« 身近にいたガンジー! | トップページ | 日本で一番無口な男・・・ »

2007年5月21日 (月)

これから『さくら』が満開に!

これからが『サクラ』の季節!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

昨日、日本中を激震させたニューヒーロー誕生のニュース、皆さんはご存知ですか?そうです、男子ゴルフ界に突如スーパー高校生が現れたのです!

昨日行われた男子プロゴルフツアー「マンシングウェアKSBカップ」最終日、優勝したのは何とまだ15歳と8ケ月の東京・杉並学院高校1年の石川遼君でした。まだあどけなさの残る顔からは想像もできない、力強いドライバーショットと柔らかいアイアンショット、そして正確なパター、どれをとっても並のアマチュアではありません!見事な優勝でした!

世界的にみても、この若さでの優勝はおそらく例を見ないと思われます。日本の女子ゴルフ界でも高校生3年時(18歳)で優勝した、宮里藍が最年少優勝なわけですから、いかに凄い記録かがわかります。

注目されるのは、今後プロに転向するのかという事です。日本のルールでは、アマチュアで優勝した選手は通常受けなければならないプロテストが免除され、プロ宣言をするだけでプロゴルファーになることができるのです。石川君の場合、プロ宣言の猶予が2009年のシーズン中まであるので、今すぐにプロにならなくてもいいわけですが、その去就が注目されますね。

このニューヒーローの誕生で、青木功、尾崎将司、中島常幸らの活躍以降、『不遇の時代』と言われ続け、人気が低迷していた男子ゴルフ界に一筋の光が差し込んできたように思えます。

その男子ゴルフ界とは逆に、女子ゴルフ界は若手の台頭により世代交代が順調に進み、ここ数年は『女子ゴルフブーム!』と呼ばれるほどの高い人気が目立っています。何と言ってもその最大の功労者は「藍ちゃん」こと宮里藍なんですが、それに負けず劣らず活躍している一人の女子ゴルファーがいます。

上の写真は、僕がその選手からもらった直筆のサインです。誰だかわかりますか?実は横峯さくらなんです!

世間で『藍ちゃんフィーバー』が起きている頃、僕はずっと「さくら」の事を応援していました。さくらの場合、ちょっと親父が目立ちすぎなところがあり、実力よりも話題性が先行してしまった面もあります。しかし、さくらの実力はアマチュア時代から折り紙つきで、宮里藍が唯一ライバルと認めていた存在でした。アマチュア時代はさくらの方が成績が良かった時期もありました。

2004年のプロテストに合格したさくらは、2005年シーズンからツアーに本格参戦しました。僕は毎週、さくらが出る試合は必ずと言っていいほど応援していました。そして、2005年4月の「ライフカードレディース」で見事に初優勝したのです。僕は本当に嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。その後、その年にもう1勝し、2006年には3勝をあげ、ツアー通算5勝という成績を残しました。

さくらの魅力は何と言っても、豪快なドライバーショットです。テイクバックでヘッドが地面を刺すほどの超オーバースイングは、誰にも真似する事のできない豪快な技です。この背景には、幼い頃からの独特の練習方法で鍛えあげられた強靭な足腰と筋力が隠されているのです。

もうひとつのさくらの魅力は、裏表の無いその愛らしさです。嬉しい時には素直に笑い、悔しい時にはそれを顔にもろに出す、機嫌の悪い時も一発でわかります。そして、親父との親子喧嘩は名物みたいにもなりましたよね。親父のことを『ウザい』と言って突き放し、時には蹴りをも飛ばす、そんな子供っぽさも裏表の無いさくらならではだから、愛嬌として許されるのではないかと思います。

そんな、我らがさくらが昨日「中京テレビ・ブリヂストンオープン」で2007年ツアー初勝利、そしてツアー通算6勝目を見事に「さくらスマイル」で飾りました!昨日のゴルフはさくららしい思い切りの良さが目立ち、また苦手とされているパットのほうもさえ、前日の7位からの逆転優勝となりました。

実は今シーズンのさくらは、なかなか結果が思うように出ずにスランプに陥り、僕も心配していました。4月下旬には急性へんとう炎で欠場、そして先週はじんましんで途中棄権と体調が万全でない中での優勝に僕も一安心ですし、さくら自身もかなりの自信に繋がったと思います。

これを機に、今後どんどん活躍して今年こそ賞金女王を獲得してほしいと思います。僕も影ながら、いちファンとしてこれからもさくらを応援しつ続けていきたいと思います。

日本列島はようやく桜前線も終焉を向かえ、桜の季節ともお別れとなりましたが、ゴルフ界ではまさにこれからが「さくら」の季節になり、「さくら」が満開になる事を僕は切に願います!

皆さんは好きなスポーツ選手や、応援しているスポーツ選手はいますか?スポーツって、本当に見る側をいつもドキドキさせてくれるし、その影にある壮絶なドラマにいつも心がうたれますよね・・・そんな感動をもたらしてくれる多くのアスリート達から僕は目を離せません。皆さんももし、まだそういうアスリートに出会えてなければ、これから見つけてみてはいかがですか?きっと楽しくスポーツ観戦できますよ。

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

る ルビー浅丘モレロ(たけし軍団の一員。あまり名は売れていないので、目だった活躍はないが、今もオフィス北野に所属している。)

|

« 身近にいたガンジー! | トップページ | 日本で一番無口な男・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/6500077

この記事へのトラックバック一覧です: これから『さくら』が満開に!:

« 身近にいたガンジー! | トップページ | 日本で一番無口な男・・・ »