« 夜明けの流星たち(第10話) | トップページ | 偉大な父を超えろ! »

2007年10月11日 (木)

夜空の向こうへ・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

先日のある夜、ふと窓を開け夜空を見上げてみました。実に星が綺麗な夜でした。秋の夜空って星がとても美しく輝いていますよね。そんな無数に光輝く星たちを見ていると、なんだかとても心が癒されました。そんな星たちは、とてもセンチメンタルな気持ちにもさせてくれます。

そんな今宵は毎月恒例のポエムの日です。今日も力作の2作品を堪能してください。

一つ目の作品は、僕が中学生の頃に『近くの公園を歩いている時に頭に浮かんだ』という僕の中では一番最初の「ポエム」と言っても過言ではない作品です。その一部を大人になってから編集して作った「秋」にぴったりの作品です。

二つ目の作品は、ある秋の夜に夜空を見ながら思わず書きおろした作品です。

『October』

秋色の枯れ葉たちが落ち 夏風が遠くに消える

朝もやに隠れた天使が 憂鬱そうに目を醒ます

誰もがみんな経験するけれど ため息まじりのこの季節

高ぶる気持ちはとりとめもなく 白く奇麗な心に伝わる

October October ミエナイ10月

涼しげに微笑む少女 柔らかなその魅力に

秋風だけが冷たくささやき 燃え上がる感情を消し去る

どこまでも続くこの道は ひとつひとつ歩み続けて

たどり着いたその先には 君の優しさだけが影を潜める

October October ミエナイ10月

『星がキレイだね』

今日もしなやかな香りが そよ風に乗せられてやってくる

薄紅色の唇と少しきつめのメークで 夕焼け見ながら歩いてく

ふたつ並んだ影たちが 言葉を交わすかのように

寄り添いながら動き出す そしてやがて影はひとつになる

星がキレイだね 夜空に輝く無数の星が ふたりの心を包んでいる

星になれたら 君の手をとりながら 銀河の果てまで行きたいよ

明日もきっとこの空の下で 星が見れたら幸せだよね

泣き顔を見せない君のことだから 照れくさそうに歩こうね

星がキレイだね 夜空に輝く無数の星が 君の笑顔のようだね

星に願いを 僕らの未来のために いつまでも祈ってる

星がキレイだね 星がキレイだね

いかがでしたか今月の2作品。また次回のポエムの日をお楽しみに。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

す 鈴木みそ(漫画家。若い頃から雑誌への投稿を行っており、そこでそのセンスを見出され漫画家としてプロデビューを果たす。作品には業界の裏側を率直に描いたルポ形式の漫画が多い。)

|

« 夜明けの流星たち(第10話) | トップページ | 偉大な父を超えろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/8350889

この記事へのトラックバック一覧です: 夜空の向こうへ・・・:

« 夜明けの流星たち(第10話) | トップページ | 偉大な父を超えろ! »