« 川に消えた第2ボタン・・・ | トップページ | イケメン軍団の軌跡 ~創生期~ »

2007年3月 3日 (土)

日本の文化を後世に!

日本の文化を後世に!

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です。

今日は3月3日「ひな祭り」ですね。我が家でも雛人形が飾られています。現在、家には女の子がいるわけではないのですが、雛人形は年に一度出してあげて、飾ってあげるのが日本古来の慣わしなので、我が家では毎年飾っています。

僕も小さい頃、雛人形を飾るのを姉と一緒に手伝ったのを憶えています。そして、3月3日にはたくさんのご馳走を食べながら、家族みんなでお祝いしたのを思い出します。中でも、大好きだったおばあちゃんとお雛様の前で写した写真はすごい思い出深い1枚です。

「ひな祭り」とは、女の子の健やかやな成長を祈る年中行事で、旧暦では桃の花が咲く季節になるために「桃の節句」とも呼ばれていますね。

そもそも「ひな祭り」の起源は、平安時代に上流階級の貴族の子女の「遊びごと」が始まりとされていて、決して儀式的なものではありませんでした。

これが江戸時代になると、「節句の儀式」へとなり、全国に広まるようになったそうです。もっとも、この時代には飾り物としての形式と、一生の災いを人形に身代わりさせるという祭礼的な意味合いが強くなり、嫁入り道具の重要な家財のひとつに数えられていました。

当時の雛人形は内裏人形(お内裏様とお雛様)の二人だけでしたが、江戸時代末期からは従者人形(三人官女、五人囃子、右大臣・左大臣)たちや小道具、御殿や檀飾りなど急速にセットが増え、それが現代へとつながっていくようになりました。

今日は皆さんの家にも、雛人形が飾れている方もいると思いますが、年に一度の「ひな祭り」ですから、楽しい節句のお祭りで盛り上がってみてはいかがでしょうか。そして、こういう日本の伝統や文化を子供たちに、そして後世に語り継いでいかなければなりませんね。

何かと、今の若者は「古くさい」だとか言って古来の伝統や文化を粗末に扱う傾向がありますが、僕たちはこの国に生まれ育ち、そしてこれからもこの国で暮らしていくわけですから、こういう伝統や文化、あるいは風土や慣わしを大切にし、未来へと少しでも伝承していく必要があると思います。

僕らがおじいちゃんや、おばあちゃんになった時に、僕らの孫が「おじいちゃん、おばあちゃん、雛人形の前で一緒に写真撮ろう!」と笑顔で言ってくれるような、そんな時代が続けばと僕は切に願います・・・

そして、僕が小さかった頃に一緒に横で写真を撮ったおばあちゃんのように素敵な笑顔で写れる日がくることを願ってます・・・

今日は3月3日という事で、「ひな祭り」のお話をさせていただきました。

日本の文化を後世に!

この人形は僕が保育所の時に作った「雛人形」です(笑)相当、年代ものですよね(笑)

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

り 利重 剛(りじゅうごう。俳優であり映画監督でもある。最近では、映画「ハチミツとクローバー」に出演。CMでは「キリン一番搾り」にも出演している。)

|

« 川に消えた第2ボタン・・・ | トップページ | イケメン軍団の軌跡 ~創生期~ »

コメント

猫男爵さんの保育所時代に作った雛人形に感動しました^^お母さんはずっと残してくれてたんですね♪お母さんステキですネ!!!桃の節句の他にも、一年を通して家族で祝う行事は毎月の様にありますよね☆それはちゃんと意味がある事だと思うので、満喫したいです^^若い人達にも、その意味を知ってもらいつつ、楽しんでもらいたいですよネ♪流行廃りとは全く別のことですから^^仕事の関係などで、お正月すらゆっくり休めないこの世の中…何故形が変わっても現在に国民的行事というのは残っているのか、それにはちゃんと意味があるからなんでしょうネ('∇^*)/^☆

投稿: 速水よこみち | 2007年3月 3日 (土) 22時53分

速水よこみちさん
その通りですね。国民的行事にはちゃんと意味があるんですよね。
子供の頃って、お祝い事や行事があるだけでワクワクしてましたもね。
そういう気持ちは大人になっても忘れていけませんよね。そして子供たちに伝えなければなりませんよね。
今日はそう強く思いました。

投稿: 猫男爵 | 2007年3月 4日 (日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の文化を後世に!:

« 川に消えた第2ボタン・・・ | トップページ | イケメン軍団の軌跡 ~創生期~ »