« 雨、それは晴れへの道標・・・ | トップページ | 花の1974年生まれ! »

2007年5月19日 (土)

大人のラムネ!

大人のラムネ!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

昨日、僕の会社では総会が開催されました。そこで僕は勤続10年の表彰を受け、表彰状と記念品をもらいました。自分ではついこの間、大学を卒業して就職したつもりでいましたが、月日が経つというのは本当に早いものですね。昨日は改めてそれを実感しました。

と、同時にこれから20年30年と毎日毎日同じ事の繰り返しをやっていくのか・・・と思うと切ない気持ちに陥りましたが、それは多くの人たちも同じ事で、僕だけのことではありませんし、それにそんな同じ事の繰り返しの中にも、きっと自分のためになる何かは必ずあるはずなので、それをうまく吸収して今後の自分の仕事に活かしていきたいと思います。

さて、前置きはこのへんにして今日の本題に入ります。

まず上の写真をごらん下さい。「わさびラムネ」です!ものすごいインパクトですね!わさび味のラムネ?どんだけっ?

皆さんも子供の頃、ラムネをよく飲みましたよね?僕は子供頃、近所の駄菓子屋に行ってはラムネを買い飲んでました。開けるときの、「ポン、シュワ~」という音がたまらなく好きで、飲んだ時に喉にくる「シュワシュワシュワ~」のあの感覚もまた格別でした。そして、中のビー玉を取って遊ぶのも好きでした。

さて、この「わさびラムネ」ですが、これは静岡県の名産だそうです。ラベルには「静岡名産のピリッとしたわさびと昔懐かしいラムネの刺激的な出会い」と書かれています。

地ビールとはまた違い、地方では昔から意外に多くの種類のサイダーやラムネが発売されていて、東急ハンズなどでは、それを一同に集めたフェアを開催することもあるそうです。今度機会があれば僕も行ってみたいと思います。

実際にこの「わさびラムネ」を飲んだ人は『においはラムネのにおいで、思ったよりもワサビのツンとした刺激は少ない。それでも甘さは控えめで、ドライテイストなラムネといった感じ。』と言ってます。

発売元は静岡県島田市にある木村飲料株式会社で、発売したのは昨年の4月からだそうです。『ラムネで何か静岡名産の味を!』という事で開発されたようですが、静岡には他にも、みかんうなぎがありますが、「みかんラムネ」はすごく美味しそうだし、「うなぎラムネ」は超まずそう・・・「わさびラムネ」がベターだったのかもしれませんね。

そんな事を言っているうちに、もうひとつの驚くラムネを僕は発見してしまいました!これは衝撃的ですよ!下の写真をごらんください!

大人のラムネ!
出た~!!パッ!閉店ガラガラッ~!

「カレーラムネ」・・・もう笑っちゃうしかありません(笑)

ラベルにはターバンを巻いたインド人のおじさんが描かれていて「インド人もびっくり!」のキャッチコピーが使われています。インド人がびっくりするやつって、どんだけっー!!

これも発売元は「わさびラムネ」と同じ木村飲料株式会社です。聞くと、発売したのは今年の3月で、『これまでにない味を作ってみよう』という発想がきっかけだそうです。

ラムネの甘さとカレーの辛さ、これがうまく本当に融合できるのでしょうか?

実際に飲んだ人の感想は『飲むと最初はほんのり甘く、後味は確かにスパイシーな感じ。でも、炭酸もしっかり効いていてなかなかの味です』とのことです。

現在はかなりの爆発的な売り上げらしく、お客さんの反応はかなり良好だそうです。全国の大手スーパーで販売中とのことです。僕も探してぜひ飲んでみようと思います。皆さんも興味があれば一度試してみてはいかがですか?

そしてこの会社、実は5月20日新商品を発売する予定らしいのです。「わさび」「カレー」ときて、さて次は何を出してくるのか・・・まさか「唐辛子」とか「タバスコ」は無いよな・・・でも、きそうな雰囲気・・・「あるよ!」 何のラムネだったかは後日報告いたします。

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

は(ば) バーモンド秀樹(ものまねそっくり大賞などで活躍するそっくり芸人。もちろん「西城秀樹」のそっくりさん。オフィス向日葵に所属している。)

|

« 雨、それは晴れへの道標・・・ | トップページ | 花の1974年生まれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/6469922

この記事へのトラックバック一覧です: 大人のラムネ!:

« 雨、それは晴れへの道標・・・ | トップページ | 花の1974年生まれ! »