« 棚からボタモチ! | トップページ | 闘魂列伝 ~転換期~ »

2007年6月17日 (日)

たったひとつのグローブ・・・

たったひとつのグローブ…

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は6月の第3日曜日、「父の日」ですね。皆さんもきっとお父さんに、贈り物や感謝の気持ちを伝えたことでしょうね。僕は今日、普段は父がしている4つの犬小屋の掃除を率先してやってあげました。

実は僕は物心ついた頃は父の事がとても恐くて、近くにいくことも嫌だった事をよく憶えているのです。別に暴力的だったとか恐い親父だったとか、そういう事は一切ない優しい父親だったのですが、角刈りくらいの長さでパンチパーマをかけていて、一見知らない人が見ると、「そっち関係」の人と思われても仕方ない風貌だったのです・・・

そしてそれに輪をかけるように家に訪ねてくる人も、「そっち関係?」と思うような人ばかり・・・後でわかったのですがその人たちは犬仲間の友人だったのですが、それにしても恐そうな人ばっかりでした。僕は幼いながらにも父は会社に行くふりをして、どこかでヤバイ仕事でもしているのではないか・・・と不安に思ったこともありました(笑)実際は普通の会社員なので安心してくださいね(笑)でも、家にいる父は本当に優しい父で、いつも冗談ばかり言って笑わせてくれていました。

僕が小学校1年生の時の運動会の事です。『クラス対抗父兄リレー』というのがあり、僕はたいした気にしないで見ていたのですが、最後のアンカーの前までの段階で僕のクラスは最下位でした。そしてアンカーにバトンが渡ると同時にどこかのお父さんがものすごいスピードで次々と前を走る人たちを抜いていくのです!『すごい速い!』と僕は感心していましたが、よく見るとそれは僕の父だったのです!『えっ!俺の父さん?』僕は父が走る姿を初めて見たのですごく驚きました。姉から『うちの父さんは半端なく足速いよ!』と前々から言われてはいたのですが、ここまで速いとは思いませんでした。結局、前を走っていた人全員をゴボウ抜きしてトップでゴールしました!僕は嬉しくて嬉しくて凄く鼻が高かった事を思い出します。

そんな父が、僕が小学3年生の時に買ってくれたのが上の写真の「グローブ」です。長く使えるように少し大きめの物を買ってくれました。僕はすごく嬉しくてその日のうちに父とキャッチボールをしました。その時の感触は今でも憶えています。それからというもの野球をする時はいつもこのグローブが僕と一緒にいました。

中学校に入学し、厳しく辛い部活にもこのグローブがいつも一緒にいて、練習で辛くて泣いた時も、試合に勝って嬉しかった時も、最後の中体連で負けて悔し泣きをした時も、常にこのグローブが僕を見守っていてくれました。それはまるで「父が僕の事をいつも見守っていてくれる」ような感じでした。確かに試合でピンチの時は、グローブを開き『大丈夫!』と声をかけると心が落ち着いたことを憶えています。

そしてこのグローブは高校での軟式野球、大学でのソフトボールと常に僕の側にいました。しかし、20歳になったのを気に自分で新しいグローブを購入し、このグローブは大切に家に保管しています。今、プレーしている朝野球でこのグローブを使うことはないのですが、もし僕が自分なりに朝野球を引退しようと思った時は、その最後の試合に父に買ってもらった、この『たったひとつのグローブ』を使おうかと考えています。最後はどうしてもこのグローブで終わらせたいから・・・

僕もいずれ結婚して子供ができた時に、もし男の子が生まれればその子には「グローブ」を買ってあげたいです。心にいつまでも残る大切な宝物になるように。少なくても、このグローブは僕の大切な宝物です。父との思い出がたくさん詰まった『世界にひとつしかない、たったひとつのグローブ』です。

今日の夜は母が所用でいないため、僕と父の二人でご飯を食べました。僕が作った炒飯を『うまいな、これ!』と言いながら食べてくれました。そして、巨人戦のTV中継を見ながら野球の話を色々としました。そんな父の背中が少し丸くなってきたのを見て、時代の流れを感じるとともに、なぜだか少し心がウルウルしてきました・・・

「父の日」だからでなく、父に対する感謝というものをいつも忘れてはいけないな・・・と思った猫男爵でした。

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

ふ ファン・パブロ・モントーヤ(2001年にウィリアムズでデビューを果たしたコロンビア出身の元F1ドライバー。その後マクラーレンに移籍し通算7勝の活躍をする。現在はNASCARでレーサーとして活躍している。F1での活躍時は「コロンビアの暴れん坊」と呼ばれていた。)

|

« 棚からボタモチ! | トップページ | 闘魂列伝 ~転換期~ »

コメント

かいしゃってる!ファンパブロ・モントーヤ やっぱり、八千代ラムかい?

投稿: ヒロキネン | 2007年6月18日 (月) 01時10分

ヒロキネンさん
はじめまして。八千代ラムは150円高くても特上頼むべきですね。絶品でしたね!
モントーヤとアロンソのマクラーレンは史上最悪のコンビでしたね(笑)

投稿: 猫男爵 | 2007年6月18日 (月) 07時38分

猫男爵さんのお父さん、とてもかっこいいですね!!
見た目とギャップがあって動物を大切にしいて優しいトコロとか足早いトコロとか一気にファンになりました。

投稿: まゆ | 2007年6月18日 (月) 07時42分

まゆさん
おはようございます。そしてありがとうございます。
昔は本当に恐い風貌だったのですが、今はすっかり年老いてしまって、ただの普通の優しい人になっちゃったんです・・・
僕的には今頃になって、あのコワモテの風貌が好きになってきたんですけどね(笑)

投稿: 猫男爵 | 2007年6月18日 (月) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/6818396

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつのグローブ・・・:

« 棚からボタモチ! | トップページ | 闘魂列伝 ~転換期~ »