« K点の向こう側へ・・・ | トップページ | 猫の休日 »

2007年2月10日 (土)

長州ノコよ永遠に・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です。

皆さんは小さい頃、近所の草むらや空地、森や林などで遊んだ経験はありますか?

男性はもちろん、女性でもきっと少しはありますよね。

僕の住んでいるところは、周りに自然が多く、森や林がたくさんあります。

だから小さい頃は、友達とよくそこで遊んだものです。

そこで僕はたくさんの昆虫たちに出会いました。

トノサマバッタキリギリスモンシロ蝶アゲハ蝶などは

よく見かけたものです。

そして夜になれば街灯にはたくさんの虫たちがその光につられて集まってきます。

中でも、クワガタは僕たち小学生にとって最高のヒーローでした!

夏になると、ほとんど毎晩といっていいほど、みんなでクワガタ採集に出掛けます。

都会に住んでた方には信じられないと思いますが、一日で300~400匹

捕まえた時もあります。

だから、少し小さめなものやメスは基本的にキャッチ&リリースです。

みんなが競い合っていたのは、オスの大きくてより強いクワガタです。

クワガタにも種類がたくさんあり、噛まれると死ぬほど痛い角を持つ

ノコギリクワガタ(その中でも、ひときわ大きく角の角度が鋭いのをスイギュウ

という)、お腹の部分が少し黄色ががっているのが特徴のミヤマクワガタ

角がギザギザになっていて中ぐらいの大きさなのがバルタンクワガタ

(ウルトラマンのバルタン星人のもとになっている)、そして今プレミアがつきあちこちで

高額で取引されているオオクワガタ、他にもコクワガタヒラタクワガタ

などもいました。僕たちがいつも採集していたのはノコギリやミヤマで、

捕まえては対決させて競い合っていました。

今の子供たちはきっと「虫キング」が楽しいんでしょうが、本当の昆虫はそんなもの

比べものにならないくらい楽しいものでした。

僕が捕まえたクワガタの中で、友達たちからも史上最強と呼ばれていたのが、

「長州ノコ」というクワガタです。当時のプロレス界で活躍していた長州力から

文字った名前です。長州ノコは連戦連勝で、向かうところ敵なしでした。

あまりの強さに、もう友達が対戦するのを拒否するほどの強さでした。

その長州ノコもある日、虫かごを開けると、ぴくりともせず、永遠の眠りについて

しまったのです・・・僕は号泣したのを今でも憶えています。

当時、僕は虫かごを3つほど持っていて、長州ノコだけは特別な豪邸の虫かごに

住ませていたのです。子供ながらに僕は立ち直るのにしばらく時間がかかりました・・・

僕がスイカやキュウリが嫌いになったのもこの頃で、昆虫たちに餌として

スイカやキュウリをあげていたので、どうしても「あれは昆虫たちが食べるもので、

人間が食べるものではない」という感覚が根本にあるからです。

残念ながら最近は僕の住んでるところでも、昆虫はほとんど見なくなってしまいました。

自然体系が変わってしまったのです。僕らの子供たち、そして未来の子供たちに

自然という環境の素晴らしさを伝えられないのは凄く悲しいです・・・

便利な世の中になった一方で、自然の美しさを失いつつあるこの地球で、

僕らの使命は、未来ある子供たちに少しでも自然の美しさを伝えていく事なんだと

僕は強く思いますが、皆さんはどう思いますか?

今日は、懐かしい昔の昆虫の思い出話をさせていただきました。

長州ノコよ安らかに・・・

それでは今日はこのへんで。

(今日のマニアック有名人しりとり)

ね  猫背  椿(ねこぜ つばき。女優です。よくドラマにちょい役で出てます。

猫7人衆のひとり。)

|

« K点の向こう側へ・・・ | トップページ | 猫の休日 »

コメント

クワガタ取り。楽しかったよね。
都会育ちの僕も夏はやはりクワガタ取りしましたよ。
クワガタの対決は興奮しますね。
クワガタの季節が終わる頃、
カマキリが成長のピークを迎えます。
カマキリは圧倒的にメスが強く、
産卵を控えたメスは獰猛になります。
対決は凄惨を極めるもので、
勝ったほうは相手を食べてしまう。
僕はあまりの凄惨さにその対決には熱中できず、
オスの飛行対決に力を注いでましたね。
クワガタ取りは今でもしたいと思いますが
カマキリはもういいです。
春に押入れの虫かごから小さなカマキリが
大量に出てきてえらいことになってしまった
こともあります。
小さい頃の記憶って面白いよね。
またの記事楽しみにしてます。

PS 個人的に「猫7人衆」というのがとても気になる・・・

投稿: fotofoto | 2007年2月11日 (日) 06時37分

こんばんわ☆
私も今は虫が苦手な方ですが小さいときはクワガタやカブトムシつかまえました!鈴虫もいました!
クワガタかカブトムシみたいな昆虫を発泡スチロールに入れてかっていたら箱のフタを体当たりで開けて飛びだした時はびっくりしてこわくなり外に逃がしました。今では昆虫少ないんですね…。
テレビで温暖化のせいで北極の氷が凍らなくて白熊が海を渡れなくて餌がとれなくてフラフラになっているのを見てかなしかったです。それから電気を小まめに消すことにしました

投稿: つか | 2007年2月12日 (月) 00時33分

fotofotoさん
クワガタ取り、ぜひ今夏やりましょう!!
すでに計画中ですから。
僕はカマキリを見た事ないんですよね・・・
見てみたいな~カマキリの対決!
「猫7人衆」は「猫男爵」「猫ひろし」
「猫背椿」で3人目ですね。
あと4人、紹介しますので楽しみにして
いてください。

投稿: 猫男爵 | 2007年2月12日 (月) 01時35分

つかさん
つかさんも小さい頃は虫をつかまえた事
あるんですね。小さい頃って何にでも
興味津々だから夢中になるんだよね!
北極のしろくまさん可愛そうだよね・・・
温暖化は深刻な問題だから、つかさんの
ように世界中のひとりひとりが、
小さな事から気を配る事が大切なんだよね。
つかさんのその気持ち大事だと思います。

投稿: 猫男爵 | 2007年2月12日 (月) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« K点の向こう側へ・・・ | トップページ | 猫の休日 »