2017年11月12日 (日)

この木なんの木、気になる木?

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

「この木なんの木、気になる木、名前も知らない木ですから~♪」というCMがありましたよねtv

あれは確か、日立のCMに流れている歌だったと思いますが、最近あまり耳にしないですが、もう流れていないのですかね?

まあ、それはさておき、どうして今日はそんなことを言うかと申しますと、我が家の近所に謎の木を発見したからですeye

その木がこれですpaper

1509799295950

気がついたのはつい1~2週間ほど前のことですが、おそらく自生したものだと思います。

1509799288167

まるで「竹」のような太い幹が特徴です。でも、北海道には「竹」は生えないはずですよね?違ったかな?

1509799291227

ちなみにちょっと見づらいかもしれませんが、花はこんな感じで咲いています。

いったい何の木なのでしょう?

まさに、この木なんの木、気になる木です(笑)

Picsart_1104093638

こちらは僕の近所にある我が母校(小学校)の「かしわ」の木です。

僕が生まれる遙か昔から学校のグランドのど真ん中に、シンボルとして立っていました。

母校は創立100年を超えていますので、おそらくこの「かしわ」の木も樹齢は100年以上だと思います。

もそして息子も、この「かしわ」の木を見ながらきっと小学校を巣立っていくことでしょうconfident

Picsart_1104095852

先日、天気が良かったので娘と息子と一緒に小学校のグランドに遊びに行きました。娘は大好きな「ブランコ」で延々と遊んで楽しそうでしたhappy01

1509800407584

そんなねえね(姉)の姿を羨ましそうに王子が覗き込んでいましたeye王子もきっともう少ししたらグランドを走り回る日がやってくることでしょうscissors

1509799764165

夕陽がちょうど僕と王子を優しく照らし、影ができましたconfidentなんかこの感じは見覚えがあるかんじ・・・

Dsc_3549

そうです、実は4年前の今頃も、当時1歳だった娘を抱っこして、同じように影になった写真を撮っていましたcamera

なんか、こういう写真を見ているとすごく心が和みますconfident

明日から、また新しい1週間が始まります!頑張っていきましょう!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

デビューから1週間。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

早いもので、気が付けば11月もまもなく半ばを迎えようとしていますmaple

少しずつ冬の足音が近づき、今年も残すところ1ヵ月半となりました。

皆さん冬の準備はできていますか、まだの方はそろそろ準備にとりかかりますか、いつ冬が到来してもおかしくないですからねcoldsweats01

さて、そんな今日この頃ですが、前回のブログでもご紹介したように、王子が今週の月曜日から保育所デビューをしましたshine

初日から大泣きcryingして、保育所での話題を独占したようですが、何とか休まずに月曜日から土曜日までクリアしましたsmile

1509954130136

デビューから1週間が経ち、園児スタイルもすっかりさまになっているような(笑)

まだ1歳3ヶ月ですし、親と離れれば泣くのは当然ですし、慣れない環境に最初はとまどい、不安を覚えるのも当然です。慣れるまで時間がかかるのは仕方のないことなので、王子には辛い思いをさせてしまうけど、頑張って欲しいですconfident

それでも優しい先生たちと、元気なお兄ちゃんやお姉ちゃんたちに囲まれて、日々色々なことを吸収して、心も体も大きく成長していってくれるとそう願っていますconfident

実は王子は、「超」をつけてもいいくらいの「大食い」なんですcoldsweats01

とにかく、どんなに楽しく遊んでいても、食べ物が目に入れば一目散eye

好き嫌いなく何でも食べますし、その食べる量が半端ない、放っておけばエンドレスに食べ続けますcoldsweats01

ひどい時には一日に5~6食も食べるので、最近ではお腹が中年オヤジのようにポッコリ出てきていますcoldsweats01

なので、保育所での給食やオヤツの時間に、自分の分だけでは物足りなくて、他のお友達の分まで食べようとしないか、も本当に心配しているところですcoldsweats01

1509954128337

そんな、ちゃめっけたっぷりの王子、いったいどんな風に成長していくのか、僕の心は希望に満ち溢れていますdelicious

保育所にはねえね(娘)もいるので、それが親としては何より心強いです。

毎朝、弟のバッグを持ち、ロッカーまで運んでくれますし、「ねえねがいるから大丈夫だよ。」と泣いている弟に声をかけている、そんな娘の姿を見ていると、「娘も成長しているんだな~」というのをつくづく感じます。

そんな2人の子供の姿を見て、パパは毎日仕事にやる気がみなぎりますrock

もうすぐも仕事が始まりますし、色々な意味で新たな気持ちで生活をスタートしていきたいと思いますshine

2017年の残された日々、頑張っていきましょうねgood

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

王子のデビュー戦!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

あの激戦から1週間が経ちました。
ようやく、フードバレーシンドロームを脱し、日常生活に復帰していますcoldsweats01
さて、そんな中、遂に我が家の王子が明日デビュー戦を迎えます!
1509800402619
いったい、何のデビューかと申しますと、保育所デビューですhappy01
の仕事が決まり、1歳3ケ月でのデビュー戦となります。娘の時は2歳10ケ月だったので、王子は早々のデビューですnote
このデビュー戦に向け、数週間前から卒乳を決行し、妻と王子にとっては寝不足の戦いが続きましたdespair
本当に2人ともよく頑張ったと思います。王子も大好きなママのおっぱいとのお別れが相当辛かったと思いますし、妻も母として授乳することを断ち切るわけですから、寂しさとの葛藤もあったと思いますweep
でも、これは王子がこれから成長していく上で、絶対に通らなければならない道です。遅かれ早かれ、どの子供も通る道、それを無事にクリアしてくれて、親としてはまずはホッと胸をなでおろしています。
も、明日からは大好きな弟と一緒に保育所に行けるとあって、テンションがいつもとは違い、ハイテンションです。
1508850170284
王子は明日自分の身にどんなことが起こるのか、当然のことながら全く理解はしていませんが、いつも誰に対してもニコニコしていて、物怖じしない王子なので、僕と妻もそんなに心配してはいません。
唯一心配なのは、とにかく食べることに対しての興味が強い子なので、他の子の給食やオヤツにまで手を出したりしないかが、気がかりなところです(笑)
1509889166435
まあ、この姿を見ている限り、きっと何でもないでしょう(笑)
2017年11月6日、王子のデビュー戦、これは王子にとっての旅立ち、そして僕たち親にとっても、また1つ大きな節目であることに間違いはないでしょう。
頑張れ、息子よ!その小さな体で、精一杯戦っておいでhappy01
それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

自分で自分を褒めてあげたい。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

10月29日(日曜日)、僕は第6回フードバレーとかちマラソンに初めて出場してきましたsports

あれから2日経ちましたが、まだその興奮と疲労が体から離れませんcoldsweats01

Picsart_1030043719

スタート30分前に、友人のFながさんとともに会場入りしましたが、既にスタート付近はかなりの混雑でしたfull

5000人を超えるランナーが集うスタート付近は、初めて味わう何とも言えない雰囲気で、徐々に僕の緊張感も高まるかと思いきや、思いのほか緊張はしませんでしたconfident

Dsc_2516

辺りには、ランニングスタイルに身をまとう人、キャラクターなどの着ぐるみを身につける人など、各々がおもいおもいにこのマラソン大会を楽しんでいる雰囲気でした。

そして午前9時、いよいよ号砲が鳴り響き、フードバレーマラソンがスタートしましたscissors

スタートといっても、この混雑模様なので、すぐには走れる状況ではありません。普通に走れるようになるまでには2~3分はかかりましたcoldsweats01

僕がエントリーしたのはハーフマラソン、つまり21kmという過酷なレースです。

思えば、僕がこれまでの人生で一番長く走った距離といえば、高校の時マラソン大会かな・・・確かあれは10kmだったかな?

いずれにしてもそれを遥かにしのぐ距離を初めて体験するわけです。それも43歳になって(笑)

Dsc_2517

序盤は自分なりには快調なペースで走ることができました。このように、写真を撮る余裕もまだこの時はありました。

計算上は、1kmを7分のペースで走れば制限時間内の2時間30分以内にゴールできるので、そのペースを守るように時計は常に気にしながら走りましたwatch

途中、が応援にかけつけてくれて「パパ、頑張れ!」というその声にとても勇気と元気をもらい、さらにペースをあげて僕は走りましたrun

6km地点を通過した段階で39分でしたので、1kmを6分30秒という非常に良いペースでした。

このマラソン大会には3つの関門があり、そこをそれぞれ設定された時間内に通過しない人は、そこで失格となってしまい完走することができません。

まずは第1関門が折り返し地点の直後にあるので、何とかそこまで僕は走り切ることが目標でした。

そんな中、折り返し寸前に待ちうけているのは、帯広の森に向かう途中の強烈な登り坂ですsweat01

この頃には既に、折り返しを終えたランナーたちが続々とすれ違い、その走りの速さに驚かされました。

すみません、このへんはもう既にヘロヘロになってきてるので、写真を撮る余裕がないので、言葉だけの説明になります(笑)

地獄のような坂を登り切り、ようやく折り返し地点を通過し、そして最初の第1関門を無事に何とか通過することができましたgood

この時、制限時間まであと4分を残しての通過でした。

そしてレースはいよいよ後半戦に突入です。

今度は登ってきた坂を下るわけですが、このあたりから僕の足に異変が・・・

突如、足に鉄の鉛を大量につけられたかのように、足が動かなくなってきたのですdown

気持ち的には少しでも速く走りたいのですが、足が地上から上がらないのですsad

まずいぞ、これは・・・

僕は次々に後続のランナーに抜かれていきます。

走る前から、どんなに辛くても歩くことだけはやめようと思っていましたが、このままでは僕の足がどうかなってしまうと思い、勇気を出して一度歩いてみることにしました。

少し足を休ませ、そして再び走る、これを繰り返しながら、僕はその後も何とか走り続けました。

こんなところで負けてたまるか!諦めないぞ!

幸いなことに、まだ僕には気力がありました。

そして走ること数km、僕の視界に第2関門が見えてきましたeye

するとその瞬間、 残り30秒です!」という係員の声が聞こえてきました。

それは第2関門の制限時間を告げる声でした。

まずい!

僕は痛い足をかばいながらも必死にスピードをあげましたrun

そして残り15秒というところで第2関門を滑り込みで通過することができましたgood

ふと、僕が後ろを振り返ると、僕の後ろにいたランナーは第2関門通過に間に合わず失格となっていました。

ということは、僕は第2関門を通過した最後のランナー、つまりその瞬間から僕は最後尾ということになりますcoldsweats01

案の定、すぐに僕の後方にパトカーや大会関係車両がつき、その後は猛烈な後方からのプレッシャーを感じながら僕は走ることになりましたcoldsweats01

Dsc_2519

しかしこの時、もう僕の足は限界に近づいてきていましたdown両足に今まで感じたことのない激痛が走り、徐々に足の感覚もなくなってきました。

何度も何度も歩いては走り、歩いては走り、これを繰り返し、自分と必死に闘いました。

小雨だった雨も、いつのまにか徐々に強くなり、さらに僕から体力を奪いますrain

でも、沿道からの熱い声援、「もう少しだよ、頑張って!」「諦めないで、頑張れ!」という声が何度僕を励ましてくれたかことか。

走ってみて凄く感じましたが、見ず知らずの人からの温かい声援って本当に心強いものです。本当に今でも感謝しています。ありがとうございました。

Dsc_2518

17km地点を通過し、第3関門まであと1kmちょっとというところまで来ました。あと少し、あと少しだ・・・最後の気力を振り絞り、僕は走り続けました。

しかし・・・

「制限時間となりました、ランナーの方は走るのをやめて歩道に上がってください」

係員のその非情な声が鳴り響き、僕の闘いは終焉を迎えましたsad

Picsart_1030043648

僕が失格となった場所は18km地点、僕が野球用品などでお世話になっていたマツギスポーツさんの前でした。

第3関門通過まではあと200~300m程という場所でした・・・

Picsart_1030043630_2

何とも言えない気持ち・・・

悔しさと同時に、これでやっと走らなくてすむのかという安堵感が僕を包みました。

Dsc_2523

僕は失格となった選手を乗せるバスbusに乗り込み、ゴール地点へと移動することになりました。

こうして僕の初めてのフードバレーマラソンへの挑戦は終了しました。

結果は完走することができませんでしたが、でも、僕的には自分で自分を褒めてあげたいですconfident

言い訳をするわけではありませんが、練習という練習はほぼできない中で、よくここまで走れたと思います。

練習は8月から始めたのですが、実際は走ったのは1.5kmを8回だけです。

マラソンをしている人からみれば、それがいかに無茶なことなのかはわかると思います。ケガをしなかっただけ幸運といっても良いかもしれません。

僕自身、後半になり足が動かなくなったことは、明らかな練習量不足だというこは重々承知しています。マラソンはそんな簡単なものではないということも理解しています。

なので、来年はしっかりと長期的に練習をこなし、10km、20kmという長い距離をしっかり走りこんで本番に挑みたいと思いますgood

そして必ずリベンシしてみせます!

 

完走を必ずしてみせます!

既に闘いは始まっています。なんだったら、いますぐにでも練習を始めなきゃ!

Dsc_2524_2

でも、まずはこの足を治さなきゃ(笑)

ドMの僕でも、さすがに今回の足の辛さはもうコリゴリです(笑)痛いぐらいがちょうどいいというレベルは通り越しています(笑)

こんな姿をお見せした僕が言うのも何ですが、皆さんももし良ければ来年挑戦みてはいかがですか(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

「猫王」

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いよいよ、いよいよですconfident

フードバレーマラソンまで、あと12時間を切りましたsign03

大会前夜の今の心境は、ちょっと緊張していますheart02

練習量不足からくる不安は隠せませんが、ケガなく無事に走りきることができるのかがとても心配ですcoldsweats01

明日の今頃は、笑ってレースを振り返ることができていることを願っていますconfident

こんな緊張感は超久しぶりです(笑)

幼い頃から本番にはめっぽう弱いことで有名な僕なので、それを覆すことができるよう頑張ります(笑)

640

ちょうど、テレビで「陸王」というドラマが放送されていますよね。先日第1話を見て、とても面白くて見入ってしまいましたtvさすがは、池井戸作品ですgood

「足袋foot」の製造会社が幾多の困難を乗り越えながら、ランナーへの足への負担を少なくして、ケガをしない足袋型のランニングシューズ作りをするという趣旨のドラマですが、明日のマラソン大会を控えた僕には非常にリンクするものがありますpaper

ネットなどで調べると、実際に「足袋型のランニングシューズ」というものが実在するようです。今回は間に合いませんでしたが、いつか僕も履いてみたい気持ちはあります。

走る人にとって一番怖いのはケガですから、そのリスクを少しでも回避できるようなものであるならば、ぜひ試してはみたいです。

そんな僕が現在愛用しているシューズはこちらですshine

Picsart_1028100704

アシックスの「GELシリーズ」ですshoe

このシューズは10年ほど前に購入したものなので、型は古いかもしれませんが、すごく軽いですし、フィット感も良いし、僕的には非常に走りやすいシューズですwink

このシューズを履いて、過去に何度も駅伝大会でも走っていますし、この履きなれた「相棒」とともに明日のマラソンに挑みますrun

ドラマのシューズが「陸王」ならば、明日僕が履くシューズは「猫王」と名付けますscissors

猫にも負けない逃げ足で、明日は帯広の市街地を快走したいと思いますhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

自分にチャレンジ!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

更新がしばらくできずに、またご心配をおかけしました。

早いもので、が他界してからまもなく1ヶ月が経とうとしています。

本当に月日が経つのはあっという間です。

でも、この1ヶ月という月日は凄く貴重な時間であったと自分なりにはそう思っています。

今でも父の遺影を見ていると、どこからか声が聞こえてきそうな気もしますが、きっとどこかで僕たち家族のことを見守ってくれているはずですconfident

さて、そんな今日はとっても重大な発表がありますsign03

本来であれば、もう少し早めに発表するはずでしたが、実は今度の日曜日10月29日に僕猫男爵は、フードバレーとかちマラソンに出場しますscissors

しかもエントリーした種目は「ハーフマラソン」ですrun

Picsart_1025120029

先日、ナンバーカード引換証も自宅に届き、いよいよ緊張感が高まってきましたheart02

フードバレーマラソンといえば、ここ数年ですっかり帯広の晩秋の風物詩となっている大会で、年々出場者数も増加しているようですup

僕も昨年あたりから、複数の友人たちから声をかけられていたのですが、ようやく今年出場の決意を固め、8月に申し込みをしました。

肝心の練習はというと・・・

実は、ほんどんできていませんsad

限られた時間で走ってはいるのですが、なかなか思うような練習量はこなせていません。

大会まであと5日・・・

それでもできることは精一杯やり、本番に挑みたいです。

いきなりハーフマラソンを完走することは、ほぼ不可能だとは思いますが、諦めていては何も始まりません。とにかく自分にチャレンジすることが今回の目標ですgood

10月29日は、父が亡くなってちょうど1ヶ月、そして父と母の51回目の結婚記念日でもありますshine

これも何かの運命だと思います。きっとこの日、僕が走ることは運命で決まっていたことなのかもしれません。

スポーツには筋書きのないドラマがあります。そのドラマがあることを信じ、僕は一歩一歩、確実に前に足を進めたいと思います。

結果については、もちろんこのブログでご報告させていただきますので、どうぞお楽しみにhappy01

Img20070205_1_p

最後にこんな感動のラストシーンが待っていることを願っていますconfident

あんちゃんは、足が動かなくなっても、必ず最後まで諦めませんよ(笑)

43歳のおっさんは、ただただ、ゴールを目指して走りますgood

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

人間、80年。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

しばらく更新が滞ってしまい、大変申し訳ありませんでした。

実は、先月の29日に私のが他界し、しばらく色々なことでバタバタしており、今日の更新となってしまいました。

父は以前から体調を崩しており、ここ1~2年は体調が悪くなる頻度も多くなり、入退院を繰り返していました。

とりわけ、2年前に転倒した際に大腿骨を骨折してからは、歩くことが困難になり、自宅での介護生活が続いていました。

高齢者にとって、大腿骨骨折は致命傷です・・・

それ以降、体力も弱り、以前にもまして元気がなくなったことは事実でした。

それでも自宅でが献身的に介護を続け、週に2回はデイサービスへ通い、週に1回はリハビリ施設へ通うという日々を過ごしていました。

父はもともと40代の頃から糖尿病になり、それ以降は糖尿病による合併症に苦しみ、60歳の時には心筋梗塞により生命の狭間をさまよいました。

それでも強靭な生命力で、80歳という年齢まで人生を謳歌することができました。

趣味である北海道犬の関係で、若い頃から全国各地を飛び回り、多くの友人や知人に恵まれたことは父にとって大きな財産であったと思います。

わがままで自分勝手で家族のことを何度も困らせた父でですが、晩年は病気との闘いに要する時間がほとんどでした。

糖尿病の影響で、視力も悪く、耳も遠く、そして最後は歩くこともできなくなり、ベットの上に寝たきりで、楽しみといえば、まだ幼い2人の孫たちに会えること、そして携帯ラジオで歌を聴くことぐらいでした。

好き勝手な言動ばかりする父でしたが、もし自分が父と同じ状況だったら・・・と考えると、実際正直つらいです・・・

「こんなくそオヤジ、死んだって涙なんか出ない!」と思っていたこともありましたが、病院のベッドの上で衰弱し、呼吸も苦しそうになっているその姿を見ていると、何とも言えない気持ちになりました。

そんな父の人生の最期の瞬間を目の当たりにすると、出ないはずだった涙が延々と溢れ出しました。

最期に僕が父の手を握りしめると、父は強く握り返してくれました。きっと最後の力を振り絞って答えてくれたのだと思います。

思えば、父の手を握りしめたのはいつ以来だったか・・・

きっと幼い頃の僕は、その優しい手の温もりをいつも感じていたのでしょうね。

親子の絆、それはどんなことがあっても絶対に強く結ばれているんですね。最後に父にそれを教えてもらいました。

最期のあの手の温もりは生涯忘れることはありません。

父がこの世をさって2週間が過ぎました。

もう2週間か・・・

まだ2週間しかたってない、もっとたっているような・・・

色々な思いの中、毎日父の遺影に向かい、手を合わせています。

僕も1人の父親として、息子に、父として言葉では教えられないことを、これから幾つも教えていかなかればなりません。

僕がこの世を去る時、子供たちが何かを感じてくれることが、父として最後の務めだと思います。そんな人間になれるように頑張ります。

織田信長が最期の時に歌った敦盛の句、「人間、50年・・・」

しかし、現代人の寿命は今や平均80歳です。

人間、80年。

父の80年という生涯は、きっと幸せであったと、そう僕は信じています。

最後に、遅れましたが、このたび、父の葬儀に際しご会葬いただきました方々には本当に心から感謝申し上げます。この場を借りて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

チッキショー!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

またまた更新が遅れてしまって申し訳despair

9月に入って何だかとにかく忙しくて・・・

1週間おきに札幌への出張buildingがあったり、連休には結婚式で再び札幌へcar

わずか10日間の間に3回も札幌を往復しましたcoldsweats01

そんな忙しい合間の中で、地元の「秋祭り」があり、「日本舞踊」に挑戦しましたshine

実は昨年の「秋祭り」の際も踊るはずだったのですが、あの台風被害typhoonの影響で「秋祭り」が中止となってしまい、今年はその2年越しの夢が遂に実現しましたnote

今年もお祭りの1ヶ月前から稽古に励み、緊張とワクワク感の中で、いよいよ本番当日を迎えましたconfident

Picsart_0915101831

早朝から、まずはお化粧をして着物に着替え、準備は万端ですpaper

準備にはが付き添ったのですが、僕は送られてきて写メcameraを見て思わず爆笑してしまいました(笑)まさか、こんな白塗りをするとはsmile

この日は気温も低くdownそしてあいにくの雨rain・・・

コンデションとしては最悪でしたが、子供たちのやる気はバッチリでしたgood

Picsart_0915101942

トラックの荷台が子供たちのステージですshine

屋根付きなので、雨が降っても心配無用ですpaper

娘は練習の成果を思う存分発揮して、午前と午後、およそ4時間近くに渡るステージを見事に踊りきりきましたconfident

今回は娘の他に3人の女の子が参加して一緒に踊りを披露しましたが、みんな寒い中、弱音もはかず、最後まで踊り続ける姿は本当に素晴らしかったですgood

あいにくの天候のため、街中の観衆は若干少なめでしたが、それでも多くの観衆から温かい拍手と声援をいただき、娘たちは本当に嬉しかったと思いますconfident

1505310896058

今回の踊りを見て、僕も妻も、また1つ娘の成長を強く感じましたconfident

こうやって少しずつ、大人の階段を昇っていくんですね。

Picsart_0915102125

でも、基本的には、ひょうきんな娘、このまま面白く、そしてみんなを笑顔にしてくれる楽しい子になって欲しいと願っていますhappy01

あれ?この顔、どこかで見たことが・・・そっか!まさに、この顔はsign03

53_2

「チッキショー!」ですね(笑)

Picsart_0915102225

踊りが終わると、疲れきって眠ってしまったsleepy娘の寝顔が、世界一愛しく感じた猫男爵でしたconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

昔取った杵柄。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

しばらくぶりの更新ですpc遅くなって申し訳bearing

9月に入り、何かとバタバタしてましたsweat01

我が家の王子も「手足口病」から復活し、元気に過ごしていますhappy01

さて、先日の日曜日、地元でソフトボール大会があり参加してきましたbaseball

このソフトボール大会は、僕が子供の頃から行われている歴史ある大会で、町内会対抗で年に一度開かれる大会です。

僕が子供の頃は30チームぐらいの町内会が参加し、盛大に開催されていました。

しかし近年は各町内会も高齢化となり、参加チームが激減し、今年は8チームの参加でした。

町内会単位での出場が難しくなってきたので、友人や職場などでチームを結成して出場することも近年は認められているようです。

たぶん、僕が最後に参加したのが高校生の時だったと思うので、僕自身は実に25年ぶりの出場でしたpaper

今回は友人に誘われ、有志で作ったチームでの出場となりました。

1504447549977

台風typhoonの接近で天候も心配されていましたが、台風がそれたおかげで、この日は真夏並みの猛暑となりましたsun

僕は中学・高校は野球をしていましたし、20代前半から15年近く朝野球をプレーしていましたし、大学時代はソフトボールのサークルにも入っていました。

なので、野球、ソフトボールというのは得意分野ですgood

昔取った杵柄ではないですが、久しぶりとはいえ、プレーには多少なりとも自信はありましたwink

しかし、朝野球引退から5年、ソフトボールは最後にしたのが、確か朝野球のチームで大会に出た8年ぐらい前が最後だと思います。

いくら、昔取った杵柄とはいえ、そのブランクに若干の不安もあったのが事実です。あとは、43歳という年齢に加え、最近はほぼ運動という運動はしていないので、ケガをしないかという不安もありましたcoldsweats01

1504541389087

試合では3番レフトでの出場となりましたbaseball

1504447538501

基本、僕は内野手を務めることが多かったので、不慣れな外野手にも不安もありましたが、何とか無難に守備はこなすことができましたgood

1504541457786

がしかし、打つ方が、からっきしでした・・・

ヒットは何本か打ちましたが、狙ったホームランは出ませんでした。来年まで鍛え直します。

試合はトーナメント方式で行われましたが、我がチームは順調に勝ち上がり、前回の優勝チームまでも破り、何と決勝戦へ進出sign03

そして決勝でも前回準優勝チームを破り、見事に優勝してしまいましたcrown

チームのみんな目標は「優勝」と言ってはいましたが、まさかそれが現実になるとは思いませんでした。

優勝後の打ち上げでは、家族もみんな参加し、僕は美味しいビールbeerを飲んで楽しい一日を過ごすことができました。

試合では、息子にかっこいいところを見せたかったのですが、自分が思い描いたようなプレーを見せれなかったので、それは来年までの課題です。

というか、娘は他の小さなお友達と走り回って遊んでいましたし、息子はママに抱っこされたまま眠っていたので、2人ともほとんど見てなかったんですけどね(笑)

は僕に対する声援が素敵だったのが、チームの監督から「あの応援が素敵だった」と監督賞をいただいておりましたhappy01

その後、妻の声援を真似て、みんな僕がバッターボックスに立つと、男女問わず黄色い声援がベンチから飛び交ってきて、打つ方になかなか集中できませんでした(笑)これは言い訳だね(笑)

いずれにしても、やっぱりソフトボールは楽しいhappy02

また、試合をする日が楽しみですhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

ダブルソーダーまでもが・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

最近、コンビニやスーパーなどで「ポテトチップス」をよく見かけるようになりました。

以前もこのブログで取り上げたように、ポテチの原材料でもある「じゃが芋」の不足により、一部の「ポテチ」の商品が販売休止になりましたが、見事に復活を見せてくれましたhappy01

販売が終了した商品も一部ありますが、幼い頃から「ポテチ」に慣れ親しんだ僕にとっては、「ポテチ」が姿を消さずに残ってくれることは非常に嬉しい限りですwink

その「ポテチ」の話題の直後に、今度は明治のロングセラー商品「カール」が、東日本(中部地方以東)で販売終了するという、これまたショッキングなニュースも耳にしましたsad

Capt02241

8月分の生産分をもっての販売中止ですから、まさに今月の生産をもって、東日本では「カール」が店頭から消えるということになります。

もちろん、西日本に行けば買うことはできるわけですが、食べたい時にすぐに近所のコンビニに買いに行こうということができなくなるということですcoldsweats02

5月にこのことが発表されると、店頭からカールが一斉に消えて、しばらくお目にかかることがありませんでしたが、先日久しぶりに店頭で「カール」見かけて、思わず購入して食べちゃいましたhappy01

何年経っても変わらない味は、やっぱり美味しかったですnote

もうすぐ、買うことができなくなるのが悲しいです・・・

そしてもう1つ、昔から慣れ親しんだ食べ物が消えてしまいます。それは・・・

52ee44eb

「ダブルソーダー」ですshine

僕が子供の頃からあるこのアイスは、1つのアイスに棒が2つついているので、真ん中で2つに割ると2本になり、お得感があるアイスで、しかも値段が安いのも魅力で、子供の頃から大好きでしたscissors

しかし、この「ダブルソーダー」までもが、販売を終了してしまいました・・・

販売終了の理由は、販売量の減少だそうですdown

確かに最近、そんなに口にする機会は僕自身も減ってはいました。

どうしても他のアイスに目が行き、「ダブルソーダー」に手を出すことは減っていたかもしれませんdespair

でも、忘れた頃に無性に食べたくなるのが「ダブルソーダー」だったので、今となってはもっと食べておけばよかったな・・・と後悔ばかりが残りますdespair

今年になって、幼い頃から慣れ親しんできたヒット商品たちが姿を消し、何だかとても寂しい気持ちに包まれていますが、どれだけのヒット商品でも「時代の流れ」には勝てない、そんな時代になってきたのかもしれませんね。

僕が子供の頃に、お菓子やアイスの思い出を作ったように、息子にも、きっとそんな思い出のお菓子やアイスがこれからできるんでしょうね。

そんなことを思いながら、今日は眠りに就くことにしますconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヘルパンギーナ、か、ら、の!