玲奈に話しかけた。

『博人・・・私、負けないよ!博人のそばにこれからもずっとずっといるんだから。こんな所にいつまでもいるわけにはいかないもん!』玲奈は泣きそうな思いを打ち消しながら博人にそう言った。

『そうだよ玲奈、病院にいたら玲奈の好きな海や遊園地だって行けないし、綺麗な星空だって見に行けないじゃないか。だから早く元気になってここを出ような。』博人は半分涙が零れ落ちそうになりながらも必死に話した。

『博人・・・』玲奈は涙を抑える事ができなかった。

博人もまた涙を抑えきれずに玲奈の元に一歩近づいた。

やがて二人はカーテン越しに口づけを交わした。溢れ出る感情をそのキスでなだめるように・・・

そして目を閉じた二人の頬を涙がつたった瞬間に二人は少しだけ微笑んだ。一瞬、二人だけにしかわからない時空を超えた愛情がそこには確かにあった・・・

二人の唇と唇の間には、透明なカーテンが立ちふさがっていた。そのカーテンは目の前にいるはずの二人の距離をとても遠く感じさせていた。ただ言える事は、現実は今二人の前に虚像なく立ちふさがり、その果てしない闘いに今二人は立ち向かおうとしているという事であった。   To be countinue

いかがでしたか第18話?玲奈の病気の事実を知った博人は、必死に玲奈の前で「生きる」こと呼びかけ、そして「玲奈を守る」ことを約束しました。涙の中で交わしたキスの温もりがきっと二人に幸せな結末をもたらしてくれることを祈りながら・・・いよいよこの物語も残り2話です。果たして二人に待ち受けている運命とは・・・次回第19話を乞うご期待!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニック有名人しりとり)

う 宇野優美(うのゆみ。女性ファッションモデルとして多くの雑誌などで活躍する19歳。本名は小林優美だが、USEN社長の宇野康秀に直訴して名字を拝借し、宇野優美に改名した。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

大騒ぎの忘年会!

忘年会!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、いよいよ今日から12月ですね。“師走”その言葉が意味するように、忙しく慌ただしい1ヶ月です。気がつけば、あっという間にお正月になってしまいます。

そしてこの季節なると、あちらこちらで見られるのが「忘年会」です。もう、皆さんの中にも忘年会をした方もいられるでしょうし、これからという人もいることでしょう。

僕も昨日、僕が代表取締役を務める未来型企画会社(株)ラリーズコーポレーションの忘年会に行ってきました。

忘年会!

Hき宅に愛車を置き、久しぶりに路線バスで一路帯広市内へと!

先日のJRに続きこのバスも僕は高校時代に利用していたのですが、JR同様に非常に懐かしく感じました。ただ、バスのグレードもそして内装や座席の配置も、当時とはだいぶ変わっていました。

バスに揺られること約15分、帯広市内に到着し向かったのは、Kかしという居酒屋です。ここの居酒屋は以前からよく利用する所なんですが、僕的にはメニューも雰囲気もそして店員もお気に入りの場所です。

忘年会!

お通しに出たのは僕の大好物“たち”です。絶品だあ~今日は何かついてるぞ~

「たちの天ぷら」なんかがあった日には美味しくて昇天しちゃいます(笑)

忘年会!

そしてここでお久しぶりの登場です、WELCOME「豚丼先生」!

このお店の豚丼は僕的には三本の指に入るくらいの絶品です!しかし、普通は宴会で豚丼なんて頼まないですよね(笑)しかし、そこは別名「小腹王」とも呼ばれる僕の胃袋の見せどころ!昨日も美味しくドンブリ一杯分いただきました。ごっつぁんです!(笑)

忘年会!

この小指が少し立っている人は宇多田ヒカル似の泥1号です。Hきが飲んでいたお酒をもらいグイグイと!昨日も世界記録を破るくらいのハイペースで飲んでました(笑)

忘年会!

すっかりみんなほろ酔い気分になりました。こいつも気分良さげだったので撮ってあげました。「金運」がよくなりますように!

忘年会!

いくら酔って体が火照っても、外に出ればそこは厳寒の世界です・・・寒い中、2次会の場所へ移動です。

忘年会!

「カンパーイ!」さあ、2次会の開始です。

某カラオケ店に来た僕らは、思い思いに自分の好きな歌を熱唱!山崎まさよしのライブや、ジャニーズのコンサート、そしてそのバッグではギターやピアノ、バイオリンなどの演奏も絶妙な演出をかもしだしていました。

もう、ここまで来ると泥遊びも最高潮を迎えてきました。そして、そんな頃合を見て登場したのがモノマネ四天王の僕とHきです。Hきは得意の前川清や郷ひろみ、さらには秋川雅史に淡谷先生などなど数々のレパートリーを披露しましたが、森進一を歌ったところで、喉が潰れちゃいました(笑)

僕も昨日は長渕剛に小林旭、そして今イチオシの織田裕二とモノマネを披露しました。

忘年会!

こうして、約3時間に渡るカラオケも無事に終わり、それぞれ家路に着きました。

僕は昨日Hき宅に泊めてもらったので、Hきと一緒にシータクでHき宅まで帰り、その後眠い目を擦りながらも「グランツーリスモ」のゲームで遊び、午前3時に就寝・・・

実に楽しく有意義な一日でした。やっぱり仲間と大騒ぎしてお酒を飲むのって素敵なことですよね。これから、まだ職場の忘年会も残っていますが、それはまた雰囲気が全然違いますからね。逆に同じだったら困るし(笑)

これから寒さも一層厳しくなります。年末にかけて、何かと皆さんお酒を飲む機会、遊びに行く機会が増えると思いますが、健康管理には十分気をつけて、2007年の残り1ヶ月を楽しく過ごしましょうね!くれぐれも『酒は飲んでも呑まれるな。』です。まあ、泥一族に言われても説得力はないでしょうが(笑)

今日はこれから昨日の泥遊びの疲れを取りにサウナに行ってきます。今日はポール・ポジションに座れますように・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

と 戸張捷(とばりしょう。日本におけるゴルフトーナメントプロデューサーの第一人者であり、キャスターとしても活躍する。皆さんもゴルフ中継で彼の声を一度は耳にしているはずです。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »