« 闘魂列伝 ~創設期~ | トップページ | 拝啓、シェイクスピア様・・・ »

2007年4月 8日 (日)

翔アニキに憧れて!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は雨まじりの曇り空でしたね・・・あまり僕にとっては好ましくない天気です。

さて、僕が憧れる人物のひとりに「哀川翔アニキ」がいます。彼のどこに憧れているかとう事はまず置いておき、彼について少しご紹介してみたいと思います。

哀川翔アニキは、皆さんも言わずとしれた「Vシネの帝王」として年間数十本の映画に出演しているトップスターです。アニキは、もともとは路上パフォーマンス集団「一世風靡セピア」に所属しており、『前略、道の上より』でレコードデビューをしました。一世風靡セピアには柳葉敏郎や勝俣州和も在籍していたことは皆さんもご存知ですよね。

その後、同郷の先輩である長渕剛から出演依頼を直々に受け、TBS系のドラマ『とんぼ』で俳優デビューを果たしました。このときの演技が好評を博し、本格的に俳優の道へと進んでいくことになりました。僕もこのドラマは見ていたのですが、長渕の舎弟という役が見事にはまっていて、とても素晴らしい演技だったと思います。その後も、長渕とのコンビは絶妙で、映画『オルゴール』『英二』やドラマ『しゃぼん玉』などは欠かさず見ていました。

そして1990年代に入ると、助演という立場から一本立ちし、主演を務めるようになり、活動もVシネマ中心に変え、圧倒的な存在感でヒット作品を量産していきました。2004年に出演した『ゼブラーマン』で主演作品100本達成という快挙も成し遂げてみせました。

そんな、翔アニキのどこに僕が魅力を感じて憧れているかというと、それは彼の「生活スタイル」にあります。

彼の朝は「太陽との真剣勝負」から始まるのです!常に起床時間は早く、4時や5時は当たり前なんだそうです。つまり「朝起きた時に太陽が昇っていたら負けで、昇る前に起きれば勝ち!」これが彼の一日の始まりなのです。そのため夕方には眠くなり、就寝時間は20時か21時なんだそうです。

やはり人間「早寝早起き」が理想ですよね。僕が憧れるのは「太陽と真剣勝負する」というその心意気です!僕も早起きはそんなに苦手ではないですが、唯一アニキとは違う点があり、「朝早く起きても夜も遅くまで起きていたい」ということです。

僕は起きている時間というものをすごく大切にしています。よって「寝るということがもったいない」という考えなんです。だから通常の睡眠時間も4~5時間あれば十分なんです。

昔の人は「早起きは三文の得」とよく言ったものです。確かに僕もそれには同感です。僕は朝食は365日必ず食べないとダメなタイプなんですが、早起きをしたらその朝食前に色んな事ができるんですよね。まあ、冬は夜明けも遅いし寒いのであまり早起きはしませんが、夏は早起きして、運動したり、庭仕事をしたり、犬の散歩したりと、やることはいくらでもあります。

朝の魅力は何といってもすがすがしくて空気が美味しいことです。近所の人との挨拶、小鳥たちのさえずり、東の空の太陽がくれるエネルギー、すべてに生きている喜びを感じます。そうすると朝食がより美味しく食べられるんですよね!

例外として、朝野球の試合がある時は3時起きなので、まだ薄暗いですけどね。それに、飲んだ翌日は、たまにゆっくり寝ていたいなあとは思いますが、それでも休みの日に寝ているのはもったいなくて、天気さえ良ければ二日酔いのまま外で何かしらやってますね(笑)ですから、翔アニキの「太陽との真剣勝負」にはとても強い憧れを感じます。

翔アニキには5人の子供がいるんですが、実は奥さんはバツイチで上の3人の子は前夫との間にできた子なんです。ですから本当に自分の子供は2人だけなんです。しかし、翔アニキは自分にとって最初の子供が産まれた時の取材に対し、『いや、うちの子供は4人目ですから』とハニカミながら話したそうです。そのへんにも彼の性格がにじみ出ていますよね。

しかし彼はとても短気な性格で、子育てにもとても厳しく『うちは家族じゃないんだ。族だから。』と語っている通り、約束した時間を守らなかったりすると、見境なく鉄拳制裁が飛んでくるそうです。哀川家には「嘘をつかない、人の物を取らない、人を傷つけない」という3原則があり、これを破ると「半殺し」になるそうです。その反面、ものすごい子煩悩としても有名なんです。

なかなか今のこの時代には欠けている、人間としては当たり前の事を3原則にするという教育方針、そして家族をとても大切にするその精神、僕も将来家族を持った時に、見習いたい一面です。それがアニキの魅力のひとつでもあります。

「哀川翔」・・・彼の貫く生活スタイル、そして家族愛、すべてが僕の理想像であり憧れでもあります。僕もいつか大切な人と、そんな素敵な暮らしができたらいいと思います。まあ、僕はアニキのコピーではないので、僕は僕なんで、自分のスタイル、そして相手のスタイルに合わせますけどね(笑)

それでは今日はこのへんで。

P.S くしくも、明日は仕事で朝4時起きです・・・(選挙の新聞号外を配達する仕事があるために)まだ太陽は出てないよなきっと・・・だから明日は僕の勝ち?(笑)

お 大和田獏(おおわだばく。俳優でもありキャスターでもある。妻は女優岡江久美子、長女も女優大和田美帆、実兄は俳優の大和田伸也。妻の岡江が8:30~TBS系『はなまるマーケット』に、大和田本人が11:25~テレ朝系『ワイド!スクランブル』にそれぞれキャスターとして出演している。また、ダジャレ好きでも有名である。)

|

« 闘魂列伝 ~創設期~ | トップページ | 拝啓、シェイクスピア様・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/6017469

この記事へのトラックバック一覧です: 翔アニキに憧れて!:

» ゼブラーマン [映画や本を淡々と語る]
確信的B級映画。 「お前誰や?」 「ゼ、ゼブラーマン ・・・・・ 」  このあたりのやり取りから笑えるようになる。 [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 11時17分

« 闘魂列伝 ~創設期~ | トップページ | 拝啓、シェイクスピア様・・・ »