« 夜明けの流星たち(第3話) | トップページ | 懐かしき海 »

2007年8月18日 (土)

夏の映画特集!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、「夏」も中盤から終盤に差し掛かりこれから僕の住んでいる北海道では「秋」へと季節が移り変わっていきますが、そんな名残惜しい夏の映画特集を今日はくんでみました。ぜひ、参考にして映画館に足を運んでみてください。

それでは早速、「夏の映画」4作品をご紹介します。

① 『オジサンズ13』

天才的な頭脳犯、変幻自在の詐欺師、凄腕のハッカーから爆破のスペシャリストに至るまで、その道では誰にも負けないワザを持つプロフェッショナル集団。彼らがいったんチームを組めば、どんな不可能も可能になる。そんな奴らの今回の目的はただひとつ、仲間のリベンジ!信じていた相手に裏切られ、死の渕へと追い込まれたのは最長老のメンバー。仲間のかたきを討つために、史上最強の犯罪ドリームチーム「オジサンズ」が始動する!しかし、彼らには致命的な弱点が・・・「足腰が弱い」「眼がかすむ」「血圧の薬は欠かせない」・・・そんなオジサンとその仲間たちがラスベガスを舞台に詐欺計画を企てる。豪華キャストが見せる迫真の演技は見逃せない!この夏、ど派手に打上げるエンターテイメントの最高峰『オジサンズ13』!本物の醍醐味を心ゆきまで味わいつくせ!

② 『トランスFOMA』

かつてないスケールで描く2007年最大の超大作がここに誕生!それは全く新しいSF映画、誰も見たことがない地球侵略物語、そして次々と人々を驚かせてきたCG技術を過去へと葬りさる「映像革命」!観客の予想を遥かに上回る「次世代の映像」をこの夏、人類はひとつの携帯電話を通じて目撃する!天才2人の手により日常にあふれるテクノロジーが攻撃型ロボットに変身し、その中には何とあのドコモの人気携帯「FOMA」も!世界最高峰の映像革命の名にふさわしい完成度でお送りするこの夏期待の大作『トランスFOMA』!あなた自身の目でその「革命」をトランスしろ!

③ 『針すなおと不死鳥の騎士団』

世界中を虜にしたファンタジー巨編の最新作、シリーズ第5作がついにスクリーンに登場!本作では、針すなおとヴォルデモートを結ぶ秘密が「予言」によって明かされる!針すなおは『何故漫画家になったのか?』そして、『何故「ものまね」の審査員になったのか?』ついに今、全ての謎が明らかになる!答えを知りたい方は今すぐ映画館へ!

④ 『大・バード』

18年前にブルース・ウィルスを一躍アクションスターに躍りあげたこのシリーズも今回で4作目。今回は前作から12年ぶりにあの「世界一運の悪い男」でありながら「不死身の男」ジョン・マクレーンが帰ってくる!ハイテク高層ビル、空港、マンハッタンと舞台を変えながら、どんあ事件も何とか解決してきた彼が、巻き込まれてしまった次なるテロとは・・・その敵は人間ではなく大きな大きな「バード(鳥)」だった!どんなテロよりも遥かに恐いその鳥の全長は300mをゆうに越すものだった!全米ならずとも全世界が恐怖に脅える中、不死身の男だけは全世界のために闘っていた!今回も彼は世界の平和を守ることができるのか・・・全米興行史上最高記録を更新中の超話題作『大・バード』!今、その恐怖をあなたの目に焼き付けろ!

さて、いかがでしたか今回の「夏の4作品」!尚、今回もすべて猫男爵の勝手なフィクションで描かれた映画ですので、映画館で上映されている内容とは一部異なっていることをご了承ください。

昨日の「睡眠しりとり」はまたしても僕が先に眠りにつき敗北・・・これで対戦成績は姪っ子の6勝4敗3分けです。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

な 中島らも(なかじまらも。小説や随筆を書くかたわら、TV出演や広告プランナーなどにもたずさわっていた。また音楽や劇団など多方面においても活躍の場を増やしていたが、2003年に大麻取締法違反で逮捕され、その後も酒の量も増え、2004年7月に飲食店から出た際に階段から転落しそのまま帰らぬ人となった。享年52歳。)

|

« 夜明けの流星たち(第3話) | トップページ | 懐かしき海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/7586889

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の映画特集!:

» 携帯 小説 有名小説など 無料公開サイトを紹介、お金不要 []
携帯 小説 有名小説など 無料公開サイトを紹介、お金不要 [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 12時23分

« 夜明けの流星たち(第3話) | トップページ | 懐かしき海 »