« キリンが見える!? | トップページ | 縁起の良い猫 »

2007年9月28日 (金)

敵は緑山にあり!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

小学6年生、12歳の秋。横浜市緑区緑山には難攻不落の城があり、僕はこの手でその城主を討つべくして、いざ戦に出陣した。

城内に進入しようとした僕の前を建ち塞いでいたのは2メートルはあるであろう高い壁。「国境の壁」である。勢いよく助走をつけジャンプした僕はこの最初の難関を楽々とクリアした。

いざ城内に入ると次に僕を待ち構えていたのは「悪魔の館」。幾つかの部屋に分かれたこの六角形の館の中には2人の悪魔が潜んでおり、僕はこの悪魔の罠をかいくぐりなんとか出口へとたどり着いた。

館を脱出し少し歩くと現れたのが「竜神池」である。この池を越えるには池の上の飛び石を使って向こう岸まで渡るしか方法がない。中には石のように見えてただの発砲スチロールでできたトラップの石もあり、それに乗ると池に落ちてしまう。しかし、そんなトラップを見極め僕は見事に向こう岸へとたどり着いた。

次に現れたのは回転する「キノコでポン」という巨大なキノコ。キノコにしがみつき途中にある中島に無事に着陸し、また城主のもとへと僕は一歩近づいた。

そして僕の視界には「飛び出せ青春」という泥沼が出現した。上空に高く放たれたサッカーボールを、泥で足場が悪い中キャッチしなければならない。なかなか手こずりはしたもののなんとかクリアした。

辺りはすでに夕闇近くなり、僕の前に現れたのは「ジブラルタル海峡」。不安定な吊り橋を金のボールをキャッチして、敵が打ってくるボールに負けずに橋から落ちずに渡りきらなければならない。かなりの苦戦をしいられはしたが、強靭な足腰を活かしクリアした。

いよいよ城主の所まであと少し、最後の難関はその城主の所につながる「人食い穴」。5つある大きな穴のいずれかを選び、中に敵がいなければクリア。5つの穴のうち2つには敵が待ち構えているのだが、野生の勘を頼りになんとかここをクリアした。

さあ、いよいよ僕はこの城の城主である殿と呼ばれる「ビートたけし」の前に到達した。たけしの前には、殿を守るべく数名の家臣が建ち塞がっている。最後の戦場は、水鉄砲によるカート戦。先に自分のカートの的が打ち破られたら僕の負け、先に僕が殿の的を打ち破れば僕の勝利。僕は勢いよく飛び出し、そしてうまく回り込み、遂に殿の的を破ったのです!たけし城が遂に我が手により陥落したのです!それを歓迎するかのごとく緑山の頂上にはキレイな花火が打上げられました。

めでたし、めでたし・・・

・・・というのは12歳の時に僕が見た夢の世界です(笑)

皆さんの中にも懐かしかった方がきっといると思いますが、当時大人気番組だったTBSの『風雲たけし城』。この番組を僕は毎週欠かさず見ていました。アドベンチャー番組という今までに無い発想のこの番組を真似して、当時学校でも「たけし城ごっこ」などという遊びが大流行したほどです。

実は僕はどうしてもあの緑山スタジオに行き、「たけし城」に挑戦したくて「小学生大会」の参加応募のハガキを姉だけには相談して、親には内緒で出した事があります。でも、かなりの人気で抽選でなければ選ばれる事ができなくて、残念ながら挑戦する夢は叶いませんでした。

この番組は現代の「筋肉番付」「SASUKE」、さらには「DOORS]などの基盤となっており、そのアトラクションの所々には「たけし城」の面影が幾つかあります。

今日はまた妄想族であるがゆえに、その妄想力を活かし、12歳の時に挑戦できなかった「たけし城」に挑戦してみました。もし、この番組が復活して緑山にあのアトラクションが戻るのなら、僕は喜んで参加応募のハガキを出したいと思ってます。その時は何としても殿を倒したいと思います! 

『敵は緑山にあり!』

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

き 菊川舞(きくかわまい。かつてフィットという芸能事務所に所属していた女性タレント。東京工業大学を卒業という学歴もある。現在は芸能活動を休止し公認会計士を目指している。姉は女優としてもタレントとしても有名な菊川怜である。)

|

« キリンが見える!? | トップページ | 縁起の良い猫 »

コメント

こんばんは。
「たけし城」大好きだったよ。
結構自信あったりして。
今思えばその自信はどこから来るのやら。
僕の中では「悪魔の館」がヤマだなと。
スタートから2部屋目まではまず奴らはいないから
右に2部屋進んで、音を立ててから戻って左側を
ダッシュする作戦とか勝手に立ててた。
ハッキリ覚えてるなぁ。
20年以上前か。
くだらんこと20年以上もよく覚えてるもんだ。
そんだけ真剣だったんだろうね。
一番自信ないのはどれだった?

投稿: fotofoto | 2007年9月28日 (金) 22時06分

fotofotoさん
こんばんは。
20年前のfotofotoさんもかなり真剣だったんですね(笑)
僕も小学生の時はかなり自信ありましたよ。「悪魔の館」では相手をカムフラージュする作戦はfotofotoさん同様に考えてました。あとは勢いで走り抜けて、捕まりそうになってもストロング金剛は動きが鈍いから、股の下をかいくぐれば逃げれるとか色々考えてました。
一番自信が無かったのは「ジブラルタル海峡」ですかね。まず高い所が苦手なものですから・・・谷隊長から金のボールをキャッチするまではいいのですが、その後揺れる吊り橋の上で軍団が打ってくるボールに耐えれるかが自信ありませんでした。
もう一回、「たけし城」復活して欲しいですよね。そしたら一緒に出ましょうね!

投稿: 猫男爵 | 2007年9月28日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敵は緑山にあり!:

« キリンが見える!? | トップページ | 縁起の良い猫 »