« 夜明けの流星たち(第15話) | トップページ | 初めての体験! »

2007年11月11日 (日)

冬がはじまるよ

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は11月11日です。「1」並びの何か縁起の良い日ですね。今日は何か良い事がありますように!そんな願いもこめて、今日は日付が変わってすぐの更新です☆

どうも先日の夢以来、柴咲コウが気になって仕方ありません(笑)柴咲コウがCMに出ていると思わず反応して見てしまいます。今までそんなに気になる存在ではなかったのに、なぜか無性に気になります。夢の力って本当に偉大ですよね。まあ、しばらくしたらこの「柴咲現象」もおさまると思いますが。

ちなみに、ばあちゃんが夢の中で僕にくれた「80万円」もいまだに謎のままです・・・

さて、そんな夢が気にかかる今日この頃ですが、今日は月イチ恒例のポエムの日です。

今日ご紹介する2作品は、まもなく訪れるという季節にぴったりの“心温まるバラード”での2曲です。もし、ベストアルバムを作れば間違いなくこの2作品はその中に入ることでしょう。

それではご紹介します。

『ユキムシ』

忙しい日々に追われ また今年もこの季節がきたね

君は少しだけ僕に寄り添い 僕は君の歩幅を気にしている

僕のコートの左ポケットは 君の細い手の指定席

いつでも僕たちをつなぐ魔法の場所

笑った時のエクボが大好きだから 今日もまた二人で月を見上げよう

明日になればユキムシに会えるかな

時の流れに惑わされ 粉雪舞い散る季節がきたね

君がいない11月の北風は 僕の心の傷に冷たく凍みるよ

僕の車の助手席は 君が一番安らげる場所なのに

今では見えない君の残像が浮かぶ場所

疲れて眠る君の寝顔が大好きだから 言い訳できないようにキスをしよう

明日になればユキムシに会えるかな

本当は君とこの季節を過ごしたかったんだ でも僕は君を引き止めることができなかった

本当はユキムシなんて嫌いなんだ でもユキムシがもう一度君を連れてきてくれる

そんな気がするから だからユキムシに会いたいんだ

『歩いていこう・・・』

いつもと同じ笑顔で君は僕に手をふり 「オヤスミ」って言いながら扉は閉まる

少しだけ寂しいけど何だか穏やかで 日付が変わる頃に僕はひとり車を飛ばす

まだ幼さ残る君だから ときどき僕を困らせるけど

たぶんそれは二人をつなぐ 愛のカタチだと思うんだ

だからこれからも時を重ねよう 同じ道を歩んでいこうよ

ひとりでは不安な道でも 君となら歩いていけるよ

今そこに迎えにいくから ふたりで歩いていこう

会えない時には僕は君にメールをする 「アイシテル」の一言を言えないまま

疲れて眠りにつく君が何だか愛おしくて 君が起きる頃に「オハヨウ」を送信する

恋に不器用な僕だから ときどき君を困らせるけど

たぶんそれは二人をつなぐ 愛のシルシだと思うんだ

だからこれからも心を重ねよう 同じ未来を進んでいこうよ

ひとりでは見えない未来でも 僕となら描いていけるよ

今そこに迎えにいくから ふたりで歩いていこう

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

え 江越哲也(えごしてつや。日本を代表するDJのひとり。第1回全日本DJコンテストで見事に優勝し、アメリカでのDJ会議に出席し、帰国後はDJとなる。現在は故郷の熊本放送でDJを務めている。)

|

« 夜明けの流星たち(第15話) | トップページ | 初めての体験! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/8857421

この記事へのトラックバック一覧です: 冬がはじまるよ:

« 夜明けの流星たち(第15話) | トップページ | 初めての体験! »