« サトウの日! | トップページ | 幸運と不幸のワーゲン伝説・・・ »

2007年3月11日 (日)

ダスラー兄弟!!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

また嫌なが降りましたね・・・もう本当に本当に雪はこれで最後にしてほしいです!

さて、皆さんはダスラー兄弟というのをご存知ですか?知ってる方はたいしたもんです!(長州小力風)(笑)

兄の名はルドルフ・ダスラー、弟の名はアドルフ・ダスラーです。

ふたりは、ドイツのニュルンベルク近郊で靴工房を営む父クリストフ・ダスラーの子供として生まれました。

二人は父の意志を継ぎ、靴職人を目指し修行を積み、やがて1924年に靴製造会社の「ダスラー兄弟商会」を設立しました。

兄のルドルフは販売を、弟のアドルフは生産を担当し、体育館用シューズ、サッカーシューズ、陸上用シューズを次々と開発し、1936年にドイツのベルリンで開催されたオリンピックでは数多くのアスリートがこのダスラー社の靴を使用しました。

すべては順調に運んでいました・・・しかし・・・

1948年、二人は些細な事をきっかけに喧嘩をし、「ダスラー兄弟会社」を解消し、それぞれ独立して会社を設立することにしたのです。このふたりの兄弟喧嘩が、後に世界一流のスポーツメーカーを誕生させる事になるとは、この時誰が想像できたでしょうか・・・

このへんまで来ると、もうお気づきの方もいらっしゃいますよね!

兄ルドルフが設立したのは『プーマ』(PUMA)で、弟アドルフが設立したのが『アディダス』(adidas)です!

『プーマ』はアメリカライオンの「ピューマ」から命名され、「アディダス」はアドルフの愛称の「アディ」と「ダスラー」をつなげて「アディダス」と命名されました。

運命とは不思議なもので、ふたりの兄弟喧嘩がもしなかったら、世界一流のスポーツメーカーの『プーマ』も『アディダス』もこの世には存在しなかったということですもね・・・

ということは、僕らもこの2つのメーカーのウェアや、スポーツ用品を使用することもなかったということです・・・

せっかくですから他のスポーツメーカーについても少しご紹介したいと思います。

まず、アメリカに本社を置く『ナイキ』(Nike)の社名の由来は、ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」(Nike)から取ったものです。

日本国内最大のスポーツ用品メーカーの『ミズノ』(美津濃)は創業者の水野利八の出身が岐阜県美濃市であったことから、名字の「水野」と「美濃」を掛け合わせたものです。

そして、これも日本のスポーツ用品メーカー『アシックス』(ASICS)ですが、これは1977年にアシックスの前身の会社「オニツカ(株)」と「(株)ジティオ」、そして「ジェレンク(株)」の3社で合併をし、『アシックス』が誕生することになったのですが、3社の代表が集まった際に足が6本ある(人が3人)から『アシックス』(足がsix)となったそうです。

本当に、社名の由来って意外と面白いエピソードがあるものですね(笑)

皆さんもスポーツ用品店などに行き、色々な買い物をすることがあると思いますが、『プーマ』や『アディダス』の物を買う時、ふとダスラー兄弟のことを思い出してみてはいかがでしょうか?ふたりの存在のありがたみが少し沸いてくるかもしれませんよ。

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

ま 松本小雪(1980年代半ば、フジテレビで夕方5時から放送されていた超人気番組『夕やけニャンニャン』の初代司会者。僕もこの番組はかかさず見ていましたが、この番組以外で松本小雪を見る機会は全くといっていいほどなかった・・・)

|

« サトウの日! | トップページ | 幸運と不幸のワーゲン伝説・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/5655420

この記事へのトラックバック一覧です: ダスラー兄弟!!:

« サトウの日! | トップページ | 幸運と不幸のワーゲン伝説・・・ »