« イケメン軍団の軌跡 ~創生期~ | トップページ | 元気のミナモト!! »

2007年3月 5日 (月)

大人のモラル・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

嫌な雪です・・・ 猫男爵は正直テンション落ちてます・・・↓

が・・・が目前だったのに、外はまた銀世界へ・・・

僕の天敵である「雪」のやつが、僕の事をあざ笑うかのように深々と降り続いています。

でも明日は気温が上がり、雪は解けちゃいますよね!そう祈ってます!!

さて、皆さんはよくテレビとかでやってる「衝撃映像」みたいな、信じられない光景を目の当たりにしたことはありますか?僕はとても信じられない衝撃映像を目撃した経験があります。今日はそのお話をしてみたいと思います。

あれは今から5~6年ぐらい前のある夏の日の出来事でした。

僕は友人Hきと一緒に、Hきの近所の川で焼肉をやりながら「釣り」を楽しんでいました。

釣りの成果はさっぱりで、Hきが1匹釣っただけでした。いくら川辺とはいえ、真夏の炎天下につけ焼肉の炭の火力で上も下も暑い!まさに「HOTサンドイッチ」状態(笑)

Hきと「もう帰るか?」と話をしていると、川下のほうから奇妙な轟音がしてきたのです!

「何だっ!?」二人は不思議そうに目を合わせました。次の瞬間、僕らの前には信じられない光景が・・・!!

何と、川の中をが走っているのです!その車(サーフ)は川下からどんどんと上流へと向かって走っていき、Uターンをしてはまた戻ってくる、それを繰り返していました。

助手席には小学校低学年ぐらいの子供が乗って楽しんでいました。

しかし、川を車で走るという行動は常識的に考えても「非常識」すぎます!

川は汚れるし、魚たちも逃げるし、モラルがなさすぎです!

僕とHきは激怒し、まわりにいた釣り人たちも当然のごとく文句を言ってました。

騒いで喜んでいたのは、その親子の仲間と思われる数人の人だかりだけです。

その仲間の中にもその行動を止めるような人がいないのも、残念な話なんですが・・・

僕らは気分を害しながらも後片付けをしていました。すると、さっきまで騒いでいた連中の声が急に鳴り止みました。「やっと止めたのか」と僕らは思い、そして荷物をまとめて帰ろうとしました。

その時、僕らの目にまたも信じられない光景が!

何と、さっきのサーフが川の中で立ち往生しているではありませんか!川底の溝にはまったらしく、身動き取れない状態に。まさに天罰とはこのことを言うんですね。

僕とHきは「ああいう常識ないことやってるからよ!」と思わず叫びました。

しばらくすると、辺りは野次馬が大勢集まってきました。しかし、同情する人はほとんどいなく、みんな苦言を呈していました。

サーフはだんだんと水没をはじめ、車内には水が浸水していきました。その連中の仲間の車が助けに川の中に入り、ロープをかけ引っ張りだそうとしましたが、ロープは簡単に切れ、車の救出は困難に・・・運転した親も車はあきらめ、子供を外へ、そして自分も外へ出ました。

結局、サーフは完全に水に浸り、天井部分が少し見えるくらいまで沈みました。そこはちょうど川の中でも深いところだったみたいです。僕らが帰る頃に「JAF」さんが来てたみたいなので、吊り上げてもらったんでしょうが、おそらく廃車でしょうね。

子供がいる前での、あるまじき行為ですよね。子供を楽しませようとしたのかもしれませんが、やっていい事といけない事、それぐらいの区別がつかないようでは親とは言えませんよね。子供にしたら、せっかくの川遊びの思い出が嫌な思い出にしか残らないですよね。それが残念で仕方ありません・・・

まずは親である前に「人間としとのモラル」をもう一度考え直したほうがいいと僕は強く思いました。

僕とHきは、この日とても腹立たしいというか、悲しい気持ちで川を後にしました。

皆さんも「非常識」な行動に腹が立った事はきっとありますよね?

まあ、その人の人生ですからそれは勝手ですが、人に迷惑をかける行動だけは止めてほしいものですよね。

自分も人からそう思われないように、気をつけなければいけないなあと思った猫男爵でした。まさに「人のふり見て我がふり直せ」ですね。

今日は数年前に目撃した衝撃映像をもとに、「大人としてのモラル」「人としてのモラル」についてお話させていただきました。

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

し(じ) ジェリー藤尾(1960~1970年代を中心に活躍した歌手。ハーフであるその端整な甘いマスクに、女性の人気も急騰した。) ※僕の父情報です(笑)。

|

« イケメン軍団の軌跡 ~創生期~ | トップページ | 元気のミナモト!! »

コメント

こんばんわ〜!
許せないですね!川がかわいそう!
何がしたいのか意味がわからないですね。
もし車から出られずそのまま沈んでしまったらと思うと自分の子ドモを危険な目にあわせるなんてわからないですね
もし何かあったらそんなコトでもキケンナ場所にレスキューに行かなきゃならないレスキュー隊の人とその家族がかわいそうです(・_・)ホントに人のふりみて我がふり直せですね☆
私が驚いた光景は札幌の4車線の大きい道路で走ってる車が信号待ちで言うことを聞かない犬を窓から捨てて走って行ってしまったのです!
犬は対抗車線の車に足を跳ねられて人間を怖がっていました。
犬はわるくないのに。教えてもらえたらちゃんと出来るのにかなしかったです。

投稿: ツカ | 2007年3月 5日 (月) 23時20分

ツカさんこんばんわ。
その犬を捨てたやつ絶対許せない!
っていうか人間じゃないよそいつ!
可愛そうだよその犬・・・
もし僕がそれ見てたら、車追いかけて、そいつを車からぶん投げてやるよ!!
絶対に許せない!!
すいません、つい熱くなって、取り乱してしまいました。
でも、本当に最近モラルの無い人が増えましたよね。悲しいけど、どうにもできないんですかね・・・

投稿: 猫男爵 | 2007年3月 6日 (火) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/5582987

この記事へのトラックバック一覧です: 大人のモラル・・・:

« イケメン軍団の軌跡 ~創生期~ | トップページ | 元気のミナモト!! »