« 青天に響く誓い! | トップページ | 小さな喜び・・・ »

2007年3月23日 (金)

イケメン軍団の軌跡 ~万能期~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

すっかり昼間はポカポカ陽気での気配が感じられる今日このごろですね。

さて、ジャニーズファンの方、お待たせしました!今日はシリーズ第4弾!「ジャニーズの万能期」についてお話したいと思います。またお付き合い宜しくお願いしますね(笑)

SMAP・TOKIO・V6が作った時代の流れは、音楽・ドラマ・映画など数多くの業界でその地位と人気を確立し、どの業界でもジャニーズブランドは欠かせないものとなっていきました。そして時は、1990年代後半から21世紀へと差し掛かっていきます。

そのさきがけとして1997年にジャニーズ事務所としては初のデュオとしてデビューしたのが「KinKi Kids」です。KinKi Kidsは堂本光一と堂本剛という2人の「堂本」により結成されました。しかし、2人には全く血縁関係がありません。また、2人とも関西出身ということで、ジャニーズに新しい風が吹いたとも言えるでしょう。

デビューは1997年ですが、結成は1993年と以外にも早く、その頃のグループ名は「KANSAI BOYA」(カンサイボーヤ)でした!(笑)

そして、1994年の大晦日には、デビュー前にしてすでに武道館でファーストコンサートをするという離れ業を成し遂げています。その辺りにもジャニーさんの期待の大きさが現れていますよね。

更にはドラマ、CM等にも登場し、デビューを前にしてその人気は絶大なものでした。僕もデビュー前の2人の活躍を良くテレビで見ていました。「人間失格」「若葉のころ」(ともに光一・剛出演)、「金田一少年の事件簿」(剛出演)や「銀狼怪奇ファイル」(光一出演)などのドラマは特に毎回かかさず見てました。

デビュー曲『硝子の少年』と同時発売のアルバム『A album』は共にオリコン初登場1位を獲得し、ミリオンセラーを達成するという記録を作りました。その後も『愛されるより愛したい』『全部抱きしめて』『フラワー』など連続してミリオンセラーを記録し、11作目まで連続ミリオンセラー達成という偉業を成し遂げました。そして、デビューから24作連続オリコン初登場第1位獲得という大記録を作り、これはギネスブックにも掲載されています。

このように音楽においては記録づくめのキンキですが、その一番の魅力は何と言っても「トーク」です。2人とも関西出身のせいかお笑いの腕はかなりのもので、バラエティー番組ではそのトークセンスの良さが随所に発揮されています!

また2人はそれぞれ独特の個性を持ち合わせており、光一はモータースポーツ、剛は釣りが趣味という、プライベートではまったく正反対の性格をしています。

こうして彗星のごとく現れた2つの個性的な星は、「キンキ」というひとつのデュオになることでより輝きを増すという現象を起こし、ジャニーズファンを虜にしていきました。

そのKinKi Kidsが大活躍する中で、1999年に『A・RA・SHI』でデビューしたのが「嵐」です!メンバーは大野智(リーダー)、櫻井翔(翔くん)、相葉雅紀(相葉ちゃん)、二宮和也(ニノ)、松本潤(マツジュン)の5人です。

グループ名「嵐」の由来は、「芸能界に嵐を起こす」という意味と、頭文字が五十音でも最初の「あ」、アルファベットでも最初の「A」に来ることから「必ず一番になる」という意味が込められています。

そしてこのグループの結成にはジャニーさんとの間に多くのエピソードがあることでも有名です。「嵐」はハワイの船上でデビュー会見を行ったんですが、最初の構想ではメンバーは櫻井、二宮、松本の3人で結成するはずでした。しかし3人の強い意向で、大野と相葉を加入して5人で構成されることになったのです。

櫻井はジャニーさんに『ワールドカップバレーのイメージキャラクターやらない?』と言われ、一時的なものだと思い承諾。二宮と松本は、スタジオでJr.のみんなでバレーをしている際、2人がたまたま最後までその場に残っていて、ジャニーさんの『YOUたち、チョーうまいじゃん!』の一言で決定。大野はJr.内で一番歌がうまいという事だけの理由で決定。相葉に至っては、ハワイでの記者会見の3日前にジャニーさんに『YOU、パスポートある?』と電話で言われ、『あります』と答えたところ、3日後にそのままハワイに行って記者発表になったそうです。ジャニーさんはやっぱり最高だね!

この嵐はジャニーズの数多くあるグループの中でもとても仲が良いことで有名で、プライベートでみんなで旅行にいくほどの仲良しだそうです。また舞台にも精力的に力を入れており、現在のテレビでの活躍にも加え、今後は舞台での活躍も期待されます。

そしていよいよ21世紀を迎え、ジャニーズ事務所が最初にデビューさせたのが「タッキー&翼」です。彼らは2002年9月にシングルではなくアルバム『Hatachi』でデビューするという変則的な方法でデビューしました。

「キンキ」以来のこのデュオは滝沢秀明と今井翼の2人で結成され、通称「タキツバ」と言われ強い人気を誇っています。もともとJr.時代から人気のあった2人だったため、デビューを待つ声は多かったのですが、ジャニーさんの『20歳になったらデビューさせる』という強い意向でデビューが先送りになっていたそうです。

この2人はそのルックスからジャニーズの中でも正統派アイドル路線を突き進むスタイルが特徴です。僕は「タキツバ」の歌や踊り、衣装、そのスタイルがとても好きですね。中でも一番好きな歌は『夢物語』です。

またこの2人はジャニーズの中でも「コンサート」に力を入れていることでも有名で、様々なイベントやアトラクションを敢行することでも有名です。

こうして、KinKi Kidsとタッキー&翼の2つのデュオと、嵐という5人組がジャニーズに新たなスパイスとして加わり、今までの先輩方が切り開いてきた道をさらに開拓し、あらゆるジャンルに対応できる万能性を持ち合わせることで、ジャニーズの中での場所を確立していったのでした。

今日はジャニーズシリーズの第4弾ということで「万能期」と題して、お話させていただきました。次回はいよいよ最終回です!乞うご期待!

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

ろ 六車奈々(ろくしゃなな。15歳でモデルとしてデビューし、その後はCM等で活躍。現在はドラマにも出演し女優としても活躍中。)

|

« 青天に響く誓い! | トップページ | 小さな喜び・・・ »

コメント

変わった経緯でデビューしているジャニーズといえば、V6岡田君も確か「元気が出るテレビ」か何かのアイドルになりたい!みたいなコーナー出身だった気がします。あれだけ典型的なジャニーズ顔、体型、即デビューだったんでしょうね~
またジュニア時代からタッキーのオーラはなんか違ったし、私の目には山下君もブレイクしない訳が無い存在に見えました。今やNEWSの顔です。
最近のジャニーズは皆いろんな事ができるけど、器用貧乏にはならぬようピンになった時に核となる活動をちゃんと見つけて欲しいと古くからのファンは願わずにはいられません。

投稿: fotofoto妻 | 2007年3月28日 (水) 16時23分

fotofoto妻さん
こんばんわ。さすがfotofoto妻ですね!岡田君の経緯をご存知とは・・・
僕は自分ではかなりのジャニーズマニアと自負していましたが、本当にfotofoto妻さんには尊敬の意を表します!
岡田君は「元気が出るテレビ」の「ジャニーズ予備校」というコーナーで出ていましたよ。
第5弾で最終回を迎える「イケメン軍団の軌跡」ですが、fotofoto妻さんとジャニーズのお話できなくなるのは、僕なりにとても寂しいので、時々「番外編」をやりますね!!今決めました!楽しみにしててください。

投稿: 猫男爵 | 2007年3月28日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/5792706

この記事へのトラックバック一覧です: イケメン軍団の軌跡 ~万能期~:

« 青天に響く誓い! | トップページ | 小さな喜び・・・ »