« 黄色い花園 | トップページ | 人生を変えた20球・・・ »

2007年8月15日 (水)

8月15日の意味・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日も暑い!ついに出ちゃいました!群馬県館林市で40.2℃!異次元の40℃オーバーです・・・ここ十勝でも連日の35℃オーバーです。このまま日本は熱帯地域にでもなっちゃんですかね・・・でも明日からは天気は崩れ、気温も今日から10℃近くも下がり、25℃前後が予想されます。少し安心ですね(笑)でも残暑はこれからです!油断は大敵ですよ。

さて、今日8月15日は日本にとって62回目の終戦記念日です。62年前にこの国で起きた悲しすぎる現実、そして想像を絶する世界・・・しかし、多くの人々が戦後生まれとなってしまった今の時代、その事を真剣に考えている人がいったいどれだけいるでしょう?

僕もその一人なのかもしれませんが、普段の生活の中で戦時中の辛い想いや、苦しみを思うことなどほとんどありません。戦後の経済復興で生活が豊かになるのと並行して、人々の頭にはその辛さや苦しみは忘れさられていったのです。

実際、「戦争」を体験していない僕らにはその心の痛みは直接感じることすらできません・・・悲しいけどそれはどうにもできない現実です。でも、婆ちゃんっ子だった僕は小さい頃から婆ちゃんに「戦争の話」をよく聞かされました。食べる物もなく毎日をやっと生きていた日々、まだ16、17歳なのに軍人として戦争に行かなければならない現実、どれだけの人々が自由と楽しさを奪われたことか・・・その事を何度も聞かされました。『絶対にもう戦争なんてあってはならんよ・・・』婆ちゃんのその言葉が今でも僕の胸に響いています。

僕の爺ちゃんも軍人として戦争に行ってきた一人なのですが、幸いにも無事に帰ってくることができました。でも、多くの人の命が奪われた戦争が残したものは何もありません・・・すべてが奪われたのです。人々に悲しみだけを残して・・・

62年前の今日、ラジオ放送から聞こえる昭和天皇の声、「ポツダム宣言受諾・・・」8月15日が近づくとこのことがよくニュースやテレビで取りだたされます。8月15日正午には高校野球が行われている甲子園球場でも一時プレーを中断して黙祷が行われます。こうやって人々の記憶からこの日の出来事が消えることはありません。でも、今の子供たちがこの意味をはたしてしっかりと理解できているのでしょうか?

僕は今日、姪っ子に聞いてみました。『今日は何の日か知っている?』すると、姪っ子は『知ってるよ、戦争が終わった日でしょ。』僕は少し安心しました。と、同時にそれをしっかりと教えていた姉のことを少し誇りに思いました。

僕らが祖父母や両親から、伝えられた戦争という逃れられない事実、それを僕らは次の若い世代へと伝える義務があります。それが戦争で命を落とした多くの人々や、今も尚苦しんでいる人々へのせめてもの供養や手助けの気持ちだと思います。

今日、僕は墓参りに行ってきました。先祖への敬意と供養を忘れずに、今僕が何不自由なく生きていられるのは、先祖がいたからこそだということを切実に思いました。気のせいか、僕が見つめた墓石に、僕が小さい頃に可愛がってもらった爺ちゃんと婆ちゃんの笑っている顔が、少しだけぼんやりと映し出されていたような気がしました・・・

皆さんは今日8月15日に何を想い過ごされましたか?今日だからこそ今日しか考えられないこと、それを考えるということも僕らには必要なのかもしれませんね。

ごめんなさい・・・今日は少しマジメな話を真剣にしました。

昨日の睡眠しりとりは姪っ子の勝ち、ついに姪っ子が逆転し対戦成績は姪っ子の4勝3敗3分けです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

き 北別府学(きたべっぷまなぶ。1980~1990年代に鉄人衣笠やミスター赤ヘル山本浩二とともに広島東洋カープを支えた元プロ野球選手。1982年には20勝をあげ最多勝にも輝いた投手。1992年には200勝を達成し名球会入りも果たした。)

|

« 黄色い花園 | トップページ | 人生を変えた20球・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/7549670

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日の意味・・・:

« 黄色い花園 | トップページ | 人生を変えた20球・・・ »