« 連続ブログ小説 ~予告編~ | トップページ | 海に再会、そしてまた別れ。 »

2007年7月28日 (土)

イケメン軍団の軌跡 ~伝説のJr.~

おはようにゃ~ 北の猫男爵です。

さて、ジャニーズファンの皆さん!皆さんは小原裕貴君という「伝説のジャニーズJr.」の事を憶えていますか?彼は2000年に突然、ジャニーズJr.を卒業し、今は大手広告代理店に勤務する一般人ですが、当時の人気は絶大なものがありましたよね。

彼は1991年に10歳の時にジャニーズ事務所に入所しました。タッキーや今井翼よりも少し上の世代で、小原君はJr.のリーダー格として目立った存在でした。

その端正なルックスずば抜けたダンスセンスで多くのファンからの支持を誇っていたのは今となっては懐かしい話です・・・

もちろん当時の彼はテレビ番組やラジオに雑誌、コンサート、舞台等と様々な分野で活躍していました。ジャニーズのファンによる「恋人にしたいJr.」部門では1996年~1997年で第1位に輝き、「一番美形なJr.」部門では1995~1999年の5年連続で第1位に選ばれました。

そんな彼ですが、2000年のジャニーズJr.三大ドームツアーの最中に、『学業に専念するためにジャニーズJr.を卒業する』ことを発表したのです。「卒業」という形を取ったのは長いジャニーズの歴史の中でも後にも先にも彼一人です。いかに彼の存在が偉大だったのかがわかりますよね。

僕も小原君は間違いなく、将来ジャニーズの中心となって活躍していく存在だと思っていただけに「卒業」すると聞いたときはショックでした・・・僕が最後に彼の姿を見たのは、TOKIOの松岡主演のドラマ「サイコメトラーEIJI2」だったような気がします。

一般人となった現在でも彼とジャニーズ事務所所属のメンバーとの交友関係はあるようで、一緒に遊んでいる姿も目撃されているそうです。と、同時に多くのファンから復帰の期待を寄せられているのも事実のようですが、普通の社会人として頑張っている彼を今はそっとしておいてあげたいと僕は思います。

今日は「伝説のジャニーズJr.」と呼ばれている小原裕貴君についてお話させていただきました。

さて、話は変わり今日はこれから友人たちと新ひだか町三石にキャンプに行ってきます!4月2日のブログで詳細にご紹介させていただきましたが、僕が社長を務めるRCP(ラリーズコーポレーション)という架空の会社主催のキャンプですが、毎年恒例の一大イベントです。

僕は2週間ぐらい前から、キャンプ強化週間に入り、車の中で聞く音楽はドラマ『BEACH BOYS』のサントラのみ!家に帰っても『BEACH BOYS』のドラマをビデオで1話~最終話まですべて見て、気分はすっかりキャンプモード全開です!

これから出発しますが、外はです・・・今日は一日天気が悪そう・・・何とか晴れてくれるように昨日からテルテル坊主を吊るしていますが効果が無かったみたいです・・・

まあ、とにかく楽しいキャンプになるように気をつけて行ってきます!久しぶりに僕の心の故郷である「太平洋」に会ってきます。夜はくれぐれも泥3号に変身しないように気をつけますね(笑)でも、まあ夏だしいいっか!

待ってろ太平洋!今行くぞ~!!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

(今日のマニアック有名人しりとり)

ら ラガ(1990年代前半にプロ野球のダイエーホークス(現ソフトバンク)で活躍したアメリカ人。1年目に32本塁打を記録したが、それ以降は目立った活躍は見られなかった。)

|

« 連続ブログ小説 ~予告編~ | トップページ | 海に再会、そしてまた別れ。 »

コメント

知らない。くやしいです。サイコメトラーは見てたけど・・・思い出せないので今夜から徹底的に調べ上げたいと思います。
「連続ブログ小説」超楽しみです!キャスト多しで、そのうち混乱してくると思うので相関図も載せといて下さいね。

投稿: fotofoto妻 | 2007年7月29日 (日) 19時25分

fotofoto妻さん
こんばんわ。
ぜひ徹底的に調べてください。小原君はかなりのイケメンというか美少年ですよ!
「連続ブログ小説」ぜひ楽しんでいただきたいと思います。ある程度話が進んだら『相関図』作りますね。ホント混乱しますよね(笑)

投稿: 猫男爵 | 2007年7月29日 (日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/7300040

この記事へのトラックバック一覧です: イケメン軍団の軌跡 ~伝説のJr.~:

« 連続ブログ小説 ~予告編~ | トップページ | 海に再会、そしてまた別れ。 »