« 続・甘~い旅路 | トップページ | イケメン軍団の軌跡 ~復帰編~ »

2007年7月 9日 (月)

宇宙の果てに…

宇宙の果てに…

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、上の写真は何だかわかりますか?実はこれは「ブラックホール」の想像写真です。皆さんも一度は「ブラックホール」という言葉を耳にしたことはありますよね?宇宙のあらゆるものを吸い込んでしまう宇宙一恐ろしい存在です。

しかし、このブラックホールは残念ながら観測されたことは一度もありません。よって想像の世界でしか姿は確認できないのです。

そもそもブラックホールとは何かというと、「星のなれの果て」と考えられています。普通の星は重力と圧力が釣り合っており、よって球体を保つことができるのです。(例えるなら地球がそうです)しかし、強烈に強い重力を持った星は重力崩壊を起こしてしまうのです。そうなった星は球体を保てずにどんどんと収縮してしまうのです・・・そして最終的に一点の莫大な重力を持つ星に生まれ変わってしまうのです!それがブラックホールだとされています。

このブラックホールの恐ろしい重力は、何とすら飲み込んでしまいます。誰もその重力からは逃れられないのです。飲み込まれた後はどこに行くのかも誰にもわかりません・・・そりゃそうですよね、観測されたことも無いのに、誰もわかるわけがありません。仮に、誰かがブラックホールを見つけてその中に入ったとしても、戻ってくることは不可能でしょう・・・となれば、『中がどうなっているのか?』なんて、永遠に伝えられることはないことでしょう・・・

それではどうやってこのブラックホールが誕生するのかというと、太陽の30倍以上の質量を持つ星は、星自体が死に絶えるその寸前に最後に「超新星爆発」を起こしてしまうのです!その爆発で星の内部は中心に向かって収縮していき、重力は崩壊してしまいます。これが「ブラックホール」の誕生です。

宇宙の専門家たちによって発見されたブラックホール(候補)は、現在20近くあるそうです。僕たちが住んでいる地球に一番近いブラックホールは3000光年ほどの距離です。『3000光年』って言われてもなぁ・・・まったくピンときませんよね?『家からコンビニを何億回往復したら着くとか・・・』余計わかりにくいか~(笑)

宇宙の果てに…

いずれにしても宇宙に行かない限り、僕たちの生活にもまったく無縁のこの「ブラックホール」。もし興味がある方は、天体望遠鏡などを購入して「ブラックホール」探しに挑んでみてはいかがですか?どうしても自分の目で発見したいという方は、今すぐNASAに行って宇宙飛行士になってください(笑)大至急!

宇宙はとてつもなく広く無限大に広がっています。今、こうして話をしている間にも、いくつもの星は崩壊しています。そして新しい星が誕生しています。今、夜空に輝いている星の中には、すでに何億光年も前に崩壊している星も無数にあります。そう考えると、今僕たちが生きている世界なんて小さいものです。そして僕らが日々抱えている悩みなんて、宇宙の広さや歴史に比べれば本当にちっぽけなものです。悩んでいることがバカらしくなることもあります。本当に宇宙の偉大さは素晴らしいですね。

今日は寝る前に、晴れていれば星空でも見てから寝ることにします。皆さんも寝る前に一度星空を見てはいかがですか?心が落ち着きますよ。今日は皆さんが良い夢をみれるといいですね。

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

た 田尾ヒロコ(元プロ野球選手で、前楽天イーグルス監督の田尾安志の妻。『MADAM REY』という名で歌手としても活動している。)

|

« 続・甘~い旅路 | トップページ | イケメン軍団の軌跡 ~復帰編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/7086323

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の果てに…:

« 続・甘~い旅路 | トップページ | イケメン軍団の軌跡 ~復帰編~ »