« 心のカケラ・・・ | トップページ | ミニバレー春の祭典! »

2007年5月12日 (土)

ジュリーに首ったけ!

ジュリーに首ったけ!

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です。

上の写真は4~5歳の頃の僕です。なぜ、こんなよそいきの格好をして玄関の前で写真を撮っていたかは不明ですが、当時のまだ幼い僕がこの頃夢中になっているものがありました。それは『ジュリー』こと沢田研二です!

僕の記憶の中でも、その記憶は少しあるのですがはっきりと憶えているわけではありません。前に母から何度か聞いたことがあるのですが、僕は沢田研二がテレビに出ると『ジュリーだぁ!』と叫び、ジュリーがかぶっているのと一緒のお気に入りの帽子を少し斜めにかぶり、モノマネをしていたそうです。この頃からモノマネにはまっていたって、どんだけっー!!

『ジュリー』こと沢田研二は、ザ・タイガースのボーカルとして活躍し、解散後はソロ活動をしていました。僕が『ジュリー』にはまっていた頃はまさに絶頂期で、国民的アイドル的な存在だったのです。

僕がよく見ていたテレビ番組に、当時の子供達に絶大な人気を誇っていた『8時だヨ!全員集合』がありました。ジュリーは歌だけでなくバラエティーやCMでも大活躍していたので、この番組にもたびたびゲストとして登場してました。そしてゲストの歌のコーナーが始まると、僕も帽子をかぶりジュリーと一緒に歌っていたそうです(笑)

ちなみに僕が好きだった歌は『勝手にしやがれ』『サムライ』『カサブランカ・ダンディ』の3曲です。これを歌っていた事は僕もよく憶えています。

『勝手にしやがれ』では最後にジュリーが必ず帽子を客席に投げるので僕もそれを真似して帽子を投げてました。

『サムライ』はジュリーがシースルーみたいな服を着て、小刀を持ちながら歌っていたのを憶えています・

『カサブランカ・ダンディ』は間奏の時にウィスキーを口に含んで霧を吹くパフォーマンスをジュリーがやっていたので、僕も水か何かを含んでモノマネしていた記憶があります。

この3曲でもわかるように彼の魅力は何と言っても、その奇抜な衣装やパフォーマンスです。当時の歌謡界をリードするファッションセンス、大規模なコンサートツアー、すべてが社会問題になるほどの活躍ぶりでした。

僕が中でも印象に残っているのが、『TOKIO』という歌です。電飾衣装を着飾ったジュリーがパラシュートを背負いながら歌う姿は衝撃的でした!さらには『恋のバッド・チューニング』という歌の時にはカラーコンタクトを使用し世間をあっと驚かせました。

今でこそ当たり前の事を、当時から積極的に挑戦し音楽業界の『パイオニア』的な存在であったジュリーだからこそ、僕は夢中になったのかもしませんね。何事にもおいても彼は常に先を進んでいました。当時、誰よりも早く長髪ブームを起こしたのも彼ですし、演歌歌手以外で初めて紅白歌合戦の大トリを務めたのも彼、沢田研二なのです。

ジュリーの影響を受けた音楽関係者も多く、佐野元春、大沢誉志幸、氷室京介、BUCK-TICK、河村隆一、清春、石井竜也、及川光博、プリンセスプリンセスなど、ビジュアル系と言われた数多くのバンドやミュージシャンが、今日においても彼の事を強く慕っている点からもそれはうかがえます。

こうして1970年代~1980年代にかけて日本の歌謡界をリードしてきたジュリーも来年で『還暦』をむかえるそうです。時代の流れというものは早いもので、僕がモノマネをしていたジュリーが60歳になるんてとても信じられません・・・しかし、僕がまだ幼い物心がつくかつかないかというそんな時期に、僕が『ジュリーに首ったけ』になっていたことだけは紛れもない事実であり、すごく良い思い出としていつまでも胸の中に強く光り輝いています。『ありがとう!ジュリー!』

今日は僕らよりも少し若い世代の人には、ちょっと意味がわからない話題でしたね(笑)同世代の人の中には共感できた人もいたかな?(笑)

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

ち 千葉すず(1990年代の日本水泳界を牽引した元女子水泳選手。バルセロナ、アトランタと2度のオリンピックに自由形で出場したが、惜しくもメダルまでは届かなかった。実力は世界トップクラスであったが本番では思うようにその力を発揮できなかった。夫はアテネ五輪バタフライ銀メダリストの山本貴司。)

|

« 心のカケラ・・・ | トップページ | ミニバレー春の祭典! »

コメント

そうです!!
ジュリーは今でこそ確立された分野であるヴイジュアル系の「パイオニア」です。ひとくくりにヴイジュアル系とまとめてしまうのも勿体無い話なんですが、簡単に言うとそうですよね。いやいや、しかし猫男爵さんと芸能界で興味を持つ所の趣味合いますね。(笑)ミュージシャン界のヴイジュアル系もアイドル界のヴイジュアル系も両方をチョイスしているのがジュリーとも言えますよね。今でもオリジナルアルバムを出している心意気も素敵だと思います。

投稿: fotofoto妻 | 2007年5月12日 (土) 21時10分

fotofoto妻さん
こんにちわ。
なんだか話が合いますね!ジュリーの事をこんなにわかってくれて凄く嬉しいです!!
ジュリーは本当にアイドルとしてもミュージシャンとしてもひとつの時代を確立してくれましたよね。そのおかげで日本の音楽界が進化したと言っても言いすぎではないと思います。
もし、『ジュリー』がいなかったら・・・と考えると、今の音楽界はどうなっていたのか本当に恐ろしいです。
これからも一緒にジュリー応援していきましょうね(笑)

投稿: 猫男爵 | 2007年5月13日 (日) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/6389764

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリーに首ったけ!:

« 心のカケラ・・・ | トップページ | ミニバレー春の祭典! »