« 若き日の幻影・・・ | トップページ | イタリアの至宝! »

2007年9月 1日 (土)

イケメン軍団の軌跡 ~最新編~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、ジャニーズファンの皆さんご無沙汰していました。今日は久しぶりにジャニーズの話題をしてみたいと思います。

皆さんもすでにご承知だと思いますが、ジャニーズ事務所ではこの夏限定で『Hey!Say!7』というグループが結成され現在活動しています。

僕も歌番組で何度か拝見しましたが、とてもフレッシュでまだ初々しさが残るグループでした。そもそもこのグループはTBS系のアニメ『ラブ★コン』の7月~9月期のテーマ曲を歌うという、番組との連動で結成されたグループです。ですから、その後の活動については未定ですが、いずれにしても将来的にはジャニーズの中心となっていくメンバーばかりです。

メンバーは、高木雄也(17歳)、有岡大貴(16歳)、山田涼介(14歳)、中島裕翔(14歳)、知念侑李(13歳)の5人のジャニーズJr.で構成されています。

グループ名はメンバー全員が平成生まれであるところから「Hey!Say!」と名づけ、「7」は2007年結成を意味しています。今年4月のKAT-TUNのコンサートで初披露されたのがこのグループの始まりです。8月1日にはデビューシングル『Hey!Say!』が発売され好評を得ています。

メンバーの中には、すでに個々の活動で活躍しているメンバーもいます。中でも中島裕翔君は、同じジャニーズ事務所の大先輩のキムタク主演の『エンジン』や、亀梨和也主演の『野ブタ。をプロデュース』など、すでに数多くのドラマに出演しています。グループで歌う際や、先輩たちのバックダンサーとして踊る際にもセンターの位置が多い事からも、事務所の期待の大きさがわかります。有岡君や山田君もドラマではよく見るので今度チェックしてみてください。

いずれにしてもジャニーズ事務所からは次から次へと、ニューアイドルが登場してきます。本当にジャニーズ事務所の力は偉大です!今後もジャニーズから目が離せませんね。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

か 景山民夫(かげやまたみお。小説家でもあり放送作家でもある。1968年に放送作家となり『シャボン玉ホリデー』という看板番組を手掛ける。その後も『タモリ倶楽部』『11PM』『クイズダービー』など数多くの番組の構成を手掛けたが、1998年に死去。晩年には『料理の鉄人』の審査員も務めていた。)

|

« 若き日の幻影・・・ | トップページ | イタリアの至宝! »

コメント

すっかり秋でお腹がすいて仕方がありません。ジャニーズ話久々ですね。平成生まれなんて・・・・うちの子かっ!!ですよ。全く。家には男の子がいないので、ジャニーズとは言わないまでもイケメンの男の子を皆に自慢したり、モテるよね~と言われるママになりたいという夢は脆くもくずれさりました。私のジャニーズへの憧れはやみそうにもありません。

投稿: fotofoto妻 | 2007年9月 3日 (月) 17時06分

fotofoto妻さん
こんばんわ。
やっぱり秋は「食欲の秋」ですね。これから秋らしい美味しいものがいっぱいですね。さっきご飯食べたばかりなのにお腹がすいてきました(笑)
最近、普通にテレビで平成生まれの子が活躍しているのを見て、歳を感じてしまいます(泣)ついこの前、小渕さんが「平成」の2文字を紹介していたはずなのに・・・
イケメンの男の子を自慢できるママ素敵です。まだまだ夢は諦めちゃだめですよ!
僕もジャニーズに入れるような自慢の男の子が欲しいな~

投稿: 猫男爵 | 2007年9月 3日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/7761993

この記事へのトラックバック一覧です: イケメン軍団の軌跡 ~最新編~:

» Hey!Say!7の高木雄也のプロフィール [Hey!Say!7ファンサイト]
Hey!Say!7の高木雄也のプロフィールは以下の通りです。◆高木雄也(たかきゆうや)出身:大阪府生年月日:1990(平成2年)年3月26日年齢:17歳星座:牡羊座血液型:O型身長:171.3センチ体重:50キロ兄弟:姉と弟性格:自分では意識してないけれどまわりからは”天然”と言われるらしくて、Hey!Say!7の中で「一番子供っぽいかも」主な出演番組:ザ少年倶楽部(BS2・BShi) 百識(�... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 14時09分

« 若き日の幻影・・・ | トップページ | イタリアの至宝! »